古今亭志ん生の「茶金、風呂敷、疝気の虫」

jpeg000-17本日の落語、古今亭志ん生の「茶金、風呂敷、疝気の虫」。
「茶金」が昭和33年で病前、後の2つが病後です。
「茶金」に関してはマクラが長く、志ん生の師匠(志ん生の自称)である4代目橘家圓喬のことが出てきます。
「風呂敷」は前に志ん朝のでも聴きましたが、何回聴いても噺の筋がよくわからない噺です。
「疝気の虫」は、「疝気」というのは下腹部の痛みのこと。ある時医者が知らない虫を捕まえて、問いただすと「疝気の虫」だということ。蕎麦が大好物で蕎麦が入ってくると元気になるが、唐辛子が大の苦手で、あれが来ると別荘(睾丸)に逃げ出す、とのこと。これは夢でしたが、医者はいいことを聞いたと思って、早速疝気の患者に試してみる。女将さんの方に蕎麦を食べさせたので、疝気の虫は患者から女将さんに移って、女将さんが腹痛。そこで女将さんに唐辛子の汁を飲ませて、疝気の虫は「別荘」に避難しようとしたけど…

白井喬二の「祖国は何処へ」[7]異邦篇

jpeg000-18白井喬二の「祖国は何処へ」第七巻、異邦篇読了。
南橘丸で火薬庫の爆破を脅しに使って水野忠七郎と正面対決した臺次郎は、対決の姿勢を取ったまま清国に着き、今は双方が日本人村に暮らしています。一方不良少女のお吉は、以前阿佐太夫に無理矢理犯され、今はその子を孕んでおり、日本人村を出て、料理屋をやっている中国人の元に身を寄せています。一方水野忠七郎の弟の友輝は発狂してしまっており、忠七郎は友輝の名を騙って日本人村の治外法権を獲得します。忠七郎は、ある日、鶉(うずら)の闘鶏に手を染め、中国側の鶉と自分の鶉を戦わせ、卑怯な手段を使って勝ちます。その賭けで忠七郎はお吉が世話になっている中国人の料理屋を自分のものにします。忠七郎の様々な陰謀を察知した臺次郎は、忠七郎に対し、一世一代の勝負を申し込みます。負けた方は日本人村を出て行くことが条件です。勝負は忠七郎が卑怯な真似が出来ないように、千拳勝負(じゃんけん1000回)で決着を付けることになりました。千拳勝負は臺次郎のほぼ勝ちに決まりかけましたが、そこで忠七郎が苦し紛れに果たし合いを申し込み、二人は斬り合いになります。斬り合いは臺次郎が勝って、忠七郎の膝を斬りました。臺次郎はとどめを刺さずに去りましたが、忠七郎はその後で馬賊に襲われ、深手を負います。そのことを臺次郎のせいと思い込んだ忠七郎の部下が臺次郎を襲いにやってきますが、そこに再度馬賊が襲来し、双方ともそれを防ぐのに懸命になります。何とか撃退することができましたが、双方に何人か犠牲者が出ました。

民人篇 革新篇 尖端篇 心影篇 島嶼篇 海奴篇 異邦篇 結晶篇 寸終篇 総評

NHK杯囲碁 三村智保9段 対 羽根直樹9段

jpeg000-26本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が三村智保9段、白番が羽根直樹9段の対戦。序盤黒と白がお互いに中央に飛びあった状態で白の羽根9段が仕掛け、黒の一間飛びに中央から覗いて継がせ、すかさず黒がケイマに飛んだ所をつけこしていきます。覗きが働いて、黒が普通に切ると愚形になるという仕掛けです。その後の折衝で白は左辺を破ることが出来ました。この辺りで白が打ちやすい形勢になったようです。白はその後黒が上辺を囲おうとしたのに、すかさず上辺に左上隅からの連絡を見ながら侵入しました。これに対し黒は取られている2線の黒を引っ張り出して、締め付けを狙いました。その結果、白は上辺で地を稼ぎましたが、その代わり中央の白の大石が危なくなりました。しかし白はうまく劫に持ち込みました。劫材は白に多く、結局黒は包囲している自分の石を活きねばならず、劫は白が勝って、ここで白が勝勢になりました。その後白は黒の下辺に置いていく巧妙なヨセを見せ、ここで黒の投了となりました。

白井喬二の「祖国は何処へ」[6]海奴篇

jpeg000-16白井喬二の「祖国は何処へ」第六巻、海奴篇読了。
伊豆の利島での幕府側と島将軍一派の戦いのどさくさで、金乃美は乗るべき船を間違え、幕府側の南橘丸に乗り込んで囚われの身となります。一方で臺次郎と幡乃助、そして児玉の三人は帆船で島を抜け出します。南橘丸は紀州沖を航行している時に海賊船に襲われますが、南橘丸は備え付けられた鯨砲という大砲で、海賊船を一撃で撃破してしまいます。臺次郎達の船は、その海賊船が沈む所に丁度巡り合わせ、一人の海賊を救います。しかしながら、水を補給に岩礁に立ち寄った際に、その海賊に船を奪われてしまいます。臺次郎達は丁度同じ時にその岩礁に来ていた南橘丸に乗せてもらい、逃げる海賊を追いますが、南橘丸は臺次郎達の船を今度も鯨砲で撃って沈めてしまいます。臺次郎達は仕方なく、南橘丸に乗って同行することになります。南橘丸は、水野忠七郎の弟の友輝が指揮していましたが、海洋調査船の建前の裏で、人買いもやっていて、あの不良少女のお吉も捕まって南橘丸に乗っていました。九州で、新たに男の奴隷を積み込もうとした時、ちょっとした争いが起こり、そのどさくさで臺次郎は忠七郎から友輝に宛てた密書を入手し、南橘丸が中国に行こうとしていることを知ります。色々あって、南橘丸は水野忠七郎が乗った大嬰丸と合流します。この時、大嬰丸に乗っていた、忠七郎の妾のお辰が幡乃助の姿を見かけて、忠七郎にそのことを告げます。今は身分がばれてしまった臺次郎は金乃美と合流し、南橘丸の鯨砲の火薬に火をつける用意をして、忠七郎と対等の談判を行います。

民人篇 革新篇 尖端篇 心影篇 島嶼篇 海奴篇 異邦篇 結晶篇 寸終篇 総評

「白井喬二」のWikipediaページを書き換え

白井喬二のWikipediaページについては、「さらば富士に立つ影」という白井喬二晩年の自伝があるのに、まったく参照していないので、「経歴」の部分は全面的に書き直しました。「著作」に関しても、国会図書館のデータベースで検索して、抜けているものを追加しました。また白井喬二作品で映画化されたもののリストも追加しました。

Wikipediaの白井喬二のページ