NHK杯戦囲碁 秋山次郎9段 対 河野臨9段

日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が秋山次郎9段、白番が河野臨9段のトッププロ同士の興味深い対局です。布石はごくオーソドックスでしたが、今時の対局でAI風の手が出ないということはまず無く、この碁でも白が右上隅の黒の小ゲイマウケに肩付きし、更に右下隅の大ゲイマジマリの星の位置に付けていったのがそうです。しかしながら布石はどちらも手堅く打っていました。局面が動いたのは黒が左辺から左上隅にすべった時で白は三々に受ければ普通ですが利かされと見て左辺の黒に付けて行きました。黒は上からハネて、どちらも石が分断され、急に戦いが始まりました。ここで白の打ち方が変幻自在というか、取られかけていた3子を更に大きくして5子にして捨て、その代わり左辺でサガリと当てを利かし、また絞って、左下隅の地模様を大きくしました。黒は5子をポン抜いてこれ以上ないくらい厚くなりましたが利かされた石のせいで石が重複気味でした。黒はその後鉄壁の厚みを活かして上辺に打ち込んでいき、白を分断しましたが、白も両方の眼形を確保して黒にチャンスを与えませんでした。その後焦点は右辺と右下隅になりました。黒は白を分断し攻めを狙いましたが、上方の白はほとんど活き形でした。それで黒は右下隅から延びる白を狙いました。その過程で下辺の白にモタレて攻めの体制を作ろうとしましたが、途中疑問手があり、白への攻めは不発で却って自分の活きを図らないといけなくなりました。ここで白が完全にリードしました。その後白が右上隅に置いて行って攻め取りにさせて締め付けるヨセを狙いましたが、白が間違えあまり締め付けが利きませんでした。そういうミスはありましたが、その後は手堅く打ち、終わってみれば白の2目半勝ちでした。

NHK杯戦囲碁 坂井秀至8段 対 井山裕太6冠王

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が坂井秀至8段、白番が井山裕太6冠王です。布石はタスキの配石で白が右上隅の黒の星にいきなり三々に入ったのが流行の打ち方でそれに対し黒が手を抜いて左上隅を両ガカリしたのはもっと最新の打ち方です。白が上辺の黒に付けて黒がはねて白が延びた時、普通は黒でツケノビ定石と同じで隅に伸び込むかあるいは一間に飛び付けるかですが坂井8段は右上隅の黒石を意識して右側から押すという手を打ちました。白は黒が延びなかった所を押さえて黒が継いだ後、左上隅で下がって隅を守れば普通なのですが、井山6冠王は左辺の黒にかけるという新手を放ちました。この結果未知の進行になり、双方序盤で持ち時間の10分を使い果たすという展開になりました。その後の進行では白は弱石を2つ持ち、苦しいかと思われましたが、ここで白は左上隅の黒に働きかけていき、劫になりました。白は中央に絶好の劫立てがあり、黒は劫に勝って左上隅を確保し上辺とも連絡しましたが、白も黒の種石2子+αを制して中央が厚くなりました。先手となった黒は右下隅にかかっていき、右辺に展開しましたが、最終的に黒が右下隅の三々に入っていき、右下隅と右辺の振り替わりになりました。この辺りやや白が厚いかなという感じで進んでいましたが左下隅で二段劫が発生しました。黒は右上隅の白の生死を劫立てにしようとしましたが、白は受けずに右下隅を包囲している黒を切断し劫を大きくしました。ここで黒が冷静に右上隅を取っていればかなり細かい形勢で、勝敗は不明でした。しかし坂井8段は足らないとみていたのか下辺で切り離された黒を助ける劫立てを打ちましたが、結局劫に負け、代償として右上隅を取りました。最後に黒は中央の白地が付きそうな所に単純に右辺から出て行くヨセを打つだけでなく、中央で手にしようと頑張りました。しかし回りの白にどこも弱い所がなく、一眼しか出来ず、ここで黒の投了となりました。坂井8段としては惜しい一戦でしたが、井山6冠王の読みの正確さが光った一局でした。

