WE300Bの復刻版(1997年)の測定結果


ウェスタン・エレクトリックの復刻版の300Bの特性をeTracerで測定しました。その結果、昨日も書きましたが、ペア管という点では見事なほど2本の特性は揃っており、また新品からの劣化もほとんど感じられない測定値です。ただ一つ不思議なのが高すぎるプレート電流です。一応標準が60mAで出荷時の値も57.7mAでほぼ標準値なのですが、本日測った結果は標準より20%も高いです。私がこれまでこの測定器で50本くらいの中古・新品の真空管を測定した結果としては、真空管は時間が経つほどプレート電流が低下します。なのにこのWE300Bは2割も増えているのです。最初eTracerの測定条件が、WEのと違っているせいかと思って、プレート電圧とグリッド電圧、フィラメント電流・電圧を全部合わせてやってみましたが、結果はほぼ同じでした。また、手持ちの他の300Bの5種類の測定結果も大体45~60mAの範囲で、70を超えているものはありません。まあプレート電流の最大値は100mAなので、余裕が無いほど高い訳ではありませんが、理由が分からないのでちょっと気持ち悪いです。なお、プレート電流が高いほど低音が引き締まるということのようで、それは昨日の聴感とは合っています。
念のため、フルスキャンしてEb-Ib曲線を取ってみましたが、やはりプレート電流値が高めで、グラフが立っています。

追伸:その後、ウェスタン・エレクトリック自身が出しているWE300Bのデータシートに出ている、プレート電圧、グリッド電圧と、プレート電流の関係は、前2者が300V、-58Vの場合、75mAと読み取れました。これが正しい標準値だとすると、今回測定した2本はそれが4%弱低下しており、他の項目との整合性が取れています。となるとおかしいのは出荷時の測定データで、おそらく何らかの理由があって測定条件が書いてあるのと違うように思います。いずれにせよ、結論としては今回購入した2本は特性的には経年変化の影響も非常に少なく、まったく問題無いということになります。

追伸の追伸:
サンバレー(旧キット屋)のブログによると、1997年の復刻品ではなく2021年の復刻品ですが、プレート電流が60mA強~80mA後半に分布しているロットもあるとのことです。今回入手したもののデータシートは、ウェスタンエレクトリック側が別のロットのと間違えたのではないかと思います。(ちなみに最初販売店が別の球の成績書を間違えて入れたのかとも思いましたが、成績書のシリアル番号と球自体に記載しているシリアル番号は一致していました。)
追伸の追伸の追伸:
etracerの設定をプレート電圧:300V、グリッド電圧:-60Vでテストして、プレート電流が右60.7mA、左が61.5mAとほぼ標準的な値になり、また他の値もほぼ標準値となりました。いずれにせよ、今回入手した球はほぼヴァージン管だと思います。これで2本で$1,300はお買い得でした。音が期待外れだったのは、100時間くらいのエージングが必要ということでしょうね。

ついにご本家300Bを入手…しかし…

ついに憧れの(?)ご本家ウェスタン・エレクトリックの300Bを入手しました。といってもいわゆるヴィンテージ管ではなく、1997年8月製のご本家による復刻管です。非常に期待してアンプに装着して聴いてみましたが、その結果は「え、この程度?」という感じでした。確かに低域の引き締まりと定位はいいと思います。しかしそれに比べると中高音が床から離れてふわふわ空中に漂っているような音で、大変聴きやすい音であるのは確かですが、あまりHiFiという感じがしない音です。繊細さも、PSVANEのWE300Bの方があるように思います。PSVANEのWE300Bを聴いた時はとても気に入って、ずっと聴いていたい気持ちになりましたが、このご本家の音はちょっとがっかり感が先に立ちます。なお、eTracerで特性をチェックしましたが、左右はかなり揃っていて、また内部抵抗などもそれほど増大しておらず、あまり使われた形跡がありません。これを最初に買った人も、最初は大いに期待したけど、聴いてみたらがっかり、ということなのかもしれません。ヴィンテージのWEの音は知りませんが、この復刻版300Bの音を聴く限りにおいては、ウェスタン・エレクトリックのものだけが別格で他を圧倒する、ということは無いと思います。各社の300Bには良い所と悪い所があり、単純に順列を付けられるようなものではありません。今回のご本家の復刻版、たとえば10種類の300Bでテストしたら、まあ上位4位以内くらいには入るでしょうが、1位にはならないと思います。

キャプテン・スカーレットの”Dangerous Rendezvous”

