NHK杯戦囲碁 本木克弥8段 対 呉柏毅 3段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が本木克弥8段、白番が呉柏毅3段の対戦です。本木8段は今年本因坊戦の挑戦者になりました。結果は井山6冠王に歯が立ちませんでしたが、トップ棋士の仲間入りをしました。対する呉柏毅3段は1回戦の戦いを見た感じではとても切れ味の鋭い手を打つ棋士という印象です。布石は穏やかに進行してお互いに自分の領域を確保して、戦いはなかなか始まりませんでした。白は左辺、左上隅、上辺の黒模様を消しに行き、この白への攻めがどの位利くかがポイントになりました。ここが一段落した後、呉3段は下辺の白から右辺の黒に付けて行き、下辺の白模様を盛り上げようとしました。一連の折衝の後、白は右辺の黒に対してtツケ一本だけを利かしましたが、結果的にはこれはあまり良くなかったようです。その後黒は白が下辺から付けてはねている石を切りました。この場合、白からのフクラミが右辺に通常は利いていて、切った黒は取られてしまうのですが、黒は白のフクラミに受けずにウッテガエシで白2子を取り込み中央が厚くなりました。しかし白も右下隅を大きく地にしたので、ここではいいワカレでした。その後白は左上隅と上辺の黒にツケを2つ打ち、両方を切り違えて手がかりを求めました。結果的に白は黒2子を取り込んで上辺を破り、かつ弱かった白石をはっきり活きましたので、ここでは白がポイントを上げました。その後黒は下辺の白を消しに行ったのですが、白が反発してその石の右側に付け、黒がはねた時白が切って戦いになりました。ここで黒が左辺から両ノゾキのようなマガリを打ったのが絶妙のタイミングで、白はどちらも受けずに下辺の黒をポン抜きました。黒は覗いた石から下に出て切りを入れ、隅の黒石を動いて攻め取りにさせました。この結果、黒から左辺で1線の石まで締め付けが利き、左辺の黒地が確定し、黒が優勢になりました。下辺から中央で白はポン抜きましたが、黒も右下隅で2子抱えていて厚いため、このポン抜きが働くことはありませんでした。ヨセでは白は下辺の白地を十数目増やしましたが黒もその代わり中央の地をまとめ、盤面で10目以上の黒のリードでした。白は投了し、黒の中押し勝ちとなりました。

白井喬二の「外伝西遊記」(3)(完読)

白井喬二の「外伝西遊記」の全34回の連載を全部読むことが出来ました。オリジナルとは違う始まり方をしますが、最初に登場するのは孫悟空ではなくて石族の吾呂です。この吾呂というキャラクターを登場させたのが、果たしてプラスになっているかと言えばかなり微妙です。はっきり言って語り部としてしか機能していません。三蔵法師の三人の弟子があまりにもキャラが立っているのに比べると、吾呂はまるで目立ちませんし、特技も姿を消すことが出来るくらいです。もっとも悟空と同じく、蟠桃を盗んで食べてしまったので、不死という設定ですが。そういう訳で、始まりはオリジナルと違いますが、途中天竺への旅を始めてからは、ほとんどオリジナルと似た進行になります。しかし、オリジナルでは悟空が最も苦戦した金角・銀角大王との戦いは、こちらでは悟空があっさり瓢箪の秘密を見抜いて、簡単に悟空の勝ちになります。また、三蔵法師と八戒がある国の水を飲んだら妊娠してしまったという話が出てきて、これは白井一流のほら話かと思ったら、これはオリジナルにもある話でした。小さい頃読んだ子供向け西遊記では省かれていただけでした。ただ、以前も書きましたが、各妖怪との戦いで悟空が使う仙術は結構白井のオリジナルが多いように思います。ちょっと忍術己来也を思い出します。また、びっくりするのは、天竺に入る直前で「地竺」の話が出てきたことです。白井は1940年に「東遊記」という西遊記のパロディを出しており、それは天竺ではなく地竺に行く話でした。それをまた持ち出しています。しかしこの作品での地竺は妖怪が作り出した「反天竺」という設定になっています。
この作品を読んでオリジナルの「西遊記」について、子供向けの翻案しか読んでいないことに気がついて、Amazonで、岩波文庫の10巻物はさすがに重いので、平凡社から出ている2巻物をポチりました。これもダイジェストですが、日本で作られたダイジェストではなく、元々明代に出されたダイジェストを元にした日本語訳です。

