発音矯正学校Hummingbirdについて

本日、発音矯正のHummingbirdの2回目の16回のレッスンの最後の回に行って来ました。もう更新しないのでこれで終わりです。コロナウイルス騒ぎで前回のレッスンが3月17日で実に2ヶ月と3週間振りです。電車に乗って新宿に行ったのもそれ以来です。例によってこの学校のProsとConsを書きます。

Pros
(1)発音矯正については間違いなく効果があります。このレッスンを受けた結果、オンライン英会話で発音間違いを指摘されるのは激減しました。DMMでは毎日新聞記事を読んで発音とアクセントをチェックしてもらっていますが、8割以上の先生は「まったく問題無い」と言ってくれています。
(2)発音記号を見れば、その単語の発音が正しく出来るようになりました。
(3)口の形と舌の位置の組み合わせパターンで発音を説明するのは色々例外とか中間的な発音もあるものの、日本人には分かりやすいです。

Cons
(1)ともかく高すぎます!最初の16回のレッスンが入学金とテキスト代を入れて16万円強、その次の16回が10万円強で、32回のレッスンで27万円弱になり、1回(50分)当たりの平均レッスン料は8400円にもなります。
(2)その高いレッスン料で、授業をなるべく引き延ばそうという魂胆が見え見え。レベル2になると、Speech Sampleという19種類の文を暗記して正しく発音してテストに合格する必要がありますが、これに要するのが大体20回のレッスンで、2回目の16回目のレッスンでは終わらないようになっています。生徒が既にテストを受けるレベルに達していても、何のかんのと細かなミスを指摘して、テストを受けさせるのを引き延ばそうとしているという印象を受けました。
(3)教師によって言うことが違う場合があります。ある教師が「ここはこのレベルではこういう発音でいいです」と言って次のレッスンで別の講師によるその部分のテストで、前週に教わった発音をすると、「その発音は正しくない」と言われたりしました。またある教師はCaliforniaの”l”の前に弱いシュワ母音(曖昧母音)を入れるように言い、別の教師は不要と言いました。それでクレームして調べてもらったら、結局ネイティブによればどちらでもいいということでした。
(4)(3)と関係しますが、ともかくここで正しい発音としている基準が何なのかが不明です。イギリス英語ではAP(Accepted Pronunciation)という標準的発音とアクセントがありますが、アメリカ英語でそれに相当するものは不明です。レッスンに動画を使いますが、男女が出てきて、教師に「男性の方の発音は正しくないから真似しないように」とか言われます。また女性(このメソッドの考案者の娘さん)の方も「この人のここの発音は間違いです」などと言われます。要するにアメリカ英語の発音には許容される揺れがある筈ですが、ここはある意味頑なに一種類の発音を教えようとします。例えばfamilyという単語の母音は、ここで教えるのは(アとエの中間+シュワ+イー)ですが、レイチェルさんという人のYouTube動画では、口を横に引っ張る+戻す+引っ張るで大変なので、多くの人が中間のシュワは発音しない、と説明しています。(写真に出ている発音記号で、Hummingbirdが教えるのは上の方、しかし実際に多くの人が発音するのは、中間のシュワを発音しない2音節の発音で下の方。)

(5)講師に質問すると適当な間違った答えが返ってくる場合があります。”be”の過去分詞の”been”の母音の発音が短母音(Hummingbird用語ではショートi)だという説明があって、私が「英語で”ee”という綴りは原則的に長母音の筈だが何故か?」と聴いたら、「ビーンという長母音の発音は日本人が間違えて勝手にやっているだけです」という回答でした。しかし家で調べたら、現在のイギリス英語では長母音であり、しかも歴史的には最初短母音だったのが長母音に変わり、その結果として綴りも短母音の時の”binne”からわざわざ”been”に変えられたものでした。アメリカ英語で短母音なのは、ビルグリム・ファザースの時代の短母音の発音を未だに保持しているだけのことで、むしろそちらが例外です。(ちなみにここの教師は多くが、元このメソッドの生徒です。なので英語について深い知識があるとは限りません。)
(6)実際に英語の文を読む時は、ほとんど適当にしか発音しない単語とか、フランス語風のリエゾンとか色々ありますが、そういうレッスンはまったくなかったです。もらった教科書にもそういう内容は一切ありませんでした。故に個々の単語の発音が良くなっても、ここのレッスンだけで英文の朗読が完璧にはなりません。

