ヒヨドリ

hiyodori01
いまや都市鳥の代表とも言えるのが、このヒヨドリです。体がスズメやシジュウカラなんかに比べると大きいですし、また鳴き声が「ビーヨ、ビーヨ」とうるさいので、嫌われ者です。エサ台では、他の鳥を追い払って自分だけが居座ろうとしますが、でも番で来るムクドリには勝てないようです。
元々は、山や森の中に棲んでいた鳥で、里に下りてくるのはまれだったそうです。
この写真は生田緑地で、2007年2月4日に撮ったもので、本来の生息地での姿です。寒さのため、羽を膨らませていて、ゴムまりみたいに見えます。

良く顔を見ると、頬は頬紅引いたみたいに紅いですし、頭はぼさぼさで、なかなか可愛いと私は思います。何より、目がキラキラしていて、遠くを見つめているようなまっすぐな感じが好きです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *