NHK杯戦囲碁 羽根直樹9段 対 伊田篤史8段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が羽根直樹9段、白番が伊田篤史8段の対戦です。この両者は伊田8段が初出場した時にもぶつかり、その時は伊田8段のハードパンチが炸裂し、羽根9段が粉砕された感じでした。なので今回の興味は羽根9段が雪辱を果たせるかです。そういう意味で羽根9段の作戦としては、伊田8段の得意なねじり合いではなく、息の長い勝負を志向するのかと思っていましたが、予想は外れ、左上隅で白が挟まれた後かけたのを黒は出切っていき、白は隅を押さえ込むという最強の手で応じ、ものすごいねじり合いが始まりました。その結果、左辺で非常に大きな劫になり、白が劫立てで3子当たりにしたのに受けずに黒は劫を解消しました。この結果は左辺の白が活きている分、中央で3子抜いた白の厚みが勝り、白の優勢でした。しかしその後黒が上辺で白のはねていた所を切り、白が下から当てて1子を捨てたのはいいとして、その後上辺ですべったのが薄く、すかさず黒にうまいツケを打たれてしびれました。この結果は黒から白の2子を取って隅とつながる手ができ、結局白は2手打ってその手を無くしましたが、黒に余裕が出来て、その間に左下隅に手を回すことができ、形勢は黒がやや持ち直しました。その後黒は白の右下隅の三々に肩付きして右辺に展開し、白はこれを攻めようとしましたが、黒は上手くしのぎました。しかし白は下辺に打ち込み黒3子を取って下辺を大きくし、黒としては右辺上部の模様を大きくまとめないと勝てなくなりました。白は右辺からの侵入と右上隅への工作を天秤にかけ、どちらかで黒模様を侵食しようとしましたが、ここで白の打ち方に誤算があり、黒模様の中に打った石がすべて持ち込みになり、40数目の黒地が確定してしまいました。これは完全に黒の逆転で、その後白がヨセで頑張って差を縮めましたが届かず、結局黒の中押し勝ちで羽根9段は雪辱を果たしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *