古今亭志ん朝の「高田馬場、甲府い」

shincho-takatanobaba今日の落語、志ん朝の「高田馬場、甲府い」。
「高田馬場」は、蝦蟇の油売りに身をやつして仇を探している姉と弟が浅草の観音様の参道でついに仇を見つける。仇の老人は主人の御用を果たしたいので、果たし合いは明日にしてくれと言う。それで、次の日に高田馬場で行うことになったが…というお噺。志ん朝が「蝦蟇の油売り」の口上を述べるのですが、これが見事です。
「甲府い」は、甲府から江戸へ出てきて掏摸に有り金をすべて擦られた若者が、豆腐屋の店先でおからを盗んで食べて、店のものになぐられているところに主人が出てきて、訳を聞いて、その若者を雇って…というお噺です。悪い人が一人も出てこないお噺です。

小林信彦の「怪物がめざめる夜」

jpeg000 94小林信彦の「怪物がめざめる夜」を再読了。1993年の書き下ろし作品です。小林信彦の第二期を飾る傑作と思います。Wikipediaの小林信彦の項に、「特に1993年の『怪物がめざめる夜』は、主人公である悪役の設定が凡庸であるとの批判があった。」とありますが、この批判は的外れもいいところで、このような誰が言ったかもわからないような批判をそのまま載せるのはどうかと思います。
作品の中で、複数のコラムニストによって一人の守備範囲が異常に広い架空のコラムニストをでっちあげるのは、小林信彦自身が、ヒッチコックマガジンの編集長だった時に既に考えていたことだそうです。しかしながら、当時は原稿が手書きだったため、筆跡でばれてしまうので実行に至らなかったということです。
この作品ではそのでっちあげられた架空のコラムニストが有名になり、実際の人間をその架空のコラムニストに充てざるを得なくなり、あるコメディアンを使うのですが、そのコメディアンがとんでもない怪物に育っていく過程が描かれた、一種のホラー小説になっています。そのコメディアンは毒舌という意味では初期のビートたけし、カリスマ性という意味では尾崎豊を思い起こさせます。
このコメディアンが怪物に育っていくのは、深夜ラジオというメディアを通じてですが、そのコメディアンがファンを扇動して、ファンが暴挙に及ぶ様は、現在ではインターネット上での炎上につながっています。そういう意味では、かなり時代を先取りした作品だと思います。

古今亭志ん朝の「火事息子、厩火事」

jpeg000 100今日の落語は志ん朝の「火事息子、厩火事」でどちらも江戸の華、火事にまつわる噺です。
「火事息子」は、勘当されて家を飛び出て定火消になっていた若旦那が、実家の火事に駆けつけて両親と再開を果たす噺です。息子は勘当されていても、駆けつけずにはいられない、両親の方は勘当したといっても、駆けつけてくれた息子のことが嬉しい、という人情の機微を描いた噺を志ん朝はうまく聴かせます。
「厩火事」はいわゆる髪結いの亭主で、働かずに酒ばかり吞んでいる亭主の、愛情を試そうとする噺です。一見女房を愛しているかに見えた亭主のちゃっかりぶりが笑える噺です。

日立コールファミリエのコンサート

jpeg000 117
jpeg000 116
今日は、日立グループのOB・OGがメンバーであるアマチュアの合唱団である、日立コールファミリエのコンサートに行ってきました。元上司を含め、知り合いが3名参加しており、元上司から毎年チケットをいただいておりますので、1年に1回出かけてきます。場所は錦糸町のすみだトリュフォニーホールです。曲目はケルビーニのレクイエムハ短調他です。メンバーがリタイアした方ばかりで、毎年平均年齢が上がっているようで、はらはらしながら毎年聴いています。

古今亭志ん朝の「おかめ団子、茶金」

jpeg000 104落語、今度は志ん朝の「おかめ団子、茶金」です。
「おかめ団子」は親孝行をテーマにしたもので、親孝行な大根売りが老いた母親に柔らかい布団を買ってやりたくて、おかめ団子の店に盗みに入って、そこで店の看板娘が首を吊ろうとしているところに出くわし、それを引き留めて…という噺です。ちょっと噺に無理があるような気もしますが、志ん朝に演じられると素直に聴ける人情噺になります。
「茶金」は上方落語で、茶屋金兵衛は目利きで有名で、金兵衛が品物を見て、一度首をかしげると百両の値打ちがあると言われていました。ある時金兵衛が京都の茶屋で茶を飲んでいて、その時使われた何の変哲もなさそうな古びた茶碗に六度も首をかしげたので、それを見ていた油屋が一儲けしようとたくらむ噺です。金兵衛が首をかしげた理由が面白いです。サゲも面白いです。