白井喬二の「男一匹」

jpeg000-71白井喬二の「男一匹」を読了。タイトルが変更になっていますが、初出は、時事新報に1934年9月から1935年5月まで連載された「斑鳩平太」だと思います。(主人公の名前が「斑鳩平太」。)タイトルが「男一匹」に変わっているのは、1955年にこの名前で映画化されているからだと思います。映画のストーリーは、
http://eiga.com/movie/71825/
で見ることができますが、白井の原作から離れてすっかり「遠山の金さん」になってしまっています…
お話は、若狭の国から出てきて、江戸前で旗本の仲間(ちゅうげん)として働くことになった斑鳩平太ですが、平太が到着した日に、ご主人はその平太のことが理由で、美津濃筑前守からお役御免を言い渡されてしまいます。実は美津濃筑前守は、平太の主人の隣家の石屋の田中京斎と組んで色々悪いことをやっていますが、ふとした偶然で、平太にその悪事を示す手紙を見られてしまいます。平太は一刀流を教えてもらった師匠の館脇先生と組んで、美津濃筑前守とその子分の能藤というやくざ者と対決していきます。ちょっと面白いのは平太はあくまで仲間(ちゅうげん)なんで、外出するのに昼寝をするという断り書きを部屋に貼ったり、敵討ちを手伝うのに、後でまとめて仕事をするという条件で7日の休みをもらったりと、ちょっとサラリーマン的なことです。後は、後の「国を愛すされど女も」に近いような勧善懲悪のお話です。

白井喬二の「男一匹」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です