白井喬二の「祖国は何処へ」[7]異邦篇

jpeg000-18白井喬二の「祖国は何処へ」第七巻、異邦篇読了。
南橘丸で火薬庫の爆破を脅しに使って水野忠七郎と正面対決した臺次郎は、対決の姿勢を取ったまま清国に着き、今は双方が日本人村に暮らしています。一方不良少女のお吉は、以前阿佐太夫に無理矢理犯され、今はその子を孕んでおり、日本人村を出て、料理屋をやっている中国人の元に身を寄せています。一方水野忠七郎の弟の友輝は発狂してしまっており、忠七郎は友輝の名を騙って日本人村の治外法権を獲得します。忠七郎は、ある日、鶉(うずら)の闘鶏に手を染め、中国側の鶉と自分の鶉を戦わせ、卑怯な手段を使って勝ちます。その賭けで忠七郎はお吉が世話になっている中国人の料理屋を自分のものにします。忠七郎の様々な陰謀を察知した臺次郎は、忠七郎に対し、一世一代の勝負を申し込みます。負けた方は日本人村を出て行くことが条件です。勝負は忠七郎が卑怯な真似が出来ないように、千拳勝負(じゃんけん1000回)で決着を付けることになりました。千拳勝負は臺次郎のほぼ勝ちに決まりかけましたが、そこで忠七郎が苦し紛れに果たし合いを申し込み、二人は斬り合いになります。斬り合いは臺次郎が勝って、忠七郎の膝を斬りました。臺次郎はとどめを刺さずに去りましたが、忠七郎はその後で馬賊に襲われ、深手を負います。そのことを臺次郎のせいと思い込んだ忠七郎の部下が臺次郎を襲いにやってきますが、そこに再度馬賊が襲来し、双方ともそれを防ぐのに懸命になります。何とか撃退することができましたが、双方に何人か犠牲者が出ました。

民人篇 革新篇 尖端篇 心影篇 島嶼篇 海奴篇 異邦篇 結晶篇 寸終篇 総評

白井喬二の「祖国は何処へ」[7]異邦篇” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です