Online dating

先日の”arranged marriage”に続いて、英会話教室AEONの英作文課題として、”Online dating”について書きました。両方が関連あるトピックです。今回教師による修正箇所は6箇所でした。下記は修正済みのものです。

Topic: Online dating
Style: Formal

(Please refer to my previous essay about “arranged marriage”, since two topics are quite closely linked each other.)
As we have seen in my previous essay about “arranged marriage”, there has been a quite drastic shift in the form of marriage from traditional arranged marriage to love marriage in just 70 years. The problem that we should carefully watch is whether people in Japan could smoothly adjust to this rapid change. From my personal experiences, there are many not pure “boy/girl-meets-girl/boy” type love-marriages in the high dominance of love marriage as 87.7% in years from 2010 to 2014. It is difficult to know exactly how much is the pure type, because most married couples might be reluctant to tell the truth of their first encounter if it was not a genuine type of love affair.
As collateral evidences, some statistics by IBJ, an organization of collected dating services in Japan, are introduced here. The number of the service companies under IBJ is 1,771, and collectively they have more than 59,000 customers. IBJ estimates the number of potential customers (namely the unmarried) as 6 million and the market size as 200 billion JPY ($1.8 billion). The service they offer is practically an Omiai itself. The difference between old and new Omiai is just who takes care of combining unmarried couple: the relatives or some acquaintances (in the past) or a service company (now).
In Japan, we call marriage related activities “Konkatsu”, being derived from the word “Shukatsu” (activities trying to get a job). It means that it is quite difficult for many young people to find a good counterpart and they need some special activities. In the past, Gokon, a matchmaking party, was popular as an example of such activities. It seems, however, online dating services operated by the companies under IBJ have replaced Gokon. There were some negative images for such services in Japan, since there was a service called Terekura (telephone club) that was often abused for prostitution by amateurs in the late 1980’s. It can be observed, however, that popularization of smartphones and SNS services might have improved the negative image of online dating services at a rapid pace.

「謎の円盤UFO」の”Reflections in the water”

「謎の円盤UFO」の”Reflections in the water”を観ました。終わりが近づくにつれ、脚本のレベルが上がって来ているように思います。今回はエイリアンはいつものちまちました攻撃ではなく、とうとう50機という大編隊で地球を襲おうとします。更にはその準備として凝っているのが、火山島の中にUFOを潜ませておく基地を作り、さらにはその近くの海底にドームを作り、その中に何とSHADO本部とまったく一緒の設備を作り、そこで働くスタッフもストレイカー司令官を含め全員そっくりさんを揃えています。で、その目的はムーンベースとインターセプター、そしてスカイダイバーに対して、UFOが襲来しても攻撃するなという嘘の指令を出すことでした。しかしよく考えると本物のSHADO本部の方が機能しないようにしている訳ではないんですから、発信場所からすぐばれそうなものですが…今回またもストレイカーは司令官にあるまじき行為で、フォスター大佐と一緒に海底ドームの調査に乗り出し、あわや、ということになります。
最後は、インターセプターとムーンベースに備え付けのミサイル迎撃車、スカイワンの総動員で、50機のUFOを皆殺しにするというある意味カタルシスのある結末でした。インターセプターは3機しかなくて、UFO3機しか墜とせない筈ですが、何故かこの回では途中でミサイルを補給しています。

「謎の円盤UFO」の”The psychobombs”

