NHK杯戦囲碁 井山裕太棋聖 対 伊田篤史8段

本日のNHK杯戦の囲碁は、準決勝の2局目で、黒番が井山裕太棋聖、白番が伊田篤史8段の対局。序盤、黒が左下隅の白に一間高ガカリし、白がそれを2間に高く挟み、黒が大ゲイマにかけて、これは通称「村正の妖刀」と呼ばれる難解定石です。井山棋聖は、アルファ碁が打った、従来は黒が悪いと言われていた手を打ち、隅の地を取りました。これに対し白は厚みを得て下辺が大きな模様になりました。この白の模様と黒の上辺から右辺にかけての模様のどちらがどのくらいまとまるかが勝負になりました。白は上辺の黒にボウシし、さらに隅につけていきました。その後、上辺の黒に打ち込んで、攻め合い含みの激しい戦いになりました。白は包囲する黒に切りを入れ、その効果で中央に脱出出来ましたが、切った石を取られて、この黒をはっきり生かしてしまいました。その後白は右辺に侵入し、先に隅に付けていた石を活用して劫に持ち込みました。この劫は黒が勝ったのですが、白はその代償に下辺を大きく囲い、見た感じでは白地の方が多く、白有望かと思われました。しかし黒は各所で白の薄味をついて追い上げ、左上隅で大きな劫に持ち込みました。この劫は白が負けると左辺の白の眼持ちも必要になる大きな劫で、白は何とか劫には勝ちましたが、代償に上辺の黒地に侵入した白を取られてしまいました。この収支ははっきり黒が得で、ここで勝負がつき、黒の中押し勝ちになりました。来週はいよいよ決勝戦で井山裕太棋聖と一力遼7段の対戦です。どちらが勝っても初優勝です。特に井山棋聖はあれだけタイトルを独占していながら何故かNHK杯戦だけは、これまで準優勝が最高ですので、今回はかなり気合が入ると思われます。なお、井山棋聖は棋聖戦で河野臨9段を4勝2敗で下して5連覇を達成、3人目の名誉棋聖の称号を得ました。

読売新聞社の「第十三期棋聖決定七番勝負 激闘譜 挑戦者本因坊武宮正樹 棋聖小林光一」

読売新聞社の「第十三期棋聖決定七番勝負 激闘譜」を読了。第十一期に続き、棋聖小林光一に、武宮正樹世界囲碁選手権者が挑んだ七番勝負です。棋聖=日本一、世界囲碁選手権富士通杯=世界一ということで、日本一対世界一の戦いと言われました。しかし、ここでも武宮は十分な力を発揮することなく、初戦のニューヨーク対決で1勝を上げただけで、後は4連敗し、敢え無く小林の軍門に降っています。武宮は合計で三度棋聖に挑戦し、その内趙治勲名誉名人との戦いはかなりいい所まで行ったのですが、小林光一名誉名人との戦いは2回ともいい所なく敗れ、結局武宮の棋聖奪取はなりませんでした。

読売新聞社の「第十一期棋聖決定七番勝負 激闘譜 棋聖小林光一 本因坊武宮正樹」

読売新聞社の「第十一期棋聖決定七番勝負 激闘譜」を読了。小林光一名誉名人が、第十期で趙治勲名誉名人から棋聖を奪取して、最初の防衛戦で、相手は武宮正樹9段。武宮はこの当時、小林の碁のことを「地下鉄碁」(石が下に下に行って、また景色が悪い)と評していて、二人の仲はかなり険悪でした。しかし、この時の武宮は不調で、ほとんどいい所がなく、1勝4敗で敗れてしまいます。特に第2局は武宮らしくなく、石が下に下にもぐっていくような碁でした。なお、この時の第1局が棋聖戦初のアメリカ対局で、ロサンゼルスで行われました。1986年でバブルの走りの頃です。

栗田信の「醗酵人間」

栗田信(くりた・しん)の「醗酵人間」を読了。戦後SF最大の怪作と呼ばれているそうですが、何というか超C級作品でした。主人公の九里魔五郎は、墓場から蘇り、お酒などの醗酵物を口にすると、体が膨張して、かけられた手錠などは簡単に引きちぎり、怪力になって無敵になり、挙げ句の果ては宙に浮かんでしまうという設定。膨張すると「こけっか、きっきっ」という怪しい叫び声を上げます。それで海外メディアに報じられるときにつけられた名前が「ヨーグルト・マン」、ここでがくっと脱力します。ヨーグルトは確かに発酵食品ですが、膨張したりはしないと思うんですが…どうもこの作者の趣味はよくわかりません。かと思うと、九里魔五郎が捕まえた人間を拷問するのに、「ワサビ責め」という手法が使われていて、何でも手ぬぐいにすり下ろしたワサビを塗り込めて、それで相手の口を覆う拷問だそうで、これをやられると二三日血尿が止まらないそうです。本当かな…「醗酵人間」以外にも、中篇が2作、短篇が4作収められていますが、さすがに他の作品を読む気はしませんでした。

読売新聞社の「第十期棋聖決定七番勝負 激闘譜」

読売新聞社の「第十期棋聖決定七番勝負 激闘譜」を読了。趙治勲棋聖(当時)対小林光一名人(当時)の対決。実はこの対戦が始まる直前の1986年1月6日に、趙治勲棋聖は「助かったのが奇跡」と呼ばれる程の交通事故に遭い、両足と左腕を骨折します。この時の棋聖戦の第1局は1月16日からで、事故に遭ってわずか10日しか経っていません。対局に出られないと、不戦敗になります。しかし不屈の闘志で趙治勲棋聖は対局に出、この時は小林光一名人の好意もあって椅子対局になりましたが、負けはしたものの車椅子で2日の碁を打ちきりました。それどころか、続く第2、第3局は趙棋聖が連勝しました。特に第2局は見事な碁でした。相手の小林光一名人は、対戦相手を怪我人だと思っていては勝てないと悟り、この後奮起して3連勝し、棋聖位を奪取します。これによって趙治勲さんは無冠に転落し、逆に小林光一さんはこの後棋聖位を8期連続で獲得し、名誉棋聖の資格を得ると共に、秀行さんの連覇記録も抜きます。しかし、趙治勲さんも、一旦無冠には転落しましたが、8月に碁聖位を奪取、翌年には天元を取り、さらに1989年には武宮正樹9段から本因坊位を奪取し、3大タイトルに復帰します。この後、棋聖と名人を併せ持った小林光一さんが、大三冠を目指して、趙治勲さんの持つ本因坊位に連続3回挑戦して、趙治勲さんに阻まれたのは既に記しました。