ライオンの「薬用 キレイキレイ」と新型コロナウィルス

消毒効果を謳うライオンのハンドソープ「薬用 キレイキレイ」があちこちで売り切れになっていますが、その殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールは厚労省のページによれば、

イソプロピルメチルフェノール
本剤は、使用濃度においてグラム陽性菌、グラム陰性菌、結核菌には有効であるが、芽胞(炭疽菌、破傷風菌等)及び大部分のウイルスに対する効果は期待できない

ということですので、コロナウィルスには効果がありません。
ただソープの主成分である界面活性剤には脂肪を分解する効果がありますので、全体としては脂質で出来たエンベロープに包まれているコロナウィルスには効果があります。しかし、別に「キレイキレイ」で無くても(ハンド)ソープならどれでも一緒であり、特にコロナウィルス用に「キレイキレイ」を選ぶ理由はありません。何となくイメージ的に「殺菌力のあるソープ」ということで売り切れになっているだけでしょう。

家庭用消毒剤の研究

色々とネットで取り寄せて、家庭におけるベストな消毒剤とは何かを研究しています。元々会社で医療機器用の電子部品の調査を数年間やっていて滅菌装置であるオートクレーブについても調べたりして、私はこの話題に関してはそれなりに知識があります。
今日の新顔は「オスバンウオッシュ」(後列の左から2番目)という、塩化ベンザルコニウム、一般に言う「逆性石鹸」です。普通の石鹸は陰イオンですが、逆性石鹸は陽イオンです。それでマイナスの電位を帯びた細菌などを惹き付け菌を殺します。ただ、分類上は元々が「低水準」の消毒薬であり、効果が限定されます。コロナウィルスへの効果も今の所確認されていないようです。
オキシドールは昔から家庭でも良く使われていましたが、血の中のカタラーゼと反応して酸素を出してそれで消毒します。カタラーゼがなくて酸素が出ない場合も殺菌効果はありますが、時間がかかります。また切り傷、擦り傷で昔はオキシドールが使われましたが、しみるのと皮膚の細胞自体を痛めるので、明らかにやばい細菌やウィルスが傷口に入ったと思われる場合を除き、単に流水で洗うだけの方が無難です。
アクアクは次亜塩素酸ナトリウムですが、飲料水の消毒用です。

宇宙家族ロビンソンの”Flight into the Future”


宇宙家族ロビンソンの”Flight into the Future”を観ました。ジュピター2号が宇宙をまたさすらっている時に、エメラルド色の小惑星と遭遇し、ドクター・スミスのミスで、ポッド毎ウィルとロボットとドクター・スミスがその惑星に不時着します。すぐにジュピター2号も追いかけて着陸しますが、先に到着した筈のポッドを見つけられません。一方、ジャングルの中に着陸したポッドは、ウィルとドクター・スミスが疲れて15分間眠っている間に何故か浦島太郎かリップ・ヴァン・ウィンクルのように270年も時が経ってしまいます。ロボットはボロボロになり、ポッドには蔦がからまっています。そして3人は未来の地球から来た宇宙考古学者の一団に会い、その中にジュディの4代後くらいの子孫と同じくドクター・スミスの子孫がいました。ドクター・スミスの子孫はドクター・スミスはスミス一族の面汚しだとなじります。その内ウィルがどうもおかしいと気がつき、全てが何らかの幻想ではないかと思い始めます。それで途中でまたもアーウィン・アレンのワンパターンのトカゲ恐竜まで登場しますが、ウィルが「これは存在しない」と叫ぶと全部消えていきます。最後にたどり着いたのは、何かの置き去りにされたロボットで、侵入者を脅かすために幻想を作り出していたことが分かります。そのロボットは最後に本物の怪物を1つだけ作り出しますが、ジュピター2号のロボットの攻撃で倒れ、ウィルはロビンソン博士やドンと再会します。もう一ひねりすれば面白いストーリーになったような気がしますが、全てが幻想でした、というのは原子力潜水艦シービュー号の時にもあり、安易な発想だと思います。

トイレの消毒とバスルームの掃除

コロナウィルス騒ぎで清潔本能(?)が目覚め、今の所に住み始めて初めてトイレを次亜塩素酸ナトリウムで消毒。そしてかなり久し振りの浴室の掃除に着手。結果、しつこいカビなどが取り切れてはいませんが、それなりには綺麗になりました。リンレイのウルトラハードクリーナーを使いました。このクリーナー、以前はネットでしか買えなかったのですが、最近はドラッグストアで普通に売っています。

我が家の消毒体制

我が家の家庭用としてはほぼ完璧な消毒体制です。エタノールは何とか入手はしましたが、医療用ではなく、洗浄用の工業用ですが無いよりはましかと。キッチン泡ブリーチ、キッチンハイター、ピューラックスはすべて次亜塩素酸ナトリウムです。ポビドンヨードは、うがい薬のイソジンと同じヨウ素剤。昔傷の消毒に良く使われたヨードチンキ(ヨーチン)をより安全に改良したものです。アルコールよりも消毒効果が長続きします。IPAは先日紹介したもので、イソプロパノールに30%ほど精製水を加えたものです。