NHK杯戦囲碁 志田達哉7段 対 鈴木伸二7段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が志田達哉7段、白番が鈴木伸二7段の対戦です。志田7段は前回の準優勝者で2回戦からの登場です。
布石は比較的オーソドックスでしたが、白が右下隅にかかって黒がコスんで受け、白が右上隅の大ゲイマジマリの星の位置に付けていったのがAI風の最近の流行りです。結果的に黒は右上隅と上辺でほぼ確定地を取り、白が右辺で模様を築きました。左辺での折衝が一段落した後、黒は右下隅でコスんでいる石がはっきり活きておらず、白のかかった石にコスミツケて活きていれば普通でした。しかし志田7段は右辺上方の白の断点を覗いていき、この白への攻めを見ました。この後がこの碁のハイライトで白が右辺に展開した黒に対しハサミツケという強手を打ちました。これに対し黒は延びて反発し、白は割り込んで黒を切断し、急に激しい碁になりました。黒は切断された上方の石の形を整えた後、右辺上方の白の一段に対しケイマにかけるという強手のお返しをし、ギリギリの攻防になりました。黒がこの白の一団を取ってしまえば碁は終わり、また白が活きれば上辺の黒の地を大幅に削減しての活きとなり、形勢は白に傾きます。双方が正しく打てば白は取られていました。しかし志田7段は右上隅の黒のダメヅマリをうっかりし、途中の手を間違えました。結果的に劫残りで、黒から効を仕掛けることは出来ますが、劫に負けると右上隅の黒が逆に全滅してしまうということで、実質白のほぼ活きになりました。形勢ははっきり白のリードとなり、ヨセのうまい志田7段は各所で追い上げましたが、鈴木7段は無理せず確実な手を打ってゴールを目指し、終わってみれば白の2目半勝ちでした。

NHK杯戦囲碁 瀬戸大樹8段 対 黄翊祖8段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒が瀬戸大樹8段、白番が黄翊祖8段の対戦です。内容は白番の黄8段が色々仕掛けていってなかなか目まぐるしい碁でしたが、勝敗を分けたのは2点で、左辺の攻防と右下隅の攻防でした。左辺では左上隅とも絡んで打ち方が難しく、黒が覗いていったのがある意味手順前後で、白が継がずに狭間を出たのが好手で、黒は左辺を突き出していって厚くなりましたが、白は黒が覗いた1子を取り込んで好形になり、結果は白に不満がありませんでした。また、左下隅では白が石数の多さをバックに黒が下辺を開いている所に打ち込んでいっていました。黒は1子を白に付けてモタレ攻めの体制にしました。結果的に黒は付けた1子を犠牲にして白の打ち込んだ1子を取り込みました。このまま右下隅が全部黒地なら黒が悪くなかったのですが、白は右辺で2線に置きました。黒はこの白を丸ごと取ることは出来ず、白が大きく黒地をえぐりました。この2カ所の攻防で白が地合でリードしました。その後白は残された上辺でも地を持ちました。黒はこの白への攻めを見せて多少右辺の白地を減らしたり、また最後は中央の白と上辺の白の連絡を断ち、上辺の白を取りかけに行きましたが、白は2眼を作ることが出来、ここで黒の投了となりました。

NHK杯戦囲碁 羽根直樹9段 対 佐田篤史3段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が羽根直樹9段、白番が佐田篤史3段の対戦です。この碁の最初の焦点は右下隅で白の星に対し黒が右辺からかかり白が三間に高く挟み、黒が三々に入りました。これは定石の進行ですが、黒が隅から跳ね継いだ時に白は継がずに二線に這って受けました。これは最近の流行で先週のNHK杯対局でも出てきました。これに対し黒は最初にかかった石を上に延びて、白に断点を継がせてから下辺へ飛ぼうとしました。しかし白は継ぎは利かされと見て、下辺を曲がって受けました。黒はすぐに切っていき、白は二線をずるずる這って、黒の立派な厚みが出来ました。白は下辺から左下隅に跳ねて左下隅を取りました。しかし取ったといっても攻め取りで後で何手も入れる必要があり、おそらく佐田3段以外に白をもって打ちたいというプロ棋士はいないのではないかと思います。その後の展開は羽根9段が各所で実利を稼ぎ、それに対し白は下辺からの模様で対抗する、という展開になりました。しかし白は上辺で左右に弱石を抱えており、黒はこの上辺の二カ所の白を分断して攻めて、その絡みで下辺を制限すればいいという形勢でした。しかし羽根9段は下辺中央の白石の右横に付けていき、根こそぎ白地を荒らす手段を画策しました。しかし白が上を跳ねて来た時に手を抜いて他を打ちました。結局中央の戦いになり、羽根9段が中央の黒2子を軽く見て、右辺の厚みから下辺を侵略する手を打ちました。これが成功し白地を大きく黒がえぐって、形勢は黒の大差のリードになりました。このまま黒の圧勝かと思われましたが、佐田3段が右上隅に手を付けて来た時に黒は受けないで左上隅の白を攻めました。この結果黒は左上隅で白4子を取り込んで地を増やしました。その後白が右上隅を活きに来た時に、小さく活かせば黒の優勢は変わりませんでしたが、応手を間違え、白に大きく活きられ、黒地がほとんどなくなってしまいました。 こうなると大差だった碁もさすがに逆転気味で、白に半目残りそうな形勢になりました。黒は右上隅で連続している2つの効を全部頑張って1目得しての逆転を狙いました。しかし下辺にもう一カ所半劫があったため、黒の狙いは本来は不発でした。しかし中央の白地の中での黒の劫立てで白は受け方を間違え、白地の中の黒が生還してしまいました。結局黒の中押し勝ちでした。佐田3段にとってはあと一歩で勝ちを逃しました。