フローレンス・ナイチンゲール

ナイチンゲールについてちょっと知りたくなって(もちろん子供の時から名前は知っていますが)Amazonでポチってみたら、子供(中学生程度)向けの伝記でした。それでも色々なことを知ることが出来ました。ナイチンゲールというとクリミア戦争の時の野戦病院での、慈愛に満ちた「ランプを掲げた淑女・天使」のイメージが一般に通用していますが(それはビクトリア朝において作り上げられたイメージでもありますが)、実際の彼女は「戦う女性」でした。ありとあらゆる社会の不平等や不道徳と一生をかけて男性中心のビクトリア朝の社会の中で戦った女性でした。プルーストの「失われた時を求めて」の中に、真の慈愛の化身というような人は、実際にはいかなる憐憫も同情も顔に出さない、人を傷つけるのを恐れない、しかしそうした優しさを欠いた、感じの悪い、しかし崇高きわまりない顔こそ真の善意の顔である、というのが出てきますが、まさしくナイチンゲールこそそういう女性でした。
また独学で数学と統計学を学んで(グラフの一種であるレーダーチャートを発明したのはナイチンゲールだったってご存知でしたか?)、病院建築・病院経営の合理化にも尽くした人で、これまで思っていたよりはるかに巨大な方でした。新型コロナウィルスの蔓延の中、たった今も世界の多くの場所でナイチンゲールの精神を受け継いだ看護師さんが病気と闘う患者さんをケアしています。

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の19回目を公開

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の19回目を公開しました。新型コロナウィルスにも負けず、私は私の出来ることを粛々とやっていきたいと思います。
これまでラテン語の訳に時間がかかっていましたが、第3章に入ってからはドイツ語の本文も結構難しくて時間がかかっています。実はヴェーバーが大学に博士号論文として提出したのはこの第3章だけだったみたいで、その意味で中心的な章ですが、それだけに色々錯綜していて大変です。

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の第18回目を公開

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の第18回目を公開しました。
ヴェーバーが後に「理解社会学のカテゴリー」で展開する、ゲマインシャフトとゲゼルシャフトを対立概念として捉えずに、ゲゼルシャフトがゲゼルシャフトの特別な場合と捉える考え方のルーツはこの論文での研究にあるのではないかと思います。ヴェーバーは商業におけるゲゼルシャフト形成において、家ゲマインシャフトと同じ原理が適用されたと論じています。

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳第17回目を公開しました。

ちょっと間が空きましたが、ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の第17回目を公開しました。この部分ではシチリア島が多く登場します。シチリア島のイメージはマフィアかヴェルディの「シチリア島の夕べの祈り」で、どちらにしても結構暴力的なのですが、実は歴史的にはラテン文化、ギリシア文化そしてゲルマン文化が融合した興味深い場所なのだということが分かりました。

黒川伊保子編著の「妻のトリセツ」

黒川伊保子編著の「妻のトリセツ」を読みました。これと「夫のトリセツ」がベストセラーになっているので、どんなものか読んでみたもの。私は結婚していないので別に奥さんのご機嫌を取る必要はありませんが、会社で何故か部下の8割が女性なので、何かの参考になるかと思って買いました。結論から言うと、典型的な「バイナリー」な(0か1かと言った二分法の)発想の本で、人間の脳のタイプを「男性脳」「女性脳」で二つに分けて、それぞれの特徴から妻の扱い方を説明しています。それはそれで参考になるのでしょうが、私はこの本で勧められている夫の言動(例:「君の味噌汁を飲むのも、もう20年になるんだね。」)は、ほとんど出来の悪いホームドラマという感じで、こんな(クサい)セリフを言われたらむしろ吹き出してしまう方が多いのでは。また人間の脳は二種類に分けられる程単純なんでしょうか。例えば私は男性ですが、地図を読むのは得意ではなく方向音痴で、車を運転する時は100%ナビに頼りますし、車庫入れも下手です。大体この人、AIの研究者であって、脳科学の専門家ではありません。またこの本で書かれているような女性脳の特徴は、生物としてのホルモンなどの影響はもちろんあるのでしょうが、それより小さい時の育てられ方の違いも大きいと思います。そういう意味である意味「女性的」「男性的」という偏見というか伝統的な考え方を固定して広めている、といった良くない印象も受けます。まあ話のネタにはなりますが、その程度の本です。