柳家小さんの「粗忽長屋、湯屋番、狸賽」

本日の落語、五代目柳家小さんの「粗忽長屋、湯屋番、狸賽」。「粗忽長屋」は以前志ん生で聴きました。自分で自分の死体を引き取るという落語らしいシュールなお噺。
「湯屋番」は、勘当されて出入りの職人の所に居候していた若旦那が、迷惑がられて湯屋に働きに行くことになる。最初は木屑拾いとか煙突掃除とか言われたのを全部勝手に断って、番台がいいと言い張り、結局首尾良く番台に。でも勝手は違って女湯は空で男湯ばかりに数人という状況で、妄想ばかりが膨らんで、というお噺。
「狸賽」はそのタイトル通り、子供たちにいじめられていた狸を助けてやったら、その狸が恩返しをするというので、博打のサイコロに化けさせて、一儲けたくらんだ男の噺。
落語も今年の5月から聴いてきましたが、このCDで丁度100枚目、全部で190話で、これで落語は打ち止めにしておきます。

柳家権太楼の「壺算、代書屋」

本日の落語、三代目柳家権太楼の「壺算、代書屋」。
「壺算」は瓶を買いに行った男が、言葉巧みに、一荷の瓶を値切って買い、それを間違いだと言って一度戻し、今度は二荷の瓶を買おうとするけど、一荷の瓶を戻すからと言って、結局一荷の瓶の値段で二荷の瓶を騙して買う噺です。
「代書屋」は古典ではなく新作落語。四代目桂米団治が、昔司法書士の資格をもって代書屋をやっていた経験を活かして作った噺で、代書屋の所に、履歴書を作ってもらいに来た男の頓珍漢なやりとりがおかしい噺です。

桂文治の「お血脈」

jpeg000-87今日の落語、桂文治の「お血脈」。ここのところ三遊亭圓生の珍しい噺ばかり聴いていて、ちょっと落語らしくない噺が多かったのですが、久し振りに落語らしい落語を聴いたように思います。十代目桂文治は初めて聴きますが、悪くないですね。お噺は、長野の善光寺の「お血脈」という縁起物の噺で、これがあるために御利益で極楽に行く人ばかりが増え、地獄が暇になってしかたがないため、閻魔大王が、地獄に数多くいる盗人の中から、石川五右衛門を選び出して、このお血脈を盗みに行かせます。石川五右衛門は首尾良くお血脈を盗み出したのですが、それで地獄へ戻る筈が、御利益で極楽へ行ってしまった、というオチです。

三遊亭圓生の「無精床、弥次郎」

jpeg000-83本日の落語、三遊亭圓生の「無精床、弥次郎」。
「無精床」はタイトル通り、無精な親方のいる床屋の噺です。顔に載せる手ぬぐいは熱すぎるし、頭を濡らす水の桶にはボウフラがわいている、挙げ句の果ては客の顔を切ってしまうけど、「なあに、縫うほどじゃない」というひどいオチ。
「弥次郎」は嘘ばかりついている男の噺で、奥州に武者修行に行った時に恐山を夜中に越えようとしたら山賊に襲われ、三間(=5.5m)四方の石を小脇に抱えては岩をちぎっては投げ、と無茶苦茶。続いて大イノシシに襲われたが、イノシシのキ○タマをつかんで悶絶させると、腹の中から子イノシシが16匹出てきて、四四十六だという。おい、そりゃ雄のイノシシだろう、と突っ込むと「そこが畜生の浅ましさ」でごまかしてしまいます。

三遊亭圓生の「金明竹、位牌屋」

jpeg000-80本日の落語、三遊亭圓生の「金明竹、位牌屋」です。
「金明竹」は前半は典型的な与太郎噺です。与太郎が傘を借りに来た人に一番上等な傘を貸してしかも返さなくてもよい、と言ってしまい、旦那に怒られ、そういう時の断り方を教わります。次に、猫を借りに来た人がいて、与太郎は「この間の長しけでバランバランになっちゃって…」と傘の断り方をそのまま言ってしまいます。旦那はまた怒って猫についての断り方を教えます。次に旦那自身を呼び出しに来た人が来て、与太郎は「この間から盛りがついて…」と猫の断り方を旦那について言ってしまいます。後半からは上方から使いでやってきた男の口上が早口でしかも上方訛りなのでさっぱりわからず、何度も聴いたけど結局旦那にとんでもない勘違いの報告をします。
「位牌屋」はケチなある商家の旦那の噺。その旦那にめでたくも子供が生まれたけれど、旦那は色々お金がかかると渋い顔。番頭さんはおめでただから、味御汁に何か具くらい入るだろうと期待しているけど、丁度八百屋が摘まみ菜を売りに来ます。旦那は無茶苦茶な値切り方をしたので八百屋は怒って帰りますが、むしろに残った摘まみ菜を集めて味噌こし一杯くらいになったので、それを味噌汁の具にしてしまいます。次に芋屋が芋を売りに来るけど、これも買わないばかりか煙草をたかって、同じ質問を何度も繰り返して芋屋を煙に巻いてしまいます。次に小僧が位牌屋に頼んでいた位牌を取りに行くけど、そこで小僧が旦那の口上の真似をして頓珍漢なやりとりをする、という噺です。