英語でのシェービングの本

西洋剃刀を使ったシェービングについて、日本語で書かれたものはほとんど見つけられなかったので、Amazon.comで2冊ほど英語の本を取り寄せてみました。中を開いてびっくり。タイトルも著者も違いますが、中味は8割方一緒です。何より使われている写真風イラストがまったく一緒。おそらく、この2冊ともオリジナルではなく、元はアメリカの理髪師の学校で使われていた教科書ではないかと思われます。007のSkyfall(2012年)の中に、ストレートレザーで髭を剃るシーンがあって、それ以来ストレートレザーがブームになっているそうで、この2冊はそういうブームに乗って、昔の本に少し手を加えて復刻したんでしょうね。出版年は2018年と2019年でごく最近です。

岩崎航介氏の「刃物の見方」に、「アメリカの理髪師用の教科書に、剃刀の拡大図が出ていて、それには刃がノコギリ状になっているのがあって、その影響で日本人は剃刀の刃がノコギリ状になっていると思っている。(けどそれは間違いである。)」というのがありましたが、多分最後の写真がそれでしょう。いくらなんでもこんなギザギザにはなっていないです。

ちなみに、砥石による研ぎ方は、いわゆる「8の字研ぎ」になっています。日本の理髪師が剃刀を8の字研ぎで研ぐ人が多くいたのはおそらくこの教科書の影響かと。私は8の字研ぎなんかせずに、普通に研いでいます。

石川忠久の「漢詩人 大正天皇 -その風雅の心ー」

石川忠久の「漢詩人 大正天皇 -その風雅の心ー」を読みました。先日大正天皇の評伝を読んで、また大正天皇が詠まれた漢詩を見てみたくなって買ったものです。
日本で漢詩の創作が一番盛んだったのは江戸時代後半から明治にかけてで、明治時代の新聞には、今では考えられないことですが、漢詩の投稿欄がありました。大正天皇もそんな環境の中で、三島中洲のてほどきを受け、その長いとはいえない生涯で1367首もの漢詩を創られました。これは歴代の天皇の中で圧倒的な一位であり、またその質ももし天皇という激務につかなくて研鑽を積む時間があったら、十二分に漢詩人の大家として名を残したであろうというレベルです。

2つほど紹介すると、まず三島長洲と大正天皇が布引の滝を見に行った時のもので、「観布引滝」です。

登阪宜且学山樵  登阪 宜しく(よろしく)且く(しばらく)山樵を学ぶべし
吾時戯推老臣腰  吾時に戯れに老臣の腰を推す
老臣噉柿纔医渇  老臣柿を噉いて(くらいて)纔かに(わずかに)渇きを医し
更上危磴如上霄  更に危磴(きとう)に上るは 霄(そら)に上るが如し
忽見長瀑曳白布  忽ち見る長瀑の白布を曳くを
反映紅葉爛如焼  紅葉に反映して 爛として焼くが如し

70歳の長洲が山道に苦労するのを、21歳の大正天皇(当時皇太子)が茶目っ気に腰を押してやる、とうのが何とも微笑ましく、長洲の方にもこの時のことを感激して詠んだ漢詩が残されていますので、事実です。

もう一つは、大正3年の「西瓜」です。

濯得清泉翠有光  清泉(せいせん)に濯(あら)い得て翠(みどり)光有り
剖来紅雪正吹香  剖(さ)き来れば 紅雪(こうせつ) 正に香(こう)を吹く
甘漿滴滴如繁露  甘漿滴滴(かんしょうてきてき)繁露(はんろ)の如し
一嚼使人神骨涼  一嚼(いっしゃく)人をして神骨(しんこつ)涼しからしむ

これは詠題詩といって、お題を与えられて詠んだ詩ですが、西瓜の果肉を「紅い雪」と表現するのは非凡な才能と言えると思います。見事な詩です。

私自身も短歌や俳句はまったくダメですが、以前漢詩は何句か作ったことがあります。漢詩は韻や平仄など制約が多いんですが、そんな中で自分の言いたいことを詠むというパズル的な面白さと、自分の知っている古典類を本歌取りのように引用する、という楽しみがあり、結構好きでした。大正天皇以外にも三島長洲に一緒に教わった人はいたのですが、大正天皇以外は皆脱落して、大正天皇だけが残った、ということで、やはり大正天皇の才能は非凡だったと思います。

Should smoking be allowed in public places in Japan? Why or why not?