堀口茉純の「江戸はスゴイ」

「ほーりー」こと堀口茉純の「江戸はスゴイ」を読了。「大菩薩峠」を続けて読んでいると、いい加減うんざりしてくるのでちょっと息抜き。「ほーりー」は江戸文化歴史検定一級を最年少で取ったぐらいの江戸通です。タレント本というと、名前だけで実際はゴーストライターが書いたというのがほとんどでしょうが、この本はたぶん本人の著作でしょう。浮世絵とか色々な図会を使って江戸文化を解説しようという試みで、浮世絵も大好きな私としてはなかなか読んでいて楽しい本です。Twitter調とでもいった感じの口語的な書き方がいい感じです。この本で初めて知った、というような内容はあまりないのですが、江戸時代を通じて男性の比率の方がずっと多かったとか、それ故に外食文化が発達したというのはなるほどでした。女性の江戸好きというと、故杉浦日向子を思い出します。

白井喬二の「黒衣宰相 天海僧正」(4)

白井喬二の「黒衣宰相 天海僧正」を、大量に買ったヤフオクの「大法輪」の出品のおかげで、全83回の連載の内65回分を読了しました。(全体の78%です。)お陰でこの長大な連載のかなりの部分が読め、話が大部分つながりました。惜しむらくは連載第33回から連続9回分が欠けています。連載のこの部分で、天海僧正が家康と知り合い、家康に対し数々の政策の進言をすることにより家康に次第に重用されるようになる筈なのですが、その部分が残念ながら読めていません。ただ、「大法輪」のバックナンバーを全部揃えている図書館は判明していますので、近いうちにまた神奈川県立図書館を通じて貸し出しを申し込むつもりです。
ただ今回読んだ分で天海の少年時代、兵太郎と呼ばれていた時代の話は全部読むことが出来ました。兵太郎は船木兵部少輔景光の息子であり、その母親は会津に近い高田の城主の姉でした。そのため、兵太郎は従兄弟のほぼ同世代の男の子と次の城主の座を争うことになるのですが、家老であった峰淵玄蕃の謀略で父親を毒殺されてしまい、日陰の身になります。このため兵太郎は武芸の腕を磨いて、玄蕃を殺して敵を討とうとしますが、僧舜幸がその計画を見抜いて邪魔をしたために、不首尾に終わります。結局その舜幸に匿われて、その間に僧侶になる決意をします。しかし一方で高田の藩自体は、武田信玄の圧力を受けて城主(兵太郎と争った子が城主になったもの)と峰淵玄蕃は結局武田の捕らわれ人となり、お家は断絶してしまいます。
天海僧正というと、一時期の「風水」ブームのせいで、江戸の地を風水の観点から選んで都市設計した人としてやたらに有名になったような気がしますが、これまで読んだ範囲では白井はまったく風水については触れておらず、むしろそれが清々しい感じです。前にも書きましたが白井は天海僧正を徹底して偉大な人物として描写しています。

中里介山の「大菩薩峠」第13巻

中里介山の「大菩薩峠」第13巻を読了。この巻では前巻と違って多少ストーリーに進展がありました。と言っても、相変わらずダラダラとしたどうでもいい話も多いですが…房州の洲崎で蒸気船を作っていた駒井能登守は、外人のマドロスを匿っていることなどについて、駒井能登守を目の敵にしている勢力から様々な邪魔を受け、蒸気船を動かして洲崎の地を立ち退く事を計画します。それについて、甲州の沢井の机の道場に住んでいるお松と能登守の息子の登を呼び寄せようとします。お松は与作も当然行くものと思っていたら、与作は郁太郎を連れて全国を旅すると言ってお松の誘いを断ります。一方で白骨温泉を出たお雪と龍之助の方は、飛騨高山で思いがけない火事に焼け出されて難儀します。しかし、龍之助は白骨では出なかった辻斬りの癖がまた出てきて、夜な夜な高山の町を彷徨います。などと言った感じなのですが、停滞していた水が少しずつ流れ始めた感じではあります。しかしこれで全体の約2/3を読んだことになり、残りの1/3で色々な伏線が全て片付くとはとても思えません。前巻から、「ピグミー」と称する変なものが登場しています。実在のピグミー族とはまるで関係なく、一種の悪魔のようなものとして描かれていますが、龍之助に一刀両断にされたりして、悪魔にしてはひ弱いです。また盲目でおしゃべりな僧の弁信ですが、一種の超能力(テレパシー)みたいな能力を時々発揮します。このあたり、幻想的とも言え、ちょっと不思議な展開です。