獅子文六の「大番」(下)

獅子文六の「大番」(下)を読了。上巻はギューちゃんの恩人の木谷社長が自殺する所で終わりましたが、失意のギューちゃんは帰農するつもりで故郷の愛媛に戻ります。しかし、都会暮らしですっかり体力が落ちたギューちゃんにはもう農業は出来ず、大阪と愛媛の間でのヤミ物資の取り引きに手を染めることになります。太平洋戦争が始まって、この戦争は負けると予感したギューちゃんは再び株を始め、日本の負けで相場が下がると予想しますが、案に相違して初戦は日本軍が勝ち続け、ギューちゃんはヤミで儲けた資金をすっかりすってしまいます。戦争中はそういう訳でぱっとしなかったギューちゃんですが、戦後2年目で再び東京に出て、また株を始めます。戦争前に大損して迷惑をかけていたため、戦後新しく開設された取引所の正会員になるのに苦労しますが、パルプ産業の将来性を見抜いて大規模な買いを行い、大きく当てて大丸証券を設立します。その後は色々紆余曲折があるのですが、女好きのギューちゃんは最大で6人の女性を囲います。しかし、心に秘めているのは、故郷で天皇と言われた森家の令嬢の可奈子さんで、戦後は森家は没落しますが、ギューちゃんは何かと可奈子さんの世話をします。しかしギューちゃんの一生を賭けた恋の結末は…
「悦ちゃん」は子供向けの作品ですが、「大番」は完全にアダルト向けの作品。しかもお堅い週刊朝日での連載だというのがちょっと驚きです。経済小説として見ると、今の経済小説に比べると深みはありませんが、花登筺の「どてらい男」のような一代でのサクセスストーリーの嚆矢のような作品だと思います。

大番(上)へ

獅子文六の「大番」(下)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 獅子文六の「大番」(上) | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です