医療事故の事例検索

日本医療機能評価機構という所が医療事故の事例収集をしていて、誰でもそのデータベースを検索出来る事をご存知ですか?
以前NECAという工業会の仕事で医療機器の事故防止のために部品で出来ることを検討したことがあり、それでここを知りました。直接訪問してお話を聞いたこともあります。ある一定以上の大きさの病院はヒヤリハットを含めて医療事故が起きた場合はここに報告する義務があります。以下のページで事例を検索出来ます。
https://www.med-safe.jp/mpsearch/SearchReport.action
ちなみに、「ワクチン 注射」で検索してみたのですが、出てきたのは
(1)期限切れのワクチンを注射した。
(2)対象者と非対象者を取り違え、打つべき人で無い人にワクチンを注射した。
(3)所定の量の倍のワクチンを注射した。
(4)2ヵ月前に肺炎球菌ワクチンを注射済みなのに本人(やや認知症有り)の言葉を信じて再度注射した。
等々で、なかなか怖いです。
これらの事例を見て改めて分かるのは、たかだかワクチンの接種といっても十分気を付けないとシリアスな医療事故が発生する可能性があるということです。拙速は厳禁です。

ウィルスの伝播性と重症化率

久々にCOVID-19ネタ。
確かウィルスの伝播性と重症化の割合は反比例するというのが定説だった筈が、最近はCOVID-19の変異型が伝播性が高く、しかも重症化しやすい、というこの定説に矛盾する報道が最近目立ちます。
これ本当に定説が間違っていたのでしょうか?
このパンデミックの初期の頃、このウィルスの致死率が非常に誇張されて報道されていました。インフルエンザの10倍とかそういう報道です。しかしそれはほとんどが初期の限られたn数について言っているだけで、結局感染者が増えていくと致死率がどんどん低くなっていくということを既に経験しています。
おそらく変異型も同じことで、伝播性が強ければ感染者が増え、その結果単純に数だけは重症者も増え、それが目立つために「伝播性も強い上に重症化率も高い」という単なる推測での報道が成されているだけだと思います。現時点で変異型ウィルスの致死率についての科学的に信用出来るデータはまだほとんど無いと思います。印象報道に振り回されないようにすべきだと思います。

「名曲名盤」本はもう要らない。

最近家のオーディオシステムを一新して、またクラシック音楽をかなりの時間聴くことが増えたため、何十年かぶりに「名曲名盤」ものを買いました。レコード芸術という雑誌が延々と何十年も定期的にやっているものを、何年かに一回書籍にするもので、これは2017年版です。
読んであきれたのは、
(1)未だにそれかい!
というのが多すぎます。ミュンシュの幻想交響曲、フルヴェン/バイロイトの第九、グールドのゴールドベルク変奏曲、等々。先日知人との論争で深く調べることになったモーツァルトのピアノ・ソナタイ短調(K.310)も未だにリパッティが圧倒的一位。(私はリパッティのイ短調ソナタの演奏はかなり特殊な演奏と思い、これがスタンダードだとはまるで思いません。)
(2)と思ったら流行に流されている!
(1)の一方で、モーツァルトの交響曲については、昔は(1970~1980年代)はワルターかベームかという感じでしたが、この本ではアーノンクールかブリュッヘン。このピリオド演奏というのも一種の流行りものであり、私は廃れる日が来ると思っています。
(3)ちゃんと色んな演奏聴いているの?
私が多分日本の誰よりも多く演奏を聴いていると思われるブラームスの交響曲一番(私はCD、レコードを210種くらい持っています)で、フルトヴェングラーが入っているのはいいとしても、北ドイツ放送響とのものに誰も投票していません。フルトヴェンのブラ1はこれ以外は不要と思うくらいの名演です。
シューベルトの「冬の旅」(60数種所有)についても、フィッシャー・ディースカウで一番いいのは55年のムーアとの初録音のモノラル盤だと思いますが、これに投票している人は一人だけ。クヴァストフ盤に投票している人は0。私が好きなフルラネット盤も0。女声でロッテ・レーマンが入っているのはいいとして、先ごろ亡くなったルートヴィヒや、白井光子に投票している人は0です。要はほとんど沢山聴いていない人が投票しているということです。
昔(1980年代)はLPレコードの新譜は一枚2,800円くらいで今より相対的に高かったので、折角買うなら名演奏のをということでこういう本の需要はそれなりにあったのですが、今はボックスものだと一枚当たり100円くらいのものまである時代で、こういう内容の、しかもほとんど過去と大差無く、さらには演奏の網羅性も薄い書籍が今後生き残っていくのか、正直疑問です。初心者の方にはこういう複数の人の投票制のものより、一人の人が偏見丸出しで選んだ本の方がはるかに面白いと思います。(有用かどうかは保証しかねますが。)網羅性として優れているのは吉井亜彦さんの「名曲鑑定百科」シリーズです。

ケーブル類の交換

最近のマイオーディオでアンプが一応FIX(アキュフェーズのプリメインアンプのE-600をプリとして使い{これ単体でプリメインアンプとして使うより超三結アンプと組み合わせた方が私好みでした}、それに音の工房のSK-60の超三結アンプの部品大幅交換品をパワーとして使う)し、スピーカーも先日ヤフオクで落としたオンキヨーのD-77NEがまあモニタースピーカーとしては優秀ではないかと思い、FIX。そしてSACDプレーヤーとUSB-DACも交換しました。そうなると残りはケーブル類ということになります。ただ私は非常に高価なケーブルの効果については疑問を持っており、ケーブルである程度良質な(良質そうな)ものを使うのは、一種の精神衛生上の問題だと思っています。それでRCAケーブルでモガミの2497という元々マイク用ケーブルだったのを使ってまあいいかなと思った(プラシボ効果ではないかとも思いますが)ので、スピーカーケーブルもモガミにしました。モガミ3104という1mあたり1,280円のケーブルを3m買って、半分に切って1.5mx2で使い、先端処理はYラグを付けました。(写真のようにゴムの被覆の中に4本のワイヤーが入っていますので、対角線同士を結線するスタガード接続にして使っています。)端子加工が非常に大変でしたが、これでまあまあ満足出来る音が鳴っています。

戦争博物館

那須湯元に向かう途中で急に旭日旗が見えたので、何かと思ったら「戦争博物館」でした。最後の公園の子供達の戯画が面白いです。(日露戦争前にアルゼンチンから日進と春日の2隻の軍艦を購入したのは実話です。)当時の中国を日本がどう見ていたかが良く分かります。戦車の横のアイドルの写真はガルパン実写版、じゃなくてそういうミリタリー系アイドルグループがいるみたいです。
真面目な話に戻って、私は戦争は大嫌いですが、こういうものは国がきちんと収集して適切な展示をすべきだと思います。(ちなみに写真は屋外にあったものだけ。館内は撮影禁止でした。)