白井喬二の「祖国は何処へ」[5]島嶼篇

jpeg000-14白井喬二の「祖国は何処へ」第五巻、島嶼篇読了。
臺次郎と幡乃助は伊豆諸島の利島へやってきています。臺次郎はそこで島将軍と呼ばれる真田搢達を探して会おうとします。そうこうしている内に、南條芳之にばったり出くわします。実はお才と金乃美も利島に住んでいました。金乃美は芳之との婚礼を直前で取りやめ、今も独身です。芳之は臺次郎と金乃美を会わせないようにするため、臺次郎を新島に連れて行きます。そこで真田搢達に会わせると約束しながら、芳之はそれをなかなか実行しません。臺次郎は真田搢達が地内島に住んでいることを知り、単身船を駆ってその島に渡ります。芳之はそれを知り、ついに臺次郎を真田搢達に引き合わせます。臺次郎はその後、搢達の部下の一人の児玉より、安藤昌益の自然真営道について農本主義的な原始共産制の教えを受けます。そうこうしている内に、利島に大久保忠七郎の弟の友輝がやってきます。臺次郎はその顔を確かめるため利島に呼び返されます。そこでお才と金乃美とようやく再会できましたが、金乃美の真の気持ちまでは聞くことができず、二人はすれ違います。島将軍の一派は友輝を斬り殺そうとしますが、丁度その時江戸から船がやってきて、その者達と島将軍一派の戦いとなります。

民人篇 革新篇 尖端篇 心影篇 島嶼篇 海奴篇 異邦篇 結晶篇 寸終篇 総評

白井喬二の「祖国は何処へ」[5]島嶼篇” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です