獅子文六の「娘と私」

獅子文六の「娘と私」を読了。昭和28年から昭和31年まで「主婦之友」に連載された、自伝的私小説です。ラジオドラマ化され、さらに昭和36年にNHKの朝の連続ドラマになります。この「娘と私」が現在まで続くNHKの朝の連続ドラマの第1回です。獅子文六がフランス人の女性と結婚し、巴絵という一人娘(物語中では麻理)が生まれますが、その妻は日本での暮らしがストレスになって病気になり、フランスに帰国してしばらくして病死してしまいます。麻理ちゃんはまだ6歳でした。獅子文六は、その頃はまだ文名も上がらず、親の遺産もなくなり、しかも家の用事と子供の世話で文章を書く十分な時間も取れず、大変苦労します。私は獅子文六という人は苦労なしでとんとん拍子に文壇に受け入れられたと思っていたので意外でした。麻理ちゃんは白薔薇学園(実際は白百合学園)という小学校に入り、そこの寮に入りますが、ある冬の日、重症の肺炎にかかり、戦前のことで抗生物質もなく、死にかかりますが、学校の寮からは冷たく追い出されてしまいます。幸いなことに麻理ちゃんは命を取り留めますが、その後も度々大きな病気にかかり、その負担は獅子文六にのしかかります。獅子文六は後妻を迎えることを決意し、何度かのお見合いの後、千鶴子(実際の名前は静子)と再婚します。この再婚の後、書かれた作品が「悦ちゃん」で、この小説に出てくる麻理ちゃんのしゃべり方が、悦ちゃんのしゃべり方にそっくりです。「悦ちゃん」の最後のシーンは、父親である碌さんが、鏡子さんと再婚し、九州に引っ越して暮らし始めるのですが、そこで悦ちゃんが、友達から「悦ちゃんのママは継母でしょう?」と聞かれたのに対し、悦ちゃんが「継母は『ママ』と『はは』を合わせたものなんだから、世界で一番いいお母さんなのよ」と答える所です。これこそ獅子文六が「悦ちゃん」で書きたかったことで、再婚した妻と麻理ちゃんが実の親子以上に仲良くなって欲しいという思いを込めたものでした。なお、「悦ちゃん」に出てくる、カオルさんという、芸術家が好きだけど子供は好きではない女性も、獅子文六と見合いした人がモデルみたいです。幸いにも再婚した千鶴子さんは心の優しい人で麻理ちゃんを可愛がり、麻理ちゃんも新しい母親に懐いて、獅子文六をほっとさせます。この新しい奥さんは愛媛の出身で、獅子文六一家は昭和20年の12月に、疎開していた湯河原の混乱を避けて、愛媛に移り住み、そこで2年ぐらい暮らします。この時の体験が元になって「てんやわんや」という作品や、「大番」が生まれます。この奥さんはしかし、麻理ちゃんが成人し、もうすぐお嫁に行くという時期になって、元々心臓肥大があってそこから来た脳血栓で、命を落とします。NHKのサイトで見ることができる「娘と私」の動画は、麻理ちゃんの結婚式のシーンであり、亡くなった奥さんが遺影として参席しています。
その他、戦後獅子文六が戦争協力者としてパージの対象になり、そしてすぐに許された事情などもわかり、獅子文六ファンにとっては、非常に興味の尽きない内容になっており、お勧めできます。

水無飴とボンタンアメ(山本夏彦の「二流の愉しみ」)

山本夏彦の「二流の愉しみ」を取り寄せて、「『水無飴』始末記」を再読。今村の水無飴は明治時代に、森永のキャラメルに遅れること数年で出たもので、元になっているのは熊本の朝鮮飴(求肥飴、今でも熊本で売っています)だということです。これでセイカ食品のボンタンアメと、水無飴が似ている理由が判明しました。ボンタンアメも元々、セイカ食品の社員が朝鮮飴を一口サイズに切って遊んでいた所から思いついたもので、ベースは朝鮮飴です。水無飴の説明は、「餅米と水飴と砂糖からなり、それをキャラメル大にかためて、それを一つ一つを白いかたくり粉でまぶして、蝋紙のかわりにオブラートで包んだもの。オブラートごと食べる。」とあり、ボンタンの果汁が入っていないだけで、基本的にボンタンアメと同じです。ボンタンアメの発売開始は大正年間ですから、オブラートで包むなどは先行していた水無飴を真似たのではないかと思います。

獅子文六の「大番」(下)

