中里介山の「大菩薩峠」第12巻

中里介山の「大菩薩峠」の第12巻を読了。この巻辺りになると、本当にどうでもいいような話がダラダラと続きます。妊娠疑惑のお雪ちゃんは、その妊娠がどうなったのかさっぱり明かされないままで、何故か白骨温泉を去って龍之助と二人で白川郷へ行こうと思い込み、実行に移します。そのお雪は高山までの旅の途中で、白骨で死んだ筈の淫蕩な後家さんが戸板に乗せられて運ばれるのを目撃します。水死して死体が発見されていなかったのが今見つかって、故郷の地に戻される所だったのですが、その後家さんが実家に戻されて葬儀を行おうとしたら、集まった人が毒キノコにあたって狂乱状態になり火事になります。この辺り物語の進行に必要なお話とはとても思えない、不可思議な展開です。一方ではまたも順列組み合わせの総当たり的なストーリー展開が出て、宇治山田の米友とお銀様が何故か旅先で知り合って一緒に名所見物をすることになります。また道庵先生は、名古屋で大モテで江戸から来た偉い先生とチヤホヤされますが、調子に乗って講演会?で尾張の人間の批判をやらかして、あわや袋叩きに遭いそうになります。また米友は旅の途中でたまたま関わった熊の子を買い取ろうとします。ここまでどうでもいいような話が続くとある意味シュールです。後8巻ですが、なかなか大変そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です