アオサギ

aosagi01aosagi02aosagi03
サギの仲間のアオサギです。「アオ」とつきますが、実際は灰色と黒です。昔の日本語では「アオ」は黒っぽい色を表していたということでしょう。現在で言う「アオ」は「ルリ」で、ルリビタキなどの鳥の名前に残っています。アオサギはカルガモと並んで、今ではどこにでもいる鳥になりましたが、1950~1960年代には、アオサギの写真を撮ろうと思ったら、北海道の釧路湿原にあるアオサギのコロニーに行くしかなかったということです。そのコロニーから少しずつ日本中に拡がっていったみたいです。

キアシシギ

kiashishigi03三浦半島の江奈湾で撮影したキアシシギです。ご覧になるように、ハゼらしき魚をくわえています。キアシシギがゴカイ類だけではなく魚も食べるという証拠写真です。

ダイゼン

daizen02daizen04daizen04-2daizen07
チドリの仲間のダイゼンです。和名は、宮中での食事を司る大膳職にて、特に美味な食材とされた所からついたそうです。日本には春と夏の2回、渡りでやってきますが、夏羽になると顔、胸部、腹部まで真っ黒になります。ムナグロと良く似ていますが、干潟にいるのは大抵の場合ダイゼンです。ムナグロに比べると頭の模様が薄いのと、脇腹が黒くなっているのがダイゼンの特徴です。ゴカイ類や昆虫を食べます。写真はいずれも谷津干潟にて撮影したものです。

セグロセキレイ

seguro-sekirei-0708121segurosekirei04
ハクセキレイ、キセキレイと並んでセキレイの仲間のセグロセキレイです。ハクセキレイ、キセキレイと激しい縄張り争いをするみたいですが、ハクセキレイに比べると見かける頻度は落ちます。基本的に水辺にいます。