白井喬二の「外伝西遊記」(1)

白井喬二の「外伝西遊記」を雑誌連載の1回+4回分だけ読みました。仏教雑誌である「大法輪」に1975年1月から1977年10月まで連載されたもので、確認しうる限りで白井喬二の最後の雑誌連載です。白井は1940年に「東遊記」という「西遊記」のパロディ作品を書いていて、天竺ではなく地竺に行く話なんですが、晩年になって、再度西遊記の世界に戻ってきています。この白井版西遊記では、おなじみの登場人物以外に、石族の吾呂という少年(孫悟空と同じく仙石から生まれたけどより小さい仙石から生まれたという設定です)を登場させて、語り部みたいにさせています。またお話もオリジナルの西遊記のストーリーを活かしつつ、随所に白井オリジナルのお話を入れているようです。というか5話分だけ読んだだけですが、とても面白く、晩年の白井が肩の力を抜いて楽しんで書いているのがよくわかります。「大法輪」での連載には他には「天海僧正」もあります。どちらの作品も、「大法輪」のバックナンバーは古書店では全部揃わず、また出版社にも残っておらず、全部読むためにはたぶん国会図書館に行くしかないと思いますが、将来の課題として取っておきたいと思います。

洪道場編の「進化を続ける アルファ碁 最強囲碁AIの全貌」

洪道場編の「進化を続ける アルファ碁 最強囲碁AIの全貌」を読了。この本は藤沢里菜女流本因坊のツィートで知りました。まず洪道場というのを知らなかったのですが、洪清泉三段が主宰するアマ・プロを問わない研究会(道場)なのですが、そこから出てきた棋士がすごいの一言で、一力遼7段、平田智也7段、呉柏毅 3段、芝野虎丸3段、そして藤沢里菜女流本因坊などがこの道場の出身です。
この本は、その洪道場のメンバーが、アルファ碁の進化版であるMasterが早碁で超一流棋士60人(重複有り)と対局した棋譜を検討したものです。ご承知の通り、早碁とはいえ、この60局の全てでMasterが勝ったのですが、ともかくMasterの強さに恐れ入ります。その強さというのは人間より読みが優れているというのではなく、構想が人間の上を行っている、形勢判断が人間より優れているという印象です。従って坂田栄男9段みたいな鋭い手(鬼手)が飛び出てそれで勝つと言うより、棋聖秀策や、全盛期の呉清源9段、または藤沢秀行名誉棋聖のような、打ち回しの素晴らしさで勝っている印象を強く受けます。とはいっても、Masterの強さは人間の棋譜をディープラーニングで学習することで得たものであり、人間の手から飛び離れているかというと、そこまでは感じません。今後Masterはもう人間との対局はしないとのことですが、今後はMaster独自の方法論を生み出して更に強くなって、人間に色々と囲碁に対するヒントを与えて欲しいと思います。

白井喬二の「独楽の話」(エッセイ)

白井喬二の「独楽の話」(エッセイ)を読了。「大衆文藝」の第一巻第二号に掲載されたもの。この「大衆文藝」は白井らの大衆作家が集まって作った二十一日会の機関誌として創刊されたものです。確か2年も続かないで廃刊になったと思います。国枝史郎の作品なども掲載されていて貴重です。
白井は「新撰組」で但馬流や金門流の独楽師同士の争いを書きましたが、その白井による独楽にまつわる蘊蓄です。今は独楽の名人芸を観る機会もほとんどなくなりましたが、まだ白井の時代には大道の名人芸が残っていたのだと思います。それは独楽に限らないことで、何と無くなってしまった伝統の多いことかと嘆かずにはいられません。白井は他の雑誌で、夜中に独りでに回り出す独楽や、いつの間にか逆に回り出す妖怪独楽の話を書いているとのことですが、読んでみたいものです。

白井喬二の「幽閉記」

白井喬二の「幽閉記」を途中まで読了。昭和5年に創刊された「日曜報知」に連載されたもので、おそらく10回くらい連載されたのだと思いますが、残念ながら第1回~6回までと第8回しか入手できませんでした。皮肉にもそういうお話に限って結構名作だったりするのですが…お話はかつては殿様の相談役として権勢を誇った氷駿公がその後殿様の勘気を被って、今は六層の高楼に幽閉されています。二人の武士の間で、そういう幽閉の暮らしが、すぐに死んだ方がいいか、いやそれでも生きていた方がいいかの論争になり、結局氷駿公に直接聞いてみようということになります。一方の武士が夜中に高楼に昇って、氷駿公を呼び出してみると、そこにいたのは氷駿公ではなく、まだ三十にもならぬ若者でした。という具合に始まり、途中の展開も意表を突いて、なかなかの傑作だと思うのですが、最後まで読めないのが返す返すも残念です。

白井喬二の「十両物語」

白井喬二の「十両物語」を読了。昭和26年6月の「別冊 モダン日本」に掲載されたもの。この雑誌は見た限りほとんどカストリ雑誌。お話は、ある侍が質屋にある質草を持ち込むが、中を見ないで十両貸せ、と言います。中身は家伝の刀だそうですが、当主である自分は一生に一回しかこの刀を見てはいけない、と言います。またその家に関係ない者が見ると、刀が蛇になってしまうという言い伝えがある、と言います。それでも質屋は中身も見ないでお金を出せませんので、ともかく箱を開けて中を見ると、たちまち一匹の蛇が這い出て、床下に逃げていきます。侍は質屋が中を検めたから刀が蛇になったと言い張り、ついに十両をせしめます。侍は、そのお金で、ある生娘が吉原に売られようとしているのを、手付けで十両払って助けて、その代わりにうまいことをしようと企みます。しかしその企みは…という話で、中々捻りの利いた面白いお話でした。河出書房の白井喬二戦後作品集と同じ頃の作品ですが、何故これが漏れているのかがわかりません。