アダム・フィッシャーのハイドン交響曲全集

クレジットカードのポイントでAmazonのギフト券4000円分を入手。これを使って(多少追加して)、アダム・フィッシャー指揮のオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団のハイドン交響曲全集を入手。33枚組です。
ハイドンの交響曲全集(全部で104曲)を最初に録音した人は、ドラティですが、今は5種類の全集が出ています。

1.交響曲全集 ドラティ&フィルハーモニア・フンガリカ(1996年7月)
2.交響曲全集 アダム・フィッシャー&オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団(2002年3月)
3.交響曲全集 ガロワ、マロン、ドラホシュ、ワーズワース、ミュラー=ブリュール指揮、他(2009年2月)
4.交響曲全集 ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管(2012年10月)
5.交響曲全集 ホグウッド&エンシェント室内管、ブリュッヘン&18世紀オーケストラ、ダントーネ&アカデミア・ビザンティーナ、他(2016年5月)

このうち、3と5は複数の指揮者によるものを混ぜたものです。一人の指揮者だけの全集は1と2と4ですが、1と4は既に持っていたので、今回この3つの全集がすべて揃いました。といっても1と4もこれまでそれぞれ2回ぐらいしか通して聴いていないんですが。

2 thoughts on “アダム・フィッシャーのハイドン交響曲全集

  1. 中学生の時に 同級生がハイドン交響曲全集(LP)を買ったとのことで、少し聴かせて貰ったことがあります。録音はそれ以前だと思うのですが、、、確か発売が1975年頃だったと思います。いまや誰の指揮か全然憶えていません。

    • その時期だったら、ドラティのものしか出ていないです。
      私がドラティのCDに1996年7月と書いたのはCDの発売年で、実際の録音は1969~72年で、LPは70年代に発売されている筈です。
      当時数万円するかなり高価なものだったと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *