TOEIC S&Wの結果

TOEICのスピーキング&ライティングの結果が出ましたが、撃沈!でした。特にスピーキング。TOEICのL&Rに換算すると、スピーキングは845点相当、ライティングは920点相当になります。ライティングは初めての受験としてはそれなりかと思いますが、スピーキングは低すぎですね。ライティングで170取れているのですから、英語を作る能力に問題があるというより、スピーキングでのスポーツ的・反射神経的な受け答えに十分対応出来ていないということだと思います。取り敢えずEigoxのレッスンを8回/月から12回/月に増やし、AEONの4回/月と合わせて16回/月にしてスピーキング強化を図りたいと思います。

ワンポイント英単語:lieutenant

辞書にもここまでは載っていない説明。

lieutenant

lieutenant(発音:ルーテナント、「テ」にアクセント)という英語の名詞は、通常「中尉」と訳されていることが多い。これは誤訳ではないにせよ、多くの場合決して適切な訳ではない可能性がある。

この単語はフランス語から英語に入ったもので、lieu+tenantに分解され、lieu-は「~の代理をする」、tenantは「居住者、占有者」といった意味である。ここから、「ある上官の代理で実務を行うもの」といった意味になる。

実際に米国の海兵隊と空軍では、colonelは「大佐」で、その下がlieutenant colonelで「大佐の代理をする人」で、この場合は「中佐」になる。その下がmajorで「少佐」、さらにその下がcaptainで「大尉」になる。さらにその下に、first lieutenantとsecond lieutenantが続く。この場合captainの代理を務める一番目がfist lieutenantで中尉、二番目がsecond lieutenantで少尉に相当する。

しかし、米国の海軍と沿岸警備隊では、commander -lieutenant commander – lieutenant – lieutenant junior gradeの順で、中佐-少佐-大尉-中尉になり、lieutenantは「大尉」となる。つまりアメリカではlieutenantは「大尉」「中尉」「少尉」の3つの可能性があることになる。

イギリスの軍隊でも、やはり「大尉」に相当する場合と「中尉」の場合の両方がある。(「謎の円盤UFO」のSHADOが{イギリス式の}海軍や空軍に相当するなら、lieutenant Ellisはエリス中尉ではなく、エリス大尉だと思う。)

映画やドラマを観ていると良くこのlieutenantが、ある意味軍人への普通の呼びかけ語のように使われている場合が多いことに気付く。ブリタニカによれば、lietenantの最初の説明に書いてあるのは、”the lowest rank of commissioned officer in most armies of the world.”、つまり世界の軍隊のほとんどで、最低レベルの指揮官を表す、とされている。この場合の日本語訳としては、「兵隊さん」「隊長さん」「副官」などを使うべきだと思う。ビジネスの世界で、相手の職位が不明な場合は、取り敢えずmanagerと呼ぶ、というのがあるが、ほとんどそれの軍隊版という感じである。要するに上官の命令を受けて、ある小隊(platoon)を実際に指揮して、実務や汚れ仕事を実際に引き受ける人、というイメージである。

TOEIC S&Wの出題について

TOEICの受験者ですが、2017年度の数字で、L&Rが2,481,000人、S&Wが38,000人とのことです。S&WはL&Rのわずか1.5%に過ぎません。今日時間つぶしで書店に行きましたが、TOEIC関係の参考書の棚にS&Wの本は見当たりませんでした。L&Rの方だと対策本が山のように出ていて、それに対し試験者側も対抗していて、対策本で予想している問題をなるべく外そうと努力している感じがありますし、また試験の内容も昨年変更がありました。それに対してS&Wの方はこの受験者では対策本を出してもまず売れないし、対策本が出なければ試験者側も特に問題を変えていく必要もない、ということで、S&Wについては出題内容がある程度予測できるものになっています。

TOEIC S&W についての老婆心的注意

今回、初めてTOEIC S&Wを受験してのTIPSもどきです。
(1)今回の会場(川崎)では、TOEIC S&Wと一緒に英検もやっていました。で、最初待っている時に、間違えて英検の受け付けの前で待っていました。今回余裕を持って行ったので特に問題はありませんでしたが、受験される方は気をつけましょう。
(2)今回の会場で一緒に受験したのは、わずか12人くらいでした。L&Rに比べると嘘のような少なさです。
(3)テストの実施は全員同時ではまったくありません。最初に到着した順で受付番号を渡され、その順番で一人一人呼ばれ、まず写真を撮って、それが終わったら受験用のパソコンのある席に案内され、そこでパソコンを操作して受験開始になります。
(4)一人一人個室に入ったりせず、教室の中で一緒に受験します。スピーキングの時に一応ヘッドフォンをしていますが、他の受験者がしゃべっている声はそれなりの音量で聞こえます。(3)で書いたように全員同時実施ではないので、他の受験者が先の問題の分をしゃべっている場合もあります。ただ、無視した方がいいと思います。また、他人の発音の上手さ・下手さも気にしない方がいいと思います。総じて言うと、S&Wをわざわざ受けに来る人はそれなりの英語力を持っている人が多いと思います。
(5)ライティングの入力はまったく普通のDELLのデスクトップPCで、キーボードもPCに付属している安物メンブレンでした。ライティングの能率に影響するので、試験を始める前にキーボードの置き場所など十分チェックした方がいいと思います。
(6)ディスプレイも普通の液晶ディスプレイでしたが、最初かなり画面が暗く、コントラストも低く感じました。なので自分で明るさとコントラストを調整しました。
(7)スピーキングでかなり時間が余る場合がありますが、あんまり言い直しをしたりとかはしない方が無難なようです。私はちょっとそれでしくじりました。
(8)ライティングの写真を見て二つの単語を使って「一文」を作るという問題は、スピーキングで写真を出来るだけ詳しく描写するというのとは目的が違うので、あまり長い文章を作らない方が無難で、ちゃんと二つの単語を使った文章が一つあれば十分だと思います。私は「一文」という注意を忘れていて、2つくらいの問題で二文にしてしまいました。幸い時間が余ったので、「BACK」ボタンで前の問題に戻って、修正しました。修正の仕方は、二つの文を”,”や”and”でつないで無理矢理一文にしただけですが。
(9)Eメール回答問題では、”Best regards,”の前に自分の名前(嘘の名前で可)と部署名(適当で可)を入れるのを忘れないようにしましょう。(ビジネスで使うメールだと普通自動で署名が入るので、忘れがちです。)
(10)30分かけてのエッセイ作成問題は、まずアウトラインをそれ自体英語で、解答画面に書いて行きます。その前後に前振り部と結論部を付けて、また本文の所はアウトラインで書いた英語を膨らませていって語数を稼ぎます。語数は右上に表示されます。間違ってもアウトラインを日本語で書いたりするのは時間の無駄なので止めた方がいいと思います。

TOEIC Speaking&Writing テスト/2018年7月1日初受験

TOEICのSpeaking&Writingのテストを、本日初めて受験しました。テスト前に、テストの内容について外部に出さないように秘密保持の誓約書を書かされたので、具体的なテスト内容は書きません。
まず、初めての受験でしたが、落ち着いて対応出来、大きな問題は無かったと思います。L&Rのテストに比べても、時間はあっという間に過ぎる感じ(80分)でした。まず、前日まで風邪で喉をやられて声がかすれていてちょっと心配だったのですが、トローチを舐め続けてなんとかOKでした。最初に自分の声を録音して、それを再生してOKかどうか確認するのですが、音量が小さい感じで、3回ぐらい繰り返してやりました。ここは試験時間外なので、納得がいかなければ何遍でもやり直した方がいいと思います。スピーキングの問題は、ある意味公式問題集に出ていたのとほとんど変わらないという感じで、やはり事前に公式問題でテストの内容を経験しておく意味は大きいです。一問だけ、一回回答した内容を別の表現に言い直していたら、最後の所が少し時間切れになってしまったのと、相手が問題点を訴えたのに解決策を提案するという問題でちょっと内容がしどろもどろになりましたが、全体としてはまあまあOKだったかなと思います。
ライティングについては、写真を見て、与えられた2語を使ってその写真を1文で描写する、という問題が、その「1文で」という指示を忘れて2文で書いてしまったのがありましたが、結局かなり時間に余裕があり、前の問題に戻って解答しなおすことが出来、1文に修正出来たので問題ありませんでした。Eメール回答問題は、日頃からEメールは書き慣れているため、これもほとんど問題無く時間に余裕をもって解答出来ました。ライティングでの最大の難関は、30分の制限時間で、あるテーマについてのエッセイを300語以上で書くというもので、今回のテーマが私にとってこれ以上ないくらい熟知しているものだったので、かなり楽勝でした。テーマはあるビジネス上の行動のアドバンテージとディスアドバンテージを述べなさいというもので、最初にメモ的にアドバンテージ3つとディスアドバンテージ2つを書き、それに前書きと結論部をくっつけて、時間は20分くらいで350語くらいのエッセイが出来ました。後は全体を見直して、細かい言い回しを修正したり、文法ミスやスペルミスを修正したりして、30分以内で個人的にはかなり良く出来たエッセイが書けたと思います。
ところで、大学入試の英語の試験が、今後4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)の試験になり、通常の大学だけでは対応が難しいため民間の試験もOKとなり、その中にこのTOEICも入っています。しかし、今回S&Wを受けてみた感じでは、たとえばエッセイのテーマがかなりビジネス寄りで、ビジネス経験のまったくない学生さんにとっては、たとえ想像で書くにせよ、かなり難しいと思います。例えば「高校で音楽や絵画を教えることのメリットとデメリット」を述べなさい、といったのなら学生さんでも十分解答することが出来ると思いますが、大学受験で使われるTOEICはそういう配慮がされるのか、という疑問が残りました。
なお、結果については3週間後の月曜日にWebで分かります。