ドイツのメルケル首相の感情的スピーチ/政治家の資質と使命

ドイツのメルケル首相が昨年の12月9日にドイツ議会で行った演説をご存知ですか?クリスマスを控え、人々に外出の自粛を強く呼びかけたものです。物理学者・化学者でもあって日頃論理的な話し方をするのが普通のメルケル首相が、この日は非常に感情に訴える演説をしました。その内容は「もしあなたが外出を控えなければ、このクリスマスがあなたがあなたの(愛する)おじいちゃん・おばあちゃんと迎える最後のクリスマスとなり、後であの時こうすれば良かったと強く後悔することになりますよ!」と非常に早口でエモーショナルに訴えました。このエモーショナルな姿勢がわざとやったのか本心かは分かりませんが、聴いている人に相当な効果を与えたことは間違いないようです。弁論術(レトリック)で言うパトスに訴えるスピーチです。ドイツ語が分からなくても雰囲気だけでも味わってみてください。次のYouTubeビデオの1:40くらいからです。

政治家の一つの重要な使命は、こういう風にきちんとメッセージを国民に伝えることだと思います。我が国において、質問に対してすらまともに答えることの出来ない(その一方で馬鹿げたウヨ雑誌で長広舌をふるう)政治家がこういう時に首相をやっているというのは、不幸というしかありません。

ワクチン接種2回目

27日(会社は夏休み)、2回目のワクチン接種を自衛隊大規模接種センターで受けて来ました。前回と同じく流れるような誘導でまったく問題無く終りましたが、ちょっとだけ今回の方が痛かったです。それから前回は夜中に寒気がした位で済みましたが、今回は接種後5時間くらいで37.5℃の熱。平熱が36.4℃くらいなんで、それなりに発熱しています。ただ、気分等はまったく問題ありません。

ルドルフ・ケンペ+ベルリンフィルのブラームス交響曲第1番

ブラームスの交響曲第1番については、かつて可能な限り入手出来るCDやレコードを集めようとし、全部で230種類くらい持っています。さすがにこれだけ集めている人は日本の中に5人もいないと思います。そして今手持ちのLPをせっせとクリーニングしていて、終ったものを片端から聴いてます。その中にルドルフ・ケンペとベルリンフィルのブラームス交響曲第1番がありました。ケンペのブラームスで一番標準的なのはミュンヘンフィルとの全集ですが、その前に1960年前後の録音でステレオとモノーラル混じりのベルリンフィルとの全集があり、このLPがその中の一枚です。それで久しぶりに聴いてみたら、非常に良かったです。ケンペはフルトヴェングラーが亡くなって、その後をカラヤンが継ぐまでの過渡期にベルリンフィルを良く指揮していたようです。現在タワーレコードからSACDでこのベルリンフィルとのブラームス交響曲全集が発売されています。ちなみに手持ちのケンペのブラ1は全部で4種類です。後の2種はバイエルン放送響と、シュターツカペレ・ドレスデンとのものです。

NHK杯戦囲碁 黄翊祖8段 対 広瀬優一5段


本日の(26日早朝。オリンピックのため、月曜早朝に変更。しかもHPでは2:15からということだったのが、実際に始まったのは2:53頃。)NHK杯戦囲碁は黒番が黄翊祖8段、白番が広瀬優一5段の対戦です。序盤で白が右下隅の黒の大ゲイマジマリの間に付けて行きました。AIの影響で最近はこの手が普通に打たれるようになりました。出来上がった結果は、黒が実利、白が厚みですが、右辺はスソアキで白の厚みは中途半端な気がしました。(実際に後で攻めを見られました。)局面が動いたのが、右上隅で白が両ガカリした所からの折衝で、黒は星から中央に進出した一団がまだ治まっていない状況で、敢然と右辺に打ち込んで行きました。これは黒が白の右下隅の構えを厚みとは思っていないとのことで、実際にAIの評価も黒の勝率65%くらいになりました。結局右辺で黒と白の石が2集団ずつ、合計4集団の眼が無い石が絡み合うという展開になりました。ここで黒に痛恨のミスが出て、白が右辺の黒がケイマで中央に進出している所をツケコシて切りに行きましたが、ここの折衝で白が当てたのに継いでおけば良かったのに無理に頑張って劫にしました。しかし劫材は白が有利で白は劫に勝ち右下隅と中央が握手しました。黒が劫材で打ったのは右辺の白を取りに行く手でしたが、無条件には取れずこちらも劫になりました。こちらの劫材も白が有利であり、白は黒の劫材を全て最強に受けきりました。結局右辺は活き活きになりました。黒が得たのは上辺に打ち込んで若干白地を減らしながら場合によっては白を攻める可能性がある、というだけでした。しかし黒の攻めは奏功せず、また白は左下隅から左辺にかけて大きな地模様を築き、容易に負けない態勢になりました。黒は左辺に殴りこんで紛れを図りましたが、白が最強かつ正確に受け、結局黒が左下隅で地をかすっただけで、中央の黒は全て取られ、黒の投了となりました。広瀬優一5段は初出場でしたが、黒の失着をとがめ、その後は的確に勝ちきりました。

Pentax K-1 修理完了→また新たな故障

Pentax K-1が電源を入れてカードを読みに行った後、そのまま液晶画面の表示がされないというので修理に出して、今日戻って来ましたが、その動作確認で早速また別の不良が。本当にPentaxの品質保証はどうなっているのでしょうか。以前もSDカードスロットの故障で修理に出して、戻って来た後、今度はUSB接続を使っていたら、そのコネクターがまた壊れたことがあります。