白井喬二の「華鬘(げまん)の香爐」(贋花)

白井喬二の「華鬘(げまん)の香爐」を読了。読切小説倶楽部昭和26年4月号に載っているもので、ヤフオクで見つけて、白井喬二のまだ読んでいない作品だと思って落札したのですが…半分くらい読んだ所で、「うん?」とこの話既に読んでいるという思いが。慌てて、白井喬二のこれまで読んだ本をひっくり返してみたら、昭和16年に出た短篇集「洪水図絵」に入っている「贋花」が改題されただけでした…
物語は、ある庄屋が飢饉の救済の金に充てようと、家宝である「華鬘の香炉」を300両で売ろうとするが、大金だけに、鑑定書を買おうとした殿様から要求されます。庄屋は50両の手数料で、人を介して近くの高僧に鑑定書を頼むのですが、ところが…という話です。白井喬二の戦争の頃の作品は、短篇集「侍匣」の多くの話が戦後の短篇集「ほととぎす」で再利用されていますが、今回のケースもそれみたいです。

白井喬二の「華鬘(げまん)の香爐」(贋花)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です