ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃」

「スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃」を視聴。前半部分はまったくといっていいほど面白くなかったです。あの可愛かったアナキン坊やがいまや中二病のクソガキになってしまって、ジェダイの癖に女に走るし。どうもスター・ウォーズの三部作の真ん中は中途半端でよくないと思います。またストーリーもワケワカで、なんでジェダイ・マスターが極秘裏にクローンの軍隊を用意していたのかその辺の事情がさっぱりでした。ただ、後半の戦いはまあ面白く、ヨーダが初めて戦うのを見れたのはちょっと良かったかも。ヨーダってどう見ても志村喬だよな、と思ってググってみたら、同様の意見はいっぱいありました。

ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ エピソード I/ファントム・メナス」

「スター・ウォーズ エピソード I/ファントム・メナス」を視聴。このエピソードは割と楽しめました。ビームサーベルじゃなかった、ライトセーバーのチャンバラの「殺陣」が、エピソードIV、V、VIに比べるとかなり改善されたように思います。若干、カンフーぽくなってきた気もしますが…(「燃えよドラゴン」の”Don’t think, feel!”も使われていましたし…)しかし、相変わらず変な日本趣味は満載で、ダース・モールの顔はほとんど歌舞伎の隈取りだし、アミダラ女王の髪型はこれまた変な日本髪だったし…ポッド・レースは、「ベン・ハー」か「マッハGoGoGo」のパクリのように思いました。(「マッハGoGoGo」はアメリカでも”Speed Racer”の名前でテレビ放映されていて、結構人気がありました。)アナキン坊やはとても可愛かったですね。あれで将来ダークサイドに落ちるとはとても思えませんが。

熱田神宮

2月4日の立春の日に、今度は名古屋の熱田神宮まで行ってきました。往復で660Kmの車での日帰り旅です。熱田神宮の神社の造りは元々尾張造りという独自のものがあったらしいのですが、明治26年に伊勢神宮と同じ神明造りに変えてしまったらしいです。私は昔からの様式を残して欲しいと思いました。また、戦争で焼けちゃったので古い建物ではありません。名古屋市のど真ん中にあります。

NHK杯戦囲碁 井山裕太棋聖 対 河野臨9段

本日のNHK杯戦の囲碁は準々決勝第1戦で、黒番が井山裕太棋聖、白番が河野臨9段です。この二人は現在棋聖戦で激突しており、現時点で1勝1敗の五分です。対局は白の河野9段が4手目を三々に打ち、白の実利先行、黒の大模様という流れになりました。白が下辺の黒模様に打ち込みましたが、黒は中央を厚く打ち、白に左下隅に渡るのを許しました。黒はしかしこの渡った白へ利かしを打って、それを利用して左下隅と左辺に手をつけに行きました。しかし黒は途中まで打った後は手抜きし、中央に飛びを打って、白に一手入れさせるだけで終わりました。黒模様が広大になったので、白は右下隅に手をつけに行きました。それに対し黒は隅で治まるのも拒否して白の全体を取りかけに行きました。白は戦いの最中で下辺の黒への出切りを敢行し、それを利用して下辺左の黒7子を取るという振り替わりになりました。この結果はほぼ互角だったようです。その後黒は上辺の白への攻めを見ましたが、白はうまくさばいて、攻められていた石が中央にかなりの地を持って治まりました。ただ黒もその過程で右辺を味良くまとめており、形勢不明でした。黒は取られていた黒7子について先手で利かしを2手打てたのが大きかったようで、終わってみれば黒の2目半勝ちでした。井山棋聖はベスト4進出です。これまで7冠を取っていながら、NHK杯戦だけは準優勝が最高で、今期初優勝がなるかが注目されます。