毎日新聞社学芸部編の「第四十七期本因坊戦七番勝負 決闘譜」

毎日新聞社学芸部編の「第四十七期本因坊戦七番勝負 決闘譜」を読了。趙治勲名誉名人と、小林光一名誉名人が1992年に本因坊戦で激突したものです。小林光一名誉名人は、正確には名誉棋聖 名誉名人 名誉碁聖の名誉三冠を持っています。棋聖は8期、名人も8期も取っています。しかし、三大タイトルのもう一つである本因坊だけは一度も取っていません。挑戦していない訳ではなく、4回挑戦者になっています。その相手がなんと全て趙治勲名誉名人でした。
最初が第37期(1982年)で、この時は4-2で趙治勲名誉名人が防衛しています。
次は8年後の第45期(1990年)で、この時には小林光一名誉名人が全盛期に入り、名人・棋聖・碁聖の三冠王として本因坊一冠だけの趙治勲名誉名人に挑戦しています。この時趙治勲名誉名人は、1勝3敗から3連勝して防衛するという離れ業を演じています。
次が46期で、2年連続で同一カードです。この時は趙治勲名誉名人は最初2連敗し、そこから4連勝するという、またしても逆転劇を演じて防衛しています。
その次が47期で、何と3年連続の同一カードです。この時はなんと、趙治勲名誉名人が3連敗して、誰もが小林光一名誉名人の大三冠(棋聖・名人・本因坊を同時に取ること)達成だと思ったのですが、そこから趙名誉名人が4連勝し、またしても奇跡の逆転劇を演じます。
このため、小林光一名誉名人はついに大三冠もグランドスラム(七大タイトルをすべて1回以上取ること)も達成できませんでした。これに対し、趙治勲名誉名人は大三冠を2回達成していますし、グランドスラムもやっています。ついでながら、二人の対戦成績は小林名誉名人から見て63勝66敗でほぼ互角です。この本因坊戦で戦っている頃は、むしろ小林名誉名人の方がリードしていました。
趙治勲名誉名人はこれまで3連敗4連勝を3回もやっています。その不屈の闘志に感動するしかないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.