白井喬二の「祖国は何処へ」[6]海奴篇

jpeg000-16白井喬二の「祖国は何処へ」第六巻、海奴篇読了。
伊豆の利島での幕府側と島将軍一派の戦いのどさくさで、金乃美は乗るべき船を間違え、幕府側の南橘丸に乗り込んで囚われの身となります。一方で臺次郎と幡乃助、そして児玉の三人は帆船で島を抜け出します。南橘丸は紀州沖を航行している時に海賊船に襲われますが、南橘丸は備え付けられた鯨砲という大砲で、海賊船を一撃で撃破してしまいます。臺次郎達の船は、その海賊船が沈む所に丁度巡り合わせ、一人の海賊を救います。しかしながら、水を補給に岩礁に立ち寄った際に、その海賊に船を奪われてしまいます。臺次郎達は丁度同じ時にその岩礁に来ていた南橘丸に乗せてもらい、逃げる海賊を追いますが、南橘丸は臺次郎達の船を今度も鯨砲で撃って沈めてしまいます。臺次郎達は仕方なく、南橘丸に乗って同行することになります。南橘丸は、水野忠七郎の弟の友輝が指揮していましたが、海洋調査船の建前の裏で、人買いもやっていて、あの不良少女のお吉も捕まって南橘丸に乗っていました。九州で、新たに男の奴隷を積み込もうとした時、ちょっとした争いが起こり、そのどさくさで臺次郎は忠七郎から友輝に宛てた密書を入手し、南橘丸が中国に行こうとしていることを知ります。色々あって、南橘丸は水野忠七郎が乗った大嬰丸と合流します。この時、大嬰丸に乗っていた、忠七郎の妾のお辰が幡乃助の姿を見かけて、忠七郎にそのことを告げます。今は身分がばれてしまった臺次郎は金乃美と合流し、南橘丸の鯨砲の火薬に火をつける用意をして、忠七郎と対等の談判を行います。

民人篇 革新篇 尖端篇 心影篇 島嶼篇 海奴篇 異邦篇 結晶篇 寸終篇 総評

白井喬二の「祖国は何処へ」[6]海奴篇” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です