A man called Devil and Oriental Witches

Did you know that the female Japanese volleyball team won the gold medal at the first Tokyo Olympics in 1964? The final match with the Soviet Union team, which was ranked No.1 in the world at that time, was broadcasted by NHK on TV and had a viewing rate of 66.8%, which is still the record in relay sports in Japan. The Japanese team, with an average height of just 171 cm while that of the Soviet team was 183 cm, overwhelmed all the other nations’ teams with incredibly new tactics such as “the rolling dive receive” and “the floating change-up service”, and they were called Oriental Witches by Americans and Europeans at that time.

The head coach of the team was Hirobumi Daimatsu. The national team of Japan was actually a private company, Nichibo’s, team and he was also an employee of the company. He showed quite strong leadership skills with the players of the team and forced them to train extremely hard. All the players worked in Nichibo’s office from 9 to 4, and then they started training every day, usually until 12 o’clock or sometimes until 2 to 3. His nickname at the time was Daimatsu, the Devil, and he was harshly criticized by many people, including the labor union of the company, as he was bullying the players. The players, however, did not complain about his training and followed him and even called him a master. Mr. Daimatsu was a survivor of the alleged worst operation during World War II, the Imphal operation that killed more than 20,000 Japanese soldiers through battles and starvation in Myanmar. His belief from this harsh experience was that victory is everything, and his team recorded 175 successive victories both in domestic and international matches. Nobody condemned him any more after such tremendous results.

Not only did he force ultra-hard training on the players, but he really thought rationally about how his team could defeat the Soviet Union team in the face of more than a 10 cm difference in height. He invented “the rolling dive receive” in order to receive all attacks by the Soviet team, by jumping to a ball and soon standing up by rotating the body in order not to interfere with other players and come back to the attack immediately. He also developed many new serves since the height of a player is almost irrelevant in serves. While a normal straight serve was popular at that time, his team developed many breaking ball serves, including no-rotation serve that almost nullified the receivers of the opponent team.

Mr. Daimatsu is now enshrined in the hall of fame of the Word Volleyball: https://www.volleyhall.org/specialawards/hirofumi-daimatsu. Nobody can follow his style at present, but he was actually a tremendously strong leader and encouraged many Japanese people 19 years after the ceasefire of World War II.

英語の語彙力アップ

私の今の英語力ですが、色んなオンライン英会話の教師によれば、文法についてはほとんどミスが無い、という評価をもらっています。(冠詞の有る無し、単数か複数か、とか前置詞の用法とか、間違い自体が無い訳じゃないですが。)発音は、悪くないけど満点でもない、というレベルで、これは今Hummingbirdという学校に通って一生懸命習っていますので、後は語彙です。おそらく今の私の語彙は10,000語をちょっと超したぐらいだと思います。ネイティブで言えば高校生ぐらいでしょうか。ネイティブの高校生が大学を受験する時に、語彙を増やす本を読んで勉強します。そういう本を私も勉強することにしました。というか前から3冊くらい買ってあるのですが、手を付けていませんでした。3冊の内で一番読みやすそうだったのがこの”Verbal Advantage”です。気長にやってみるつもりです。

