シジュウカラが今年も巣に入ってくれました!

奥飛騨温泉への2泊3日の旅行から戻って来たら、玄関の周りで鳴き声が聞こえるので、もしやと思ってしばらく見守っていたら、今年もシジュウカラが巣箱に入ってくれていました!左の写真は2007年5月のもので、その時は巣箱は新品でしたが、現状はそれから15年経っていてかなり古びています。また昨年も巣箱に入ってくれて無事巣立ちしたと思いますが、その後中を掃除したりもせず放置していました。それがかえって自然に近くて良かったのかも。巣箱の現状はこんな感じです。

ハクセキレイの幼鳥


このブログは「知鳥楽」という名前ながら、最近野鳥が登場することがありません。最近は撮りには行っていませんが、昔撮影した中でお気に入りのものをアップします。この写真はハクセキレイの幼鳥で、葛西臨海公園でデジスコで撮影したものです。2007年の8月の撮影です。クリックで拡大します。

安藤健二の「封印作品の謎」(テレビアニメ・特撮編と少年・少女マンガ編)

年末・年始の休みに、安藤健二の「封印作品の謎」(テレビアニメ・特撮編と少年・少女マンガ編)を読みました。ウルトラセブンの「ひばく星人」の話なんかはもう聞き飽きていて、中身もかなり前にYouTubeかなんかで視聴済です。「怪奇大作戦」の封印話もニコニコ動画で公開されています。サンダーマスクも、ごく一部はインターネット上で視聴可能です。なのでテレビアニメ・特撮編はそれほどインパクトが無く、少年・少女マンガ編の方が面白かったです。特に藤子不二雄の両名が共作したマンガ、特に「オバケのQ太郎」が封印されていて、長い間買うことが出来なかったというのは初めて知りました。それも原因がFとAの両氏が不仲になったからではなく、その本人の周りの女性達がお互いの利益を優先して話し合うことが出来ていなかったとうのが真相のようでした。それと同じようなのが「キャンディ・キャンディ」を巡る原作者と漫画家の争いで、裁判の結果としては原作者が100%勝ったのですが、マンガの原作というのはおそらくマンガの創生の時期には無くて、1950年代後半くらいからマンガ雑誌が多数創刊され、漫画家だけでは大量の需要に応えられない所から考案されたものだと私は理解しており、漫画家の方が「皆に愛される絵を描いたのは私なのに」著作権的にはあくまでも共同にしかならないジレンマというのは理解出来なくもないです。また黒人差別問題で「ジャングル黒べえ」が一時封印されていたというのも、確かに日本人が伝統的にイメージしている「土人」的イメージに近いけど、決してアフリカ系アメリカ人を揶揄するようなものではなく、なかなか難しい問題をはらんでいるように思いました。
この手の本はどちらかというとオタク的興味から書かれることが多いと思いますが、この作者は非常に地道に関係者に聴き取り調査をして色々な隠された事実を明るみに出してくれていて、そこは評価出来ます。

シジュウカラが巣箱を使ってくれました。

玄関の所でやたらとシジュウカラが鳴いています。どうやら14年前に設置した巣箱を使ってくれているみたいです。これで3回目です。前回からかなり間が空いています。最近私が住んでいるところの周りがやたらと宅地開発されて、緑が減っているので、エサを運ぶのは大変だと思いますが、なんとか無事に育って欲しいです。(写真は昔のです。)

アニマルカフェジャンゴー狸小路店

2017年5月1日の夜、食事を終わって狸小路商店街をぶらぶら歩いていたら、アニマルカフェジャンゴー狸小路店という店を発見しました。店内で放し飼いの鳥と戯れることができるお店です。100円でヒマワリの種を買って手の平に載せると、インコがわらわら飛んできて手や肩に止まってくれます。昼間旭山動物園に行って、夜アニマルカフェですから、私の動物好き・鳥好きも相当なものです。鳥好きの人には本当にお勧めです。