白井喬二の「侍匣」

白井喬二の「侍匣」(さむらいばこ)を読了。白井喬二の作品については、現在入手可能なものはほとんど入手しましたが、日本の古本屋サイトで、目録にあって在庫がないものについて、リクエストを出していますが、その中の一つに商品が入ったというメールがあって、入手したものです。1941年に出版された短篇集で、その内容は、「時鳥」、「感化れ」{かぶれ}、「悔武者」、「胡粉妻」、「竹光」、「手裏剣」、「善政」、「殉死祭」、「写真伝来」、「西南役」、「銀髪」、「阿らず」{おもねらず}、「玉の輿」、「平凡小次郎」、「花刀」になります。実はこれらの作品は戦後の短篇集「時鳥」とかなりの部分同じです。この作品集で初めての作品は、「竹光」「手裏剣」「善政」、「銀髪」、「花刀」の5作品です。「殉死祭」は「時鳥」では「残生記」というタイトルに変わっていますが、同じ作品です。
「侍匣」という変わったタイトルは、様々な侍の生き方を集めた蒐集箱とでもいった意味でしょうか。「時鳥」の作品と同じで、今回読んだ作品も、一ひねりしてあってなかなかユニークな作品です。その中では、手裏剣は斬るものか撃つものかを悩む手裏剣師の話である「手裏剣」がちょっと面白いです。「善政」は奥州白河の城主が善政を敷こうと「目安箱」を設けるのですが、本来の目的にはほどんど活用されません。ただ一通それらしいことを書きかけたものに目を付け、そこに書かれた家来をよく事実を確かめもせず、一種の見せしめに閉門にします。そして後にその家来を許そうとしますが、その使者をその家来が斬ってしまい、不幸な結果に終わるという話です。

白井喬二の「侍匣」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 白井喬二作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です