Eigoxを止めました。

オンライン英会話のEigoxを、2017年の9月以来、2年と3ヵ月くらい続けて来て、レッスンの回数も308回こなしました。しかしながら、Eigox側の信じられないサービスの悪さと詐欺まがいの商法にうんざりして、この度退会することにしました。
発端は、これまでは月1200ポイントのコースを使って来ました。Eigoxのネイティブの先生は普通は1回100ポイントなので、このポイントで月12回のレッスンとなります。私はEigox以外に、IELTS対策でMyTutorを使っていて、そちらが週2回のレッスンでした。なのでEigoxの週3回と合わせ、週5回くらいのレッスンをこの半年くらいは受けてきました。
しかし、先日MyTutorのレビューを書いたように、当初申し込んだ50回のレッスンの有効期限が切れた(消化したのは48回ぐらい)ので、MyTutorは新たに更新せず、Eigoxの方のレッスン回数を週3回から週5回程度に増やそうとしました。ここから問題は始まります。実はEigoxのポイントコースは、1200ポイントの上はいきなり5600ポイントとなり、値段は39,200円に跳ね上がります。実は説明すればこの5600ポイントコースはほとんど広告のためのおとりコースです。Eigoxでは広告で「ネイティブとのレッスンが1回350円から受けられます。」と宣伝しています。(下記の画像参照)これがある意味インチキなのです。私が受けていた1200ポイントコースでは、12回のレッスンとして1回のコストは税込みで1018円になります。350円のほぼ3倍です。実は1回350円というのは、
(1)5600ポイントコースを契約して月に43,120円払い
(2)なおかつネイティブの先生で「50ポイント」の先生とだけ112回/月レッスンする
場合の単価です。(税抜き39,200円÷112=350円という計算)
月に43,120円といえば地方だったらワンルームマンションの家賃レベルです。そんな馬鹿高い料金をオンライン英会話に払う生徒が果たしているでしょうか?さらに月に112回(毎日3~4回のレッスン)をこなそうとする人が果たしているのでしょうか?またネイティブの先生の8割は1回100ポイントで、50ポイントの先生はまったくの新人(最初は50ポイントの期間が何ヶ月か続く)か、あるいは数を稼ぎたい先生がやっているだけです。要するにきわめてバーチャルな、誇大広告なのです。実際にこの条件で契約している生徒は限りなく0に近いと思います。しかしEigox側は実際にそういうコースがあるのだから詐欺ではないと言いたいのでしょう。そして1200ポイントの上の1600とか2000ポイントを設けると、そこでディスカウント率を設定しなければならず、収益が悪化するのでしょう。なので誰も契約しない5600ポイントいうインチキコースにいきなり飛ぶ訳です。

それで、100ポイントの先生主体にレッスンしている場合、月12回よりレッスンを増やしたければ実質的には毎日プランを選択するしかありません。(追加ポイント購入というのもありますが、割高です。)毎日プラン(全講師タイプ)は17,380円/月です。はっきり「全講師」と書いてあります。しかしながらこのプランを選択すると、ポイントコースの時に出来ていた次の2つのことが出来なくなります。
(1)1回に複数のレッスンを一度に予約する→毎日プランでは予約出来るのは1レッスンのみで、そのレッスンが終わらない限り次のレッスンは予約出来ません。人気がある先生はあらかじめ予約を入れておかないとなかなかこちらの都合のいい時間に予約が出来ないので、この仕組みは非常に困ります。
(2)「全講師」といいながら、実際には毎日プランからでは予約できない先生がある程度存在する→実際に今までずっとレッスンをしてきたアメリカ人の女性の先生とのレッスンの予約が出来なくなりました。ちなみにこの先生の必要ポイントは125です。

Eigoxのサポートに、
(1)ポイントコースで1600や2000というコースを新設する。
(2)毎日プランで複数回の予約を可能にし、なおか「全講師」との予約が出来るようにする。
のどちらかを実現して欲しいと強く要請しましたが、昨日「どちらも出来ない」という回答が来たため、今までより4000円も多く払ってそれで今までより劣化したサービスという理不尽さに我慢が出来ないのと、この会社の誇大広告に見られるような詐欺師的な性格にうんざりして、退会を決意しました。
(しかも「全講師」については「プラン購入の際は、[全講師]ではなく[全講師タイプ]となっています。」という意味不明の詭弁そのものの回答が来ました。)

今後は、先日一回止めたDMMを復活させ、そちらのネイティブコースを使う予定です。以前書いたように会社から月4000円くらいの補助が出るため、ネイティブと毎日レッスン可能で、それでいて実質的な負担はこれまでのEigoxの1200ポイントコースと同じです。