キャプテン・スカーレットの”Dangerous Rendezvous”を観ました。今回のミステロンズの狙いは何とスペクトラムの本部基地であるクラウドベースで、真夜中に爆破すると予告します。一方、前回月面のミステロンズ基地から持ち帰ったエネルギー源のクリスタルを研究し、それを使ってミステロンズと通信出来ることが判明します。カーネル・ホワイトはそれを使ってミステロンズにそもそもこちらがミステロンズの火星の基地を攻撃したのは誤解からということを説明し、和平を提案します。2時間後、ミステロンズから返事があり、アイスランドのある荒地に通信装置も武器も無しで一人を寄越すようにということで、キャプテン・スカーレットが志願します。スカーレットはその地点に近付くと飛行機は放棄し、パラシュートで脱出するよう命じられます。会見ではミステロンズ側の映像は見ること出来ず声だけが流れます。しかしそれはキャプテン・ブラックで、彼はテープレコーダーで同じメッセージ(そちらが始めた戦争でありミステロンズは復讐を継続する)だけが流れ続け、ブラックは姿を消します。録音に気がついたスカーレットがガラスを割って録音機を見ると、その側には例のエネルギー源のクリスタルがあり、点滅を始めていました。すぐに爆発することを悟ったスカーレットは不死身の力でなんとか脱出します。スカーレットはホワイトベースにあるクリスタルも同様に爆発することを察知し、それこそがミステロンズの予告の正体であることを見破ります。しかし通信装置を持っていないため、至近の通信基地まで行って、そこでリード線を切断した上で、接触と切断を繰り返してモールス信号をホワイトベースに送ります。間一髪でホワイトベースに伝わり、クリスタルが窓から捨てられて、ギリギリ助かるという話です。
しかし通信基地の装置が真空管だったのは笑えました。この番組は1960年代だからその時代に真空管はいいとして、近未来の設定の筈が未だに真空管というのがちょっとミスマッチでした。何となくKT88のプッシュプルぽかったです。(笑)ドラマの中で、ミステロンズのクリスタルを解析して通信装置を作った科学者がスペクトラムの通信システムについての説明を受けて「何て最先端の仕組みなんだ!」と感嘆する場面があり、最後の真空管はわざとそれと格差を付けたんだと思います。

TU-8200Rのデュアルモノ、各種出力管の比較に最適

TU-8200Rのデュアルアンプは出力管の聞き比べには非常に便利であることを発見しました。
真空管はご承知の通り、ヒーターまたはフィラメントが温まるまで時間がかかり、真空管をすぐ差し替えても、本来の音を聴くには待たないといけません。しかし、このデュアルアンプなら、スピーカーを接続していないチャネルに次にテストする真空管を刺しておけば、ヒーターは暖められますので、スピーカーの接続と入力のチャネルを切り替えれば、すぐ新しい真空管のテストが出来ます。
なお、このTU-8200Rは自動バイアス機構が入っているので、EL34、6550、KT66、KT77、KT88、6L6GC等がバイアス調整無しで差し替え可能です。左右の回路は独立していますので、左右で別の真空管を刺してもデュアルモノの構成では問題ありませんでした。(あくまで待機状態としてです。1台のアンプの左右に別の真空管を刺して鳴らすのはさすがに止めた方がいいと思います。)

写真はJJ製EL34とGenalexのKT77(ロシア製)を比較しているもの。JJのEL34はまだ買ったばかりでちょっと高音が強すぎてキンキンする感じです。それに対しKT77は、高音の品位が高いです。(KT77というのはKT88とかの類似管ではなく、EL34の高級グレードとして企画されたものです。但しビジネスとしては失敗して、マイナーな存在です。

NHK杯戦囲碁 富士田明彦7段 対 余正麒8段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が富士田明彦7段、白番が余正麒8段の対戦です。布石は比較的淡々と進みました。局面が動き出したのは白が右上隅に上辺からかかった石を放置していたのを動き出してからです。白が攻め返して上辺の黒が中央に一間トビしているのにボウシしたのがやや打ち過ぎで、黒が右辺の白とこのボウシした白を切り離して打ちやすくなりました。しかし白は後にこの中央の白を動き出し、中央での戦いになりました。黒が中央から左辺にケイマして中央の白を攻めたのに白がすかさず切断を決行したのが、機敏でした。黒は上辺を諦め中央の白への攻めに賭けました。しかしこの白はなかなか攻めきれず、黒は更に右上隅から中に延びる白の一団を攻め、右上隅でこの一団を二つに切断しようとしましたが、先に当てを打つべきだったのを打たずに切断に行ったのが間違いで、白は連絡し、なおかつ上辺の黒を取り込むという大戦果を挙げました。こうなると中央の黒の大石の眼が無く、かつ左辺と左下隅も怪しいという黒が一方的に攻められる展開になりました。左辺と左下隅は白が無理に取りに行かなかったので両方活きましたが、中央の黒が2つに分断されて両方に眼が無く、黒の投了となりました。