DCD-SX1のUSB-DAC故障

jpeg000 5
SACDプレーヤーのDENONのDCD-SX1の、USB-DAC機能が動かなくなりました。PCに接続してもUSB-DACとして認識しません。実はこのプレーヤー、この1月にも電源が入らなくなる不具合があり、2週間かけて修理してもらったばかりです。また修理に出すのは大変(重い:25Kg)なのと、この修理期間用の予備として買ってあるDA-300USBがあるので、USB-DACはDA-300USBを使うことにします。ただ、このDA-300USBは、電源がACアダプターで、それも小型のスイッチング電源タイプで、ノイズをまき散らしていますので、この電源部だけ、写真の上にあるエーワイ電子の汎用アナログ電源DC15V2Aに差し替えています。

エーリヒ・クライバー

jpeg000 4
クラシック音楽を聴く楽しみというのは、天才達が残した芸を味わうことなんじゃないかと思います。指揮者でいえば、数ある天才指揮者の中でも、私が好きなのはエーリヒ・クライバー。一般的にはカルロス・クライバーの親父さんとして知られています。息子もご承知の通り天才ですが、親父さんもそれに負けないくらいの天才だったと思います。それは、誰他ならないカルロス・クライバーが一番よく知っていたように思います。カルロスのレパートリーはかなりの部分、親父さんのレパートリーにかぶっています。エーリヒの偉大なところは、オーケストラを自由自在に操る能力、そしてオーケストラを歌わせる能力だと思います。エーリヒは録音嫌いだったようで、残された録音は多くありません。そんな中で、私が一枚挙げるなら、ケルン放送交響楽団とのシューベルトの「ザ・グレート」です。

ツグミ

tsugumi09

2008年1月に多摩川河川敷で撮影。ツグミが土の中からエサとなる幼虫をひっぱり出してくわえたところが撮れました。こういうの、狙って撮れることはなかなかなく単なる偶然ですが、嬉しいですね。