NHK杯戦囲碁 山田規三生9段 対 西健伸3段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が山田規三生9段、白番が西健伸3段の対戦です。西3段は初出場です。黒が比較的腰を落としたじっくりした布石でした。局面が動いたのは、黒が上辺の白の模様を消すのと、右辺の自分の模様の拡大を兼ねて、右辺の石から中央に三間に飛んだ時でした。これに対し白は上辺を受けるのは利かされと見て、黒の三間飛びの間を割って行きました。それに対し黒が中央から下方に一間トビした後、白は右下隅の黒の大ゲイマジマリに付けて行きました。その後の折衝で黒は右辺を通して地にし、白は中央が全部つながって厚くなり、最初に黒が白模様を消しに行った中央の2子が取り残された形になりました。この黒への攻めがどの程度利くかが勝敗の分かれ目になりました。黒は上辺へケイマし白に付けられた時、勢いでハネましたが、すかさず白に切られ、この戦いの成算が無く、やむなく左上隅の三々に転戦しましたが、元々単なる三々打ち込みはあった所なのでちょっとチグハグな打ち方でした。その後も白は中央の黒への攻めを継続し、正しく打てば黒の一部をもぎ取ることが出来たようですが、黒は結局頑張ってすべてをしのぎました。ただ下辺にはそれなりの大きさの白地が出来ました。この収支は黒が地合でリードしており、大ヨセで最大の左辺の二間ビラキに回ることが出来ました。白は劣勢を意識し、その開いた石に付けて行きましたが、黒はその1子を捨てて中央の白を取りに行き、これが決まって黒の中押し勝ちとなりました。

NHK杯戦囲碁 秋山次郎9段 対 坂井秀至8段

本日のNHK杯戦の囲碁は秋山次郎9段と坂井秀至8段の対戦です。秋山9段は天元戦で挑戦者になったことがあり、坂井8段は碁聖の獲得経験があり、がっぷりつり合った対戦です。内容は坂井8段が両三々から始まって序盤から地を稼ぎました。対して秋山9段は左下隅でわざと白に出切らせてサバキに行きました。うまく捨て石して外回りを目指しました。ただ、白の実利も大きく、また黒が左辺と上辺の連絡が上手くいかず、大ゲイマで白の右上隅と左辺の間を切りに行きましたが、逆に白からその間を切断されました。そして上辺左の黒を強化するために左上隅の白を固める手を打ちましたが、その後裾を止める手を打たないで中央を打ったため、すぐに白からすべられてしまいました。この辺りちょっと打ち方が一貫していなかった感じです。結局白が大きく地合いをリードして中盤に入りました。黒は右辺の白の三間ビラキの真ん中に打ち込み、地をえぐるのと同時に白の壁を攻めようとしました。白は構わず下辺を打ち、更に右下隅もえぐりました。しかし結果的には右辺をもう少し備えていた方が優ったのではないかと思います。右辺は黒から攻めていって効になりましたが、劫材は黒の方が多い状況でした。白は上方へ脱出してあわよくばそちらの白と連絡してしのごうとしました。黒は下辺の白にもたれて、2子を捨て石にすることで中央に利きを作り、それで右辺の白を取ってしまおうとしました。結局白が黒2子を取ってしのぎましたが、下辺を受けていられず、時間ツナギで利かそうとした石を含め、また右下隅に利かした石も全て取り込まれてしまい、黒が大きな戦果を上げ、ここで細かいながら逆転したようです。結局黒の2目半勝ちでした。