色々書きましたが、ネットで調べた所によると、ほとんどの人が最初の16回か、私みたいに全32回で止めるそうです。それが正解だと思います。ある程度基礎的な発音をマスターしたら、後はYouTubeに沢山ある動画とかを有効に活用した方がはるかにいいと思います。

The Bell in Nagasaki (Nagasaki no Kane; 長崎の鐘)

The Bell in Nagasaki was the theme song of the same name movie released in 1950. The Bell mentioned in this song was that of the Urakami Cathedral in Nagasaki city, which located just at the epicenter of the atomic-bomb’s explosion on August 9, 1945. The bell (Angelus bell) was miraculously digged up from the debris and ashes of the Cathedral without serious damage on the Christmas Eve of 1945.

The movie desribed the life of Dr. Takashi Nagai. He was a Christian (Catholic) and worked as a radiologist during the World War II and suffered from leukemia due to the poor shielding of X-ray at that time. By the atomic-bomb’s attack, he lost his wife and he also was seriously injured in his carotid artery but could fortunately survive. After the war, he contributed to the cure of many patients who suffered from the atomic-bomb diseases until he died in 1951. The Bell in Nagasaki was originally the title of his essay.

This song is extremely impressive and contains deep sense of prayer for peace. The lyrics were written by Hachiro Sato, who lost his younger brother also by the atomic-bomb dropped down on Hiroshima. The music was composed by Yuji Koseki. He was one of the most famous composers in Showa period, and he composed the march for the opening ceremony of the first Tokyo Olympic games in 1964. He also composed many war songs during the war time and composed this song in 1950 with deep regret and prayer as a kind of requiem for the victims of the war. In the last two lines of each section, the melody turns from minor to major and it leaves hope for those who listened to this music.

You can listen to the music here. (sung by Ichiro Fujiyama, the original singer)

I translated the lyrics into English for readers outside Japan:

こよなく晴れた青空を
悲しと思うせつなさよ
うねりの波の人の世に
はかなく生きる野の花よ
なぐさめはげまし長崎の
ああ長崎の鐘が鳴る

Even while looking to the brightest sky,
I painfully feel the deepest sorrow.
Within the ever undulating human world,
I am just an ephemeral wildflower.
Soothingly, cheeringly, in Nagasaki,
the Bell in Nagasaki resonantly rings.

召されて妻は天国へ
別れてひとり旅立ちぬ
かたみに残るロザリオの
鎖に白きわが涙
なぐさめはげまし長崎の
ああ長崎の鐘が鳴る

Summoned by God, my wife has returned to heaven,
leaving me alone in this world.
When I look at the rosary left as her memento,
I only find the traits of my tears.
Soothingly, cheeringly, in Nagasaki,
the Bell in Nagasaki resonantly rings.

こころの罪をうちあけて
更けゆく夜の月すみぬ
貧しき家の柱にも
気高く白きマリア様
なぐさめはげまし長崎の
ああ長崎の鐘が鳴る

While I confess sins in my heart,
the moon shines brightly in the deepening night.
Even on a pillar in a poor man’s house,
there hangs a statue of the Holy Virgin Mary.
Soothingly, cheeringly, in Nagasaki,
the Bell in Nagasaki resonantly rings.

(notes)
(1) The first two lines:”Even while looking to the brightest sky, I painfully feel the deepest sorrow.” are if literally translated, “It is usually delightful for most people to see clear and blue sky, but I cannot help feeling sad even if I do so. It is a pity for me to feel so.”
(2) Regarding the last line of each section: “the Bell in Nagasaki resonantly rings”, there is no word corresponding to “resonantly” in the original Japanese lyrics. But I added it so that the line can be easily sung in English. (“the Bell in Nagasaki rings” is too short for the melody.)

NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」7年目に突入

実践ビジネス英語、今日から7年目に入ります。この教材を毎月3回繰り返して学習して丸6年になりました。
この教材でいいのは
(1)語彙力の強化にとても良い、特にネイティブ的なイディオムなど
(2)アメリカとアメリカの会社の最新事情に詳しくなる。ミレニアム世代、ジェントリフィケーション、ポジティブ評価などはこの教材で知りました。
(3)杉田敏先生とヘザー・ハワードさんのその時々のヴィニエットについてのフリートークの面白さ。
もちろんこれだけでは不十分で、スピーキングとライティングの強化にはなかなか結び付かない部分がありますが、これまで使った教材の中では、リンガフォンの米語上級コースと双璧です。

小倉孝保の「100年かけてやる仕事 中世ラテン語の辞書を編む」+”Dictionary of Medieval Latin From British Sources”

小倉孝保の「100年かけてやる仕事 中世ラテン語の辞書を編む」を読了。今、ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳をやる上で、中世ラテン語が頻出するので何か中世ラテン語の適当な辞書は無いか探している過程で見つけた本。この本で取上げられている、”Dictionary of Medieval Latin From British Sources”も17分冊の内の第14巻だけを持っています。この辞書は全部揃えると10万円近くになります。最初それでも購入しようかどうか迷ったのですが、結局”From British Sources”というのが引っ掛かって、私が欲しいのは”From Italian Sources”です。このブリティッシュ版を作成するに当たって、他の欧州各国にもそれぞれの国版を作りませんか、と呼びかけたらしいのですが、残念ながらまだイタリア版は出来ていません。というか、イタリア語は要するに中世における俗ラテン語がベースなので、現代イタリア語の辞書が中世ラテン語をある程度カバー出来ているのだと思います。実際に、古典ラテン語の辞書で見つからなかった単語が、綴りが少し変わっている場合がありますが、現代イタリア語辞書で見つかるケースが多くあります。たとえば、stacioという単語、おそらくこれは古典ラテン語ではstatio(じっと立っていること、が原義)なんだと思いますが、現代イタリア語ではstazioneで、事業所という意味です。(英語のstationと同語源)またbottegaというのが出てきて、これも古典ラテン語の辞書にはありませんが、現代イタリア語辞書では出ていて現在でも通用する言葉であり、「店舗」という意味です。
小倉孝保の本に戻ると、興味深かったのはこのブリティッシュ版中世ラテン語の辞書の最初の編集者が、OEDのジェイムズ・マレー博士の子孫だということです。実際、この辞書のスタイルはOEDのそれをほとんどそのまま踏襲しています。この小倉さんという作者については、元々毎日新聞の特派員の方のようですが、残念ながらご本人がラテン語を勉強したことが無いため、全体に単に関係者に話しを聞いてまとめた、といういかにも新聞社的な作りで、実際に辞書の中身を読んでその特徴をまとめたりとか、古典ラテン語の辞書との違いについてもっと分析するとか、そういった所が非常に不十分です。今、実際に中世ラテン語を読まなければならないプロジェクトをやっている訳ですから、中世ラテン語辞書の現代における意義なんか説明してもらわなくても十分分かっています。この筆者は100年かけたことに感心していますが、OEDはもっとかかっていますし、ドイツのグリム辞書も同じです。後半1/3は日本の辞書作りの話ですが、間接的な知り合いが多く登場します。(仕事で大修館の辞書を作っていた人とお付き合いがあったので。)この中世ラテン語辞書とかOED、グリム辞書といったスケールで作られた辞書は残念ながら日本には無いです。まあ諸橋大漢和がそれにかろうじて近いですが。日本国語大辞典は現時点はまだまだ未熟です。また日本は国がお金を出した辞書作りが0ということで、私の知り合いの辞書に関する先生は「日本には辞書学が無い」と嘆いておられましたが、まあその通りの状況です。

TOEIC S&W 2020年1月19日受験分結果


2020年1月19日(日)に三度目のTOEICのS&W(スピーキングとライティング)を受けて来たのですが、本日結果が出ました。三度目の正直で、ようやくそれなりに納得出来る点数が取れました。特にライティングが満点に近くなったのはIELTS対策で英語のエッセイの書き方を徹底して練習した結果だと思います。L&Rテストとの換算表で見ても、L&Rの970点にほぼ見合う点数が取れています。今後はこのテストは受けるとしたらもうスピーキングの方だけになると思います。
なお、IELTSへの再チャレンジは今年の9月以降になると思います。