白井喬二の「桃太郎病」

白井喬二の「桃太郎病」を読了。平凡社の白井喬二全集の第6巻に収録されていた短篇の内、ただ一つだけ未読だったものです。お話は白井喬二が桃太郎の実在説を色々調べていた所に、京都の古本屋で手に入れたあるお寺の文献で、どうも実在の桃太郎と名乗って、島征伐の話や動物を家来にしていたという人がいたのを突き止める話です。それ以外にも、白井喬二の頃、桃太郎が歴史上実在した人であることを唱える人が3人はいたとのことです。

白井喬二の「桃太郎病」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です