三遊亭圓生の「妾馬、木乃伊取り」

jpeg000-53本日の落語は三遊亭圓生の「妾馬、木乃伊取り」。
「妾馬」は以前志ん生で聴いています。妹が大名のお妾に召し出され、さらにお世継ぎとなる男の子を産んで覚えがめでたくなり、その兄がその大名に呼び出され、歓待されて出世するという噺で、その兄と大名家での頓珍漢なやりとりが可笑しい噺です。誰も不幸にならない噺なので聴いた後の気持ちがいいです。
「木乃伊取り」は、吉原に居続けして帰ってこない若旦那を連れ戻しに、番頭がまず行くが番頭もそのまま帰ってこない。続いて近所の鳶の頭が頼まれて行くが、これまた帰ってこない。最後に飯炊きの清蔵が自分で志願して出かけていきます。最初は力ずくでも連れて帰るとすごんでいましたが、相方の女郎に気に入られて似合いだとおだてられると、帰るという若旦那に、今度は清蔵がもう二三日居続けると言い出す、というタイトル通り「木乃伊取りが木乃伊になる」お噺です。

NHK杯戦の囲碁 井山裕太棋聖 対 小林覚9段

jpeg000-57本日のNHK杯戦の囲碁は黒が井山裕太棋聖、白が小林覚9段の対局です。井山棋聖は7冠王ですが、このNHK杯戦だけ優勝が無く、準優勝が最高です。(これに対し将棋の羽生さんは全冠制覇の時はNHK杯も取っています。)しかし東アジアの早碁大会で優勝していますから、早碁が不得意という訳ではありません。対する小林9段は井山棋聖と10戦して5勝5敗と五分の星を残している、たぶん唯一の棋士です。対局は、黒が左辺に大きな地模様を築きかけ、そこに次にどちらが打つかが焦点になりましたが、黒は中央に伸びた白への圧力を重視し中央を優先して打ちました。左辺は白が開くことになり、左上隅にかかっていた黒が孤立したので、黒は左上隅に付けていきました。白はそれに対し、隅の地は多少黒にえぐられても、中央を重視しました。先手を取った白は左辺から中央に伸びる黒に対し出切りを敢行し、その結果左辺の黒は一眼もない形になりました。その後黒は中央の白に付けていって絞りを狙いました。一連の折衝で白がやや妥協して黒は白の二子を抜いたのですが、余分な石がくっついていて効率が悪かったのと、黒以上に中央の白が厚くなって、ここで白がはっきりリードしました。白は中央の厚みを活かし下辺に打ち込んでいきました。しかし白はここの折衝で何か錯覚があり、打った石を丸ごと取られてしまいました。ここで黒が逆転して優勢になりました。その後攻防が続きましたが、黒のリードはそのままで、最後白が時間つなぎに打った手が1目損で、ここで白の投了になりました。小林9段としては惜しい碁でした。また井山棋聖に取っては初めてのNHK杯戦制覇に向けて冷や冷やのスタートとなりました。

白井喬二の「源平盛衰記」(下)

jpeg000-49白井喬二の「源平盛衰記」(下)を読了。下巻は最初から最後まで、源義経の話です。前半で木曽義仲を宇治川の合戦で打ち破り、その後一ノ谷の戦い、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いと平家を三連続で大敗させ、ついには平家を滅亡に導きながら、その後頼朝から理不尽に憎まれ、平家を打ち倒した大功に対して報いられることもなく、最後は衣川の館で自害するまでを描きます。
壇ノ浦の戦いでは、平家の大将平知盛が、唐船という大きな船にわざと雑兵だけを乗せておき、名だたる武将はわざと小舟に乗せて、源氏の船が唐船をめがけて押し寄せてきたら、それを小舟で取り囲んで攻撃し殲滅を図る、という作戦を立てていました。ところが、阿波の民部重能(田口成良)という武将が、最初平家に味方しておきながら、戦いの途中で突然白旗をかかげて源氏に寝返っただけでなく、知盛の折角の作戦を源氏側にばらしてしまったため、源氏はこの作戦について対策できたということです。この重能の裏切りがなかったら、壇ノ浦の戦いは平家の勝利に終わっていたかもしれません。阿波弁でいう「へらこい」とは、この重能のような人を言うのでしょうか。
頼朝の義経に対する一貫したひどい態度は、弟の軍事的才能に対する一種の嫉妬なんでしょうか。それに対し義経は、もし自分で挙兵して兵を集めて頼朝と戦えば、かなりの確率で勝ったでしょうが、保元の乱のように、源氏が親子・兄弟で敵対して争うのは馬鹿げていると、ついにそれをしないまま死んでいきます。頼朝が実の弟を殺してまで樹立した源氏の政権である鎌倉幕府ですが、史実の通り、頼朝の直系はわずか三代で絶えてしまいます。因果応報というべきでしょうか。