最後に言っておきますが、Eigoxの運営元には失望しましたが、Eigoxのネイティブの先生自体は素晴らしいです。私自身いい先生達とレッスンが続けられなくなったのは非常に残念です。Eigoxのユーザー数は、マイページにいつも表示されるレッスンの予約数(いつ見ても1200ぐらい)から見て、せいぜい数百人レベルだと思います。このユーザー数は2年前と比べてほとんど増えていません。また、元々ネイティブの先生だけだったのに、途中からフィリピン人講師も足したりして、他のオンライン英会話に対抗しようとしているのでしょうが、はっきりいって淘汰寸前の状態と思います。おそらくその内どこか別のサービスに吸収されるでしょう。私はそれでサービスが改善されるのを期待します。

 

オンライン英会話MyTutorのレビュー

本日で、オンライン英会話のMyTutorのレッスンが終了しました。最初に50回分のレッスンのポイントを確か29,800円で買って、それの有効期間が今日までだったものです。実際のレッスン数は48回でした。このオンライン英会話は全員フィリピンの人で、女性が8割、男性が2割くらい、全部で30名くらいで、全員が他のサービスでよくあるような委託契約ではなく正社員だそうです。そのせいか、他のオンライン英会話のフィリピン人講師に比べると、英語をある程度専門として来た人が多くレベルは高いです。その代り、1回のレッスン料は600円弱になりますので、他のフィリピン人講師によるオンライン英会話より高いです。
私は別にフィリピン人講師を経験したかった訳ではなく、IELTSのスピーキングの練習がしたくて検索していたら、たまたまこのサービスが出てきて使ったものです。その意味ではここで30回くらいIELTSのスピーキングを練習して、結果としてスピーキングのスコアは1バンド上がりましたので効果はありました。ただ、練習そのものはちゃんとそれらしい教材で本番とほぼ同じような問題でやるのですが、問題は講師(私は担任制を選び決まった先生とレッスンしていました)がIELTSを受けていないので、私のスピーキングの改善のアドバイスがあまり的確ではなかったことです。その点はむしろ担任の講師が病欠で代理の先生のレッスンを受けた時、パート1では3文くらいにし、必ず理由を入れる、パート3では5文にして理由以外に例も入れる、といった実戦的なアドバイスをくれたのはその代理の先生でした。IELTSは単なる英語力ではなくて、論理的な構成力もテストされますので、そういうアドバイスが必要です。
ただ、担任の講師だったS先生はとても明るく性格のいい人で、そういう意味ではレッスンは楽しめたと思います。
一つだけここのサービスで気に入らなかったことは、例の台風19号の時、私の家は一時間半くらい停電して、そのためレッスンを止む無く直前でキャンセルしました。それで不可抗力なのでポイントを消化しないで欲しいと依頼したのですが、「規約に書いてあるから駄目」という極めて事務的な対応でちょっとむかっと来ました。

ドイツ語の語彙について

今ドイツ語の翻訳やっていて不思議なのは、ドイツ語の方が英語に比べ圧倒的に分からない単語が少ないこと。勉強した時間で言えば英語はドイツ語のおそらく5倍以上だと思いますが、それでもまだまだ分からない単語が沢山あります。
これに対してドイツ語は、もちろん分からない単語が出て来ない訳ではありませんが、かなりの単語が意味の推測がつきやすいです。つまり動詞の名詞化とか、またさらにそれに前綴りを付けただけとか、あるいは知っている単語同士がくっついただけの複合名詞とか、そんなのが多いからです。英語みたいにゲルマン語系語彙とラテン系語彙が混じり合うなんてことは、ほとんどありません。常々思っているんですが、日本人にとって最初に学ぶ外国語が英語っていいのということです。私の持論ですが、最初にドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語などをまず学んでそれがある程度のレベルに達してから英語を学んだ方がはるかに上達が早いのではないかと思います。英語は確かに格変化とかほとんどないのでとっつきやすいのは事実ですが、上に行けば行くほど山のようにある例外と取り組まないといけないですし、覚えなければならない単語の数もはるかにそれらの他の欧州語よりも多いですし、第一発音が不規則過ぎです。