「謎の円盤UFO」の”The psychobombs”を観ました。エイリアン側が行った数々の作戦の中で、今まで観た中ではもっとも効果的でSHADOに大きなダメージを与えました。更には後一歩でSHADO本部もストレイカーを始め多くのスタッフもろとも爆破される寸前でした。SHADOの防衛網をかいくぐってイギリスに着陸したUFOが催眠電波みたいなもので3人の男女を操ります。この3人はUFOに操られている状態では、人間としては考えられないようなパワーを出します。そのパワーでまず武器も無しにSHADOのレーダー基地に潜入し、高圧電線をショートさせて基地を爆破します。この攻撃に関してはストレイカーに降伏勧告状が届いており予告されたものでした。予告の次のターゲットはスカイダイバーの3号機で、厳重な警戒にも関わらずエイリアンに操られた男がスカイダイバーに乗り込み、やはり電源をショートさせてスカイダイバーを爆破します。最後のターゲットがストレイカー司令官とSHADO本部であり、エイリアンに操られた女性がやはりSHADO本部の主電源をショートさせようとします。しかし危機一髪でスカイワンが操っていたUFOを撃破して助かる、という話しです。
写真は基地から発進するスカイダイバーです。(この後爆破されてしまいますが。)
ちなみに、「謎の円盤UFO」の撮影は最初に使っていたスタジオが使えなくなって、数ヶ月中断して別のスタジオでの撮影になります。その中断の影響で一部の役者が継続して出られなくなり、例えばフリーマン大佐は後半の話には登場せず、替わってレイク大佐(女性)が登場しています。ムーンベースのエリス中尉も後半は登場していません。

「謎の円盤UFO」の”The man who came back”

「謎の円盤UFO」の”The man who came back”を観ました。後半になると段々とUFO側の攻撃が合理的になって来た感じで、今回は3機で襲来し、1機がコースを変えてSIDを攻撃しに行きます。インターセプター1機が後を追いかけましたが間に合わず、SIDはUFOの攻撃で完全には破壊されなかったものの、機能停止してしまいます。このチャンスに大挙襲来すればと思いますが、UFO側はまたも回りくどい作戦を取り、ルナモジュールで地球に帰還しようとして事故ったクレイグを捕まえ、その意識を消してあるプログラムを入れ、外から無線で操ります。この辺り、”Kill Straker!”とストーリーがかぶるのがイマイチです。そのクレイグは最初にSIDを作った一人で、SIDの修理に必要な人間です。クレイグとペアになる人間は、もう一人のエンジニアとフォスター大佐でしたが、クレイグはエンジニアを殺そうとし、またフォスター大佐にトレーニングルームで怪我を負わせます。こうなると後はSIDのことを知っているのはストレイカー司令官一人となり、クレイグとストレイカーがNASAのロケットでSIDの修理に向かいます。そこでクレイグが…という話しです。結局ストレイカーは助かるのですが、一人だけでSIDの修理が出来たのか気になります。またエイリアン側から見れば、SIDの監視網が不在でしかもストレイカーが不在の今は攻撃のチャンスの筈ですが…

小津安二郎の「麦秋」

小津安二郎の「麦秋」を観ました。紀子三部作の二番目です。ですが「晩春」の紀子とはがらっと性格が違い、持ち込まれた縁談を断り、自分で相手を決めます。しかし単純に見合い結婚から恋愛結婚へ変わったと言えないのは、本人同士が結婚を約束する前に、紀子と相手の矢島(一度結婚していますがその妻は病死し、女の子が一人残されています)の母親の間で結婚が決まってしまう、というこれもある意味とても日本的です。「晩春」の紀子から「麦秋」の紀子への変化は、昭和20年代で女性の考え方ががらっと変わっていったことの反映なのか、小津監督が前作とはまったく違った紀子を描きたかったのかは分かりません。
紀子以外で興味深いのが、昭和24年から26年でわずか2年の間に、日本の復興が進み、豊かになっていることです。特に紀子の家に電話があるのに驚きました。この時代に家に電話機があるのはかなり豊かな家ということなのではないでしょうか。しかしそういう日本の復興の中で、紀子の母親は今でも南方戦線に送られ生死不明で未だに戻ってこない紀子の兄を待ち続けている様子が描かれます。
笠智衆は今回は紀子の父親ではなく、兄であり、かなり若々しく描かれています。また紀子のある意味非常に勝手な行動にもかかわらず、他の家族が皆紀子のことを本当に心配しているというのがちょっと心を打ちます。また紀子の会社の専務から持ち込まれた縁談について最初は皆乗り気だったのが、相手の年齢が40歳と分かったら急にトーンダウンするという現金さも面白かったです。
原節子の演技は、「晩春」の時は不自然な笑顔が気になったのですが、今回はより地に近い感じで演技しているという感じで笑顔はこちらの方が自然でした。