三遊亭圓生の「文違い、掛取万歳、猫忠」

jpeg000-53本日の落語、三遊亭圓生の「文違い、掛取万歳、猫忠」。
文違いは前に、金原亭馬生でも聴いています。女郎が客を騙して二十両をせしめて間夫に渡しますが、実はその女郎もその男に騙されていて、と騙し騙されが重層になっているお噺です。
「掛取万歳」は、大晦日に次々やってくる借金取りをやり過ごすため、狂歌好きの大家には狂歌で言い訳をし、芝居好きの酒屋には歌舞伎の台詞で見事に言い訳をする。最後にやってきた三河屋の主人には、三河万歳で言い訳をするというお噺です。
「猫忠」は、三味線にされてしまった親猫を慕って子猫が、吉野家常吉に化けて清元の師匠と一緒に一杯やっていて、それを本物の常吉が偽物を暴いて、というお噺。吉野家の常吉だから「義経」、狐忠信ではなく、猫がただ吞みしたから猫忠、と義経千本桜にたとえて、では静御前は、ということになって、清元の師匠がそれになぞらえられたら、師匠は自分はお多福だから似合わない、というと猫が一言「にゃーう」という落ちです。

白井喬二の「源平盛衰記」(中)

jpeg000-47白井喬二の「源平盛衰記」(中)を読了。保元・平治の乱で源氏の勢力を追い落として、平家の天下になり、清盛はその娘の建礼門院に安徳天皇を産ませて、ついに天皇の外戚にまでなります。奢った清盛は好き勝手をやろうとしますが、その子重盛がいつもそれを抑えます。その重盛も病気になって死んでしまいます。清盛の行動は抑えがなくなり、ついには福原に遷都して都の人間の恨みを買います。一方で東国に流されていた頼朝は、北条政子を妻として、北条家の力をバックに、次第に勢力を築きます。また、牛若丸は鞍馬山を脱出して奥州の藤原秀衡の元に身を寄せ、その後京都に出て、六韜三略の書を読むことに成功し、また弁慶と戦い、弁慶を家来にします。この戦いは一般的には京の五条の橋の上、ということになっていますが、白井は講談的な作り話を基調としながらも、ここは「義経記」に即して二人の戦いは清水観音でということになっています。(史実ではこの時点では五条大橋はまだなかったみたいです。)その後義経は東国の頼朝に合流します。一方で信州では、やはり源氏の忘れ形見で頼朝・義経から見ると従姉妹にあたる木曽義仲が、秘かに勢力を蓄え挙兵します。平家側は謀反に対し、まず東国に大軍を送って頼朝を討とうとしますが、富士川の戦いで、夜中に水鳥が一斉に飛び立つ音に驚いて、一戦も交えず敗退して京に戻ります。その後、木曽義仲を討とうとして信州に軍を派遣しようとした所で、清盛は熱病にかかり、ついには命を落とします。その後、義仲追討軍は派遣され、義仲は最初は敗れるものの、倶利伽羅峠の戦いで平家の大軍を倶利伽羅の谷に追い落とし、大勝します。義仲の兵が京に攻め上ると、平家は安徳天皇を連れてあっさりと都落ちし、義仲は京に無傷で入ります。平家は最初九州に入って、勢力を盛り返そうとしますが、うまくいかず、結局四国の屋島に拠点を構え、再び強い勢力を築くことに成功します。一方で京の義仲の軍は、義仲が政治になれずうまく人心を把握することができず、またその軍の乱暴狼藉が人々の恨みを買います。後白河法皇はそうした義仲の専横を憎み、東国の頼朝と連絡を取ります。
といった、中巻はまあ知っている歴史のおさらいみたいですが、頼朝、義経、そして義仲といった源氏の武将が魅力的に描かれています。義仲にしても、子供の時は実に機転の利く利発な子供として描かれています。