The following is my essay that I wrote as an assignment for an English school AEON:

Topic: Should smoking be allowed in public places in Japan? Why or why not?
Style: Formal

Regarding this subject, there have been long-lasting controversies between smokers and non-smokers in Japan. Let me marshal points of both sides briefly:

Smokers – smoking should be allowed in public places:
– Smokers are paying a huge amount of tax. The annual amount reaches around 2 Trillion JPY ($18 Billion). Since smokers are contributing a lot to the national budget, they maintain the right to smoke wherever they want.
– Given that drinking alcohol is not prohibited at all in public places in Japan, why should smoking be prohibited? Please note that drinking alcohol in public is strictly prohibited in Australia, for example.
– Nicotine can activate the human brain and increase willingness so that we can prevent depression or other mental disorders and enhance working efficiency.
– Government should not control each individual’s taste. It is the start of fascism since Nazi Germany tried to promote “a healthy empire” by banning smoking.
– Many smokers are now shifting to an electronic cigarette that usually do not harm bystanders.

Non-smokers – smoking should be banned in public places:
– Secondhand smoke contains diversified toxic chemicals that harm bystanders who just breath in the vicinity of smokers.
– In restaurants, the smell of smoke damages the taste of served dishes.
– Smoking increases the risk of fire in public places.
– There might be people who are suffering from asthma or bronchitis in the nearness of smokers.
– Smoking induces many types of diseases including lethal one such as lung cancer so that it increases the cost of our health care insurance system.
– Children or young students might be lured to smoke by seeing some adults are smoking in public spaces.

Both sides have legitimacy in one way or another. It is clear, however, that the number of smokers has been continuously decreasing so that they are becoming a clear minority in Japan. Smokers must be louder in insisting their right otherwise they will lose places to smoke freely more and more.

NHK杯戦囲碁 許家元碁聖 対 小林覚9段

昨日のNHK杯戦の囲碁(先週に続き、今週もTOEICのため録画で視聴)は、黒番が許家元碁聖、白番が小林覚9段です。布石は両者星打ちという、最近では珍しいものでしたが、左下隅で競り合いが始まり、ほとんど見たことがない展開になりました。許碁聖が白に対して覗いたのに、白が反発しましたが、黒は下辺の黒に利かしてから、出切りを決行しようとしました。しかし白は途中で手を抜いて、覗いた黒を取り込みました。代償で黒は下辺で白4子を取り込みましたが、残った下辺の白は死んでおらず、この別れは白の小林9段が許碁聖の強烈なパンチをうまくかわしたという印象で、白が悪くなかったと思います。その後も白は黒のパンチをかわしたり、時には隠忍自重の手を打って我慢し、各所で地を稼いで白優勢な局面で進みました。黒は右上隅の石が弱く、また真ん中の石も左辺と切り離されると弱いですが、許碁聖は単につながるような手は打たず、上辺に踏み込んだ勝負手を放ちました。この勝負手はかなり無理気味で、黒ははっきり二つに分断され、両方をしのぐのはかなり大変そうでした。しかし許碁聖はその後も強手を連続し、結局左辺の白と中央の黒の振り替わりになりました。この振り替わりは白地の方が大きく、これで白勝勢かと思ったのですが、そこからの許碁聖の粘りが素晴らしく、結局中央の黒を攻め取りにし、左辺での白3子の抜きを先手にし、これで黒がかなり形勢を持ち直したどころか逆転したようです。その後ヨセで劫を含む小競り合いが続きましたが、黒地が優り、小林9段の投了となりました。

TOEIC S&W 2回目の受験

TOEICのSpeaking & Writingのテストを終了。先週がL&Rで2週続けてのTOEICで中々ハードです。会場は第1回目の受験と同じ、京急川崎駅近くの外語学校です。
今回スピーキングは前回よりはかなりマシで後半の60秒しゃべらないといけない2問も時間が余ることなくむしろ足らない位で、十分しゃべれました。前回つまづいて途中でしどろもどろになった、ある問題を解決する提案は、「オフィスの紙のサプライヤーが突然15%の値上げを通告して来た。予算は決まっていて値上げは受け入れられない、どうしよう」というもので、そんなの社員を集めて相談するような話ではなく、さっさと別の業者を探せばいいだろうと、インターネットの価格比較サイトを使ったら、とか適当に述べて問題無し。最後の問題も問いが何だったか忘れてしまいましたか゛まあまあしゃべれて、点は前回よりは間違いなくいいと思います。
ライティングも大きな問題はありませんでしたが、最後の30分かけてのエッセイでは、最後にある個所をより良い表現に修正しようとしていて、残り時間を見てなくて、修正しきれなくておかしな表現が残ってしまいました。しかしお題は「就職希望者への面接を電話で行うことをどう思うか」で、全部で380語のエッセイ(要求は最低300語ですが、多少長いくらいが点数がいいと言われています)が書け、理由も3つ挙げそれぞれに具体的な例もつけたので、出来は悪くないと思います。
まあトータルでまずますです。今考えると前回の受験は準備不足だったと思います。