NHK杯戦囲碁 謝依旻6段 対 六浦雄太7段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が謝依旻6段、白番が六浦雄太7段の対局です。謝6段は現在無冠なのがちょっと不思議ですが、現在の女流碁界は次々に有望な若手が出て来て大変な戦国時代で、さすがの謝6段も苦戦しています。序盤は白が下辺で黒の開きに打ち込み、それに対して黒が逆に右辺の白の開きに肩を突いて競い合いになりました。黒は右辺の白を封鎖し、中央をアタリにした所で白が右辺上方にツケコシを打ったのが好手で黒は右辺を受けずに中央をポンヌキましたが、右辺は白が地を持って治まり、白がポイントを上げました。その後左上隅でも黒がハネ出して白を分断し(写真の場面)競い合いがありましたが、結局白が左辺で治まりまた上辺にも入り込んで優勢を維持しました。その後まず中央の黒を攻める手を打って自分の上辺から延びる白を補強した後、右上隅の大ゲイマジマリの弱点に打ち込みここでも地を稼ぎました。地合では追いつけなくなった謝6段がここで下辺で白の腹中にあった1子を伸びて動き出したのが、謝6段らしい強烈な勝負手でした。その後しばらくは六浦7段も意表を突かれて対策に苦慮していましたが、下辺の白2子を継がずに中央を厚く打ったのが好判断でした。この結果上辺から延びる黒の一団に眼が無く、黒は左辺の白との攻め合いに持ち込もうと粘りましたが、黒のダメが詰まっていて攻め合いはまったく駄目であり、ここで黒の投了となりました。

NHK杯戦囲碁 志田達哉8段 対 張豊猷8段


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が志田達哉8段、白番が張豊猷8段の対戦です。静と動の対決で石の置き方も志田8段はそっと置き、張8段はバチーンと石音高く打ち付けます。志田8段スタイルは先日19歳で名人位を奪取した芝野虎丸9段もそうです。序盤は志田8段が地に走って三隅を取る展開になりました。白が下辺を大きく盛り上げたのに、黒は下辺の白に肩付きして侵略を図りここから競い合いになりました。黒が白の包囲網を切りに行った時に張8段に大胆な作戦が出て、2子を抜かせ、更に上方の黒に1子を抜かせ、その代償に下辺から延びる白を全部取ってしまうという作戦です。志田8段もこの作戦に乗り、下辺右側を取られましたが、左下隅の白と中央の白の薄身を突いて、巧妙に左下隅の白を取り込みました。この辺りはプロらしい見応えのある攻防でした。結果は優劣不明でした。白はしかし先手を得たので中央の絶対の厚みを活かし右辺の黒に打ち込みました。黒は右下隅の三々に入りました。直接ここを活きる手はありませんでしたが、ここを活きるぞ、という手を利用して右辺で上手く捌こうとしました。この結果右辺の黒は右上隅に連絡することは出来ませんでしたが、右辺で所帯を持って治まりました。この別れは白が若干いいか、という感じでしたが、この後白は楽観したのか甘い手が多く、右下隅からの白地をかなり削られてしまいました。こうなると左辺から左下隅の黒地は70目レベルで大きく、更に中央にも黒地が付き、結局黒の4目半勝ちとなりました。

NHK杯戦囲碁 伊田篤史8段 対 村川大介十段


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が伊田篤史8段、白番が村川大介十段の対戦です。二人とも7大タイトル経験者ですが意外にも対戦は本日が2回目で、しかも前回もNHK杯戦だったということです。前回は伊田8段が勝っています。黒は右下隅と右下隅にかかられて、両方ともコスミツケという、昔だったらあり得ない布石でした。しかし右下隅はコスミツケの後手堅く一間に開きましたが、右上隅ではコスミツケの後ケイマに開きました。黒が上辺で白がコスミツケられて立った所から二間に開いた石に肩付きに行きました。白がそれを受けずに黒の包囲網につけていったのが黒の分断を見て機略のある手で、ここから戦いが始まりました。ここの別れは白が黒の隅の2子を取り込んで実利を稼ぎ、黒は上辺で白1子をポン抜いて厚くなりました。この別れは黒のポン抜きが厚みとして働くか、あるいは攻めの対象になるかというその後の打ち方にかかっていました。さらに右辺で白が黒を切っているタネ石がすぐ動くのは重そうでしたが、いずれ機を見て動き出し、右辺の黒を攻めることが出来るかどうかもまた焦点でした。その後の進行で結局白は右辺も逃げ出し、上辺も上手くポンヌキの黒を攻める体制になり、局面は白がリードしました。しかしこのポンヌキの黒を巡る攻防で白が左辺の黒に利かしに行ったのに黒が手を抜いて中央をハネたのが機敏でした。左辺の白の儲けも大きかったですが中央の力関係の逆転も大きく、これで勝敗の行方は不明になりました。その後の白の打ち方で疑問があったのは、せっかく黒を攻めながら左下隅で地を稼いでいたのに、下辺で黒のハネに切っていって戦ったのがどうかと思いました。白は右辺の一団に一眼しかないため、あまり強い手は打てず、その間に黒に下辺から左下隅に潜られてしまい、ここで大きく地を損しました。ここで形勢は逆転し黒のリードとなり、結局黒の中押し勝ちになりました。

