獅子文六の「大番」(上)

獅子文六の「大番」(上)を読了。週刊朝日に1956年から1958年に連載された作品です。主人公は、四国の愛媛の貧農の息子に生まれた赤羽丑之助(ギューちゃん)です。横山まさみちの漫画に出てきそうなキャラクターです。このギューちゃんが地元の名士の超美人の娘にガリ版刷りの恋文を渡したことが事件になり、ギューちゃんは東京に出奔することを余儀なくされます。ギューちゃんは株屋の小僧として働き始め、少しずつお金をため、自分でも投機をやり始め、一旦大きく当てて今の金で2億円くらいを稼いだと思ったら、次の株で失敗して借金を背負い、また立ち直って世話になっている富士証券の木谷社長と一緒に、鐘紡株を巡る仕手戦に買い一方で参加し、紆余曲折がありながら、一時は大成功し、今のお金で数十億円もの利益を上げます。しかし、その後政府の投機抑制方針などもあって、鐘紡株は暴落し、ギューちゃんは逆に10億円くらいの借金を負い、また世話になった木谷社長は自殺してしまう、という所で上巻は終わります。舞台になっているのは昭和一桁の頃で、世界大不況の頃から始まり、515事件や226事件、盧溝橋事件などがあって、その度に株価に影響を与え、ギューちゃんはその波に翻弄されます。ちなみに、ギューちゃんが愛媛出身なのは、獅子文六の二番目の奥さんの実家が愛媛で、獅子文六自身も戦後2年ばかり宇和島に避難していたからです。「てんやわんや」も四国独立騒ぎを扱った作品で舞台は愛媛です。ちなみに、「鐘紡」は戦前日本で一番大きな会社でした。他にも日本産業(日産)や、久原鉱業(日立製作所の源流)みたいな懐かしい会社名が登場します。

大番(下)へ

獅子文六の「大番」(上)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 獅子文六の「大番」(下) | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です