NHK杯戦囲碁 苑田勇一9段 対 富士田明彦7段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が「西の宇宙流」で有名な苑田勇一9段、白番が富士田明彦7段の対戦です。富士田7段は昨年度全棋士の中で勝率1位という華々しい活躍をしましたが、なんと今回が初出場です。この碁のポイントは右上隅で星の黒が白に両ガカリされ、一方にツケノビた後、白が隅に延び込んで来たのに押さえず、もう一方の白に付けていき、白がまた隅に延び込んでというまったく見たことがない展開になったということです。その後の折衝で黒は上辺の白に切り込みを入れ、2子にして捨て、その利きで右辺を上手く処理しようとしました。しかし白はそれに反発し、当たりに受けずに逆に黒1子を当て返しました。この結果、お互いの抜き抜きの振りかわりになりました。白は黒の想定図は外しましたが、黒が厚く黒の悪くない結果でした。その後黒は右辺の白を劫で切断する手を見ながら攻めることにより、気がつけば中央に30目以上の黒模様が出来、「西の宇宙流」の面目躍如の展開になりました。ここまでは黒が優勢でしたが、ヨセで緩みが出て、白に追い上げられました。特に左下隅で這いを打って活きを確保する手を打たなかったのは問題で、逆に白から押さえを打たれた結果、単独では活きがなく、中央に連絡する必要があり、白から色々利かされ、白の下辺の地が大きくまとまる結果となりました。それでもまだ形勢は細かかったですが、白は右下隅の効を頑張り抜いて黒に謝らせたのが大きく、おそらくここで逆転したのではないかと思います。終わってみれば、白の2目半勝ちでした。富士田7段は今期のダークホースになりそうな気がします。

NHK杯戦囲碁 蘇耀国9段 対 結城聡9段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が蘇耀国9段、白番が結城聡9段の対戦です。布石での驚きは蘇9段が2連星に対し結城9段は何と両三々!初めてみたいです。ただ結論としてはやはり結城9段らしくなかったです。黒は両方の三々に肩付きし、左下隅で白が3線を張ったのに断点を継がずに右下隅を小ゲイマに構えました。白はすかさず出切って行きましたが、そういう展開になるのであれば右上隅は黒の厚みが働くことになりました。白は下辺の黒を圧迫して中央に厚みを築きましたが、かなり薄く黒からあちこちで覗きを打たれて、棒石にされました。また白から下辺に利かしに行ったのにじっと中央を継いで頑張ったのが好手で白を切断する手を残し、実際に後で実現しました。白は2つの弱い石を凌がねばならず、この辺り黒のペースでした。黒にとって逸機だったのは左上隅で押しを決めなかったことと右辺で覗きを打ってからすべって地に走ったことで、中央を補強していれば黒が優勢だったと思います。白は右上隅方面と絡めながら中央の黒を攻める展開になり、形勢を盛り返しました。しかし右辺で利かしを打ち惜しみ性急に中央の黒の切断に行き劫にしようとしたのが準備不足であり、黒は劫にせず敢えて中央を切らせて打ちました。白の包囲網は右辺で欠陥があり、黒は白を切り離しました。そうなると中央の黒のダメは6つ、右辺の白は4つで攻め合いは白の負けで手を延ばすことも出来ませんでした。ここで白の投了となりました。きちんと準備してから劫に行けば劫材は白の方が多く有望だったと思います。

NHK杯戦囲碁 瀬戸大樹8段 対 林漢傑8段


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が瀬戸大樹8段、白番が林漢傑8段の対戦です。布石は4隅で定石(但し今風)が進行しましたが、黒が左下隅でダイレクトに三々に入った結果、左辺は白の大きな模様となりました。黒は左辺に侵入せず、上辺から押していって左辺を囲わせ、その代わり右上隅に上辺から掛かりっぱなしになっている白2子を孤立させこれを攻める作戦に出ました。白はそれを承知で左辺をぎりぎりまで受け続けました。いよいよ取られかねないというタイミングで白は右上隅を動き出し、黒の断点を覗きました。ここでの折衝で白は中央の黒の切断や右上隅の黒への圧力などを上手く使い、結局右辺で一手寄せ劫に持ち込みました。この劫が黒が右上隅を活きにいった関係で白が一手ダメを詰めることが出来、本劫になりました。白は周辺に劫立てが多く楽な劫争いで、結局白は劫に勝ち黒6子を取ってしのぐという、白から見て上々のシノギとなりました。黒は代償で左辺の白模様を侵略しましたが、ある意味地だけの問題で、形勢は白のリードでした。その後下辺でまた劫争いが始まりましたが、白は左辺の地を減らされた代償に左下隅で地を稼ぎ、白のリードは変わりませんでした。最後ヨセで若干白のミスがあったので差が縮まりましたが、結局白の2目半勝ちに終わりました。