獅子文六の「大番」(下)を読了。上巻はギューちゃんの恩人の木谷社長が自殺する所で終わりましたが、失意のギューちゃんは帰農するつもりで故郷の愛媛に戻ります。しかし、都会暮らしですっかり体力が落ちたギューちゃんにはもう農業は出来ず、大阪と愛媛の間でのヤミ物資の取り引きに手を染めることになります。太平洋戦争が始まって、この戦争は負けると予感したギューちゃんは再び株を始め、日本の負けで相場が下がると予想しますが、案に相違して初戦は日本軍が勝ち続け、ギューちゃんはヤミで儲けた資金をすっかりすってしまいます。戦争中はそういう訳でぱっとしなかったギューちゃんですが、戦後2年目で再び東京に出て、また株を始めます。戦争前に大損して迷惑をかけていたため、戦後新しく開設された取引所の正会員になるのに苦労しますが、パルプ産業の将来性を見抜いて大規模な買いを行い、大きく当てて大丸証券を設立します。その後は色々紆余曲折があるのですが、女好きのギューちゃんは最大で6人の女性を囲います。しかし、心に秘めているのは、故郷で天皇と言われた森家の令嬢の可奈子さんで、戦後は森家は没落しますが、ギューちゃんは何かと可奈子さんの世話をします。しかしギューちゃんの一生を賭けた恋の結末は…
「悦ちゃん」は子供向けの作品ですが、「大番」は完全にアダルト向けの作品。しかもお堅い週刊朝日での連載だというのがちょっと驚きです。経済小説として見ると、今の経済小説に比べると深みはありませんが、花登筺の「どてらい男」のような一代でのサクセスストーリーの嚆矢のような作品だと思います。

大番(上)へ

獅子文六の「大番」(上)

獅子文六の「大番」(上)を読了。週刊朝日に1956年から1958年に連載された作品です。主人公は、四国の愛媛の貧農の息子に生まれた赤羽丑之助(ギューちゃん)です。横山まさみちの漫画に出てきそうなキャラクターです。このギューちゃんが地元の名士の超美人の娘にガリ版刷りの恋文を渡したことが事件になり、ギューちゃんは東京に出奔することを余儀なくされます。ギューちゃんは株屋の小僧として働き始め、少しずつお金をため、自分でも投機をやり始め、一旦大きく当てて今の金で2億円くらいを稼いだと思ったら、次の株で失敗して借金を背負い、また立ち直って世話になっている富士証券の木谷社長と一緒に、鐘紡株を巡る仕手戦に買い一方で参加し、紆余曲折がありながら、一時は大成功し、今のお金で数十億円もの利益を上げます。しかし、その後政府の投機抑制方針などもあって、鐘紡株は暴落し、ギューちゃんは逆に10億円くらいの借金を負い、また世話になった木谷社長は自殺してしまう、という所で上巻は終わります。舞台になっているのは昭和一桁の頃で、世界大不況の頃から始まり、515事件や226事件、盧溝橋事件などがあって、その度に株価に影響を与え、ギューちゃんはその波に翻弄されます。ちなみに、ギューちゃんが愛媛出身なのは、獅子文六の二番目の奥さんの実家が愛媛で、獅子文六自身も戦後2年ばかり宇和島に避難していたからです。「てんやわんや」も四国独立騒ぎを扱った作品で舞台は愛媛です。ちなみに、「鐘紡」は戦前日本で一番大きな会社でした。他にも日本産業(日産)や、久原鉱業(日立製作所の源流)みたいな懐かしい会社名が登場します。

大番(下)へ

岩田豊雄(獅子文六)の「海軍」

岩田豊雄(獅子文六)の「海軍」を読了。真珠湾攻撃で、特殊潜航艇に乗り込んで湾内に潜入し、魚雷攻撃を行い、ついに全員が帰還しなかったいわゆる「九軍神」の内の一人、鹿児島出身の横山正治少佐をモデルにした小説。(奇しくも「南国太平記」に続けてまた薩摩を舞台にした小説です。)特殊潜航艇による攻撃は、後の「回天」のような特攻攻撃ではありませんでしたが、極めて生還の確率の低いものでした。また戦争中は横山少佐の特殊潜航艇が戦艦アリゾナを撃沈したとされましたが、これは事実と違っていて横山少佐の艇の放った魚雷は目標には当たりませんでした。ただ、全部で5隻の特殊潜航艇(甲標的)が真珠湾内への潜入に成功しており、そのうち一隻の放った魚雷が戦艦オクラホマを撃沈しています。
獅子文六はこの小説を朝日新聞に連載し、朝日文化賞を受賞します。しかし、その影響で海軍関係の文章を戦争中に多く発表したため、戦後は「戦争協力作家」とされ一時追放の仮指令を受けてしまいます。しかし、今冷静にこの小説を読んでみると、主人公の谷真人が親友である牟田口隆夫と対比されながら、非常にさわやかな好感あふれる青年として生き生きと描写されており、どこにも「戦争賛美」のようなものは感じられません。またタイトルが「海軍」となっているように、単に軍神の伝記ではなく、主人公を一人前の軍人に育成していく海軍の仕組みがきちんと描写され、それは戦後の目で見ても優れたものがあることを否定できません。(例えば、「5分前精神」など。)また作中に出てくる、明治43年に潜水艇の訓練中の事故で亡くなった佐久間勉大尉の遺書は、獅子文六が書いている通り、まさに「これを読んで哭かざるは人に非ず」というものです。