NHK杯戦囲碁 許家元8段 対 山田規三生9段


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が許家元8段、白番が山田規三生9段の対戦です。この碁の焦点となったのは左上隅からの戦いです。その前に上辺でのやり取りがあった時、黒は白に上辺を地にさせ、その代り中央に二間で進出しました。この後この黒が厚みとして働くか、それとも白に攻められるのかが勝敗の分かれ目でした。山田9段はその黒を攻めることを狙って左上隅から大ゲイマして左辺とこの黒の間を分断に行きました。黒はすかさずその大ゲイマの間を分断に行き、戦いが始まりました。白が左辺の黒に付けて、黒がハネ、白が伸びた時、通常は左辺の断点を継ぐのですが、ここで黒は中央から白全体を包囲する手を打ちました。この手が好判断で白は勢い左辺を切りましたが、黒が下から当てたのが好手で、白は黒の勢力圏の中で2つに分断され、どちらもある意味もがいて生きなければならなくなりました。まず上方の白は活きること自体なのは難しくありませんでしたが、後手活きになりました。そして先手を取った黒が今度は下方の白を攻撃しました。山田9段はこの白をただ活きる手は打たず、劫含みで反撃しました。しかし劫材が十分ではなかったため、結局下辺で2段バネしてまくって絞り、1線を渡って右下隅に連絡するということになりました。この方が単に中で活きるより若干でも地を持っておりかつ黒の模様も荒らしているので優りましたが、更に黒が右下隅で星の左下に打ち込んでいったのが、許8段のさすがというべきしつこさでした。この黒は単独で活きるかあるいは捨て石にして右辺に模様を築くのどちらも出来ましたが、結果的には右下隅は白地になり、その代わりに右辺に白の一段が取り残され、これが攻められることになりました。そのシノギで白は中央の黒の断点を覗きましたが、黒が継がずに右辺を取ってしまったのが好判断でした。勢い白も切っていきましたが、オイオトシで取られそうになっていた種石を愚形で当て込むのが先手であり、そこを白が継げば上方から脱出という見合いになり、黒が捕まることはありませんでした。こうなると右辺が全部黒地になって地合は大差となり、白の投了となりました。

NHK杯戦囲碁 依田紀基9段 対 羽根直樹碁聖


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が依田紀基9段、白番が羽根直樹碁聖という実力者同士の対戦です。布石は黒の初手三々がちょっと珍しいです。左上隅で黒が大斜にかけましたが、比較的簡明な分かれになりました。左下隅から下辺の攻防で、左辺の白に黒が置いていったのが鋭い手でしたが、白も反撃の手を用意しており無難に分かれました。しかし先手は黒に回り、下辺を詰めて、下辺の白を攻める体制になりました。しかし、羽根碁聖のしのぎは巧みで、黒にただつながるだけの手を2回打たせてその間に中央に進出しました。さらに中央を押していって厚くし、黒が右辺を詰めて来ている所に打ち込んでいきました。この結果、右辺の黒3子が白の包囲網の中に入りました。黒は白の包囲網を切っていきましたが、その影響で右上隅が包囲され、また結局右辺は活きないといけなくなりました。この一連の攻防は白がうまく立ち回って形勢をリードしたようです。その後白は右上隅の星を包囲する一間飛びを打ち、上辺を囲いましたが、ちょっと薄く、黒からまずハサミツケを打たれ、次の黒のコンビの手がうまく、黒は白の地になりそうだった上辺を大幅に値切ることに成功しました。こうなると形勢はまったく不明で、ヨセ勝負となりましたが、白にどこかで1目損する手があったらしく、最終的には黒の半目勝ちで終わりました。