稲垣浩監督の「無法松の一生」(1958年版)

稲垣浩監督の「無法松の一生」、1958年版を観ました。1943年版が日本の軍部と、占領軍GHQによって、二度に渡って検閲を受け削除を受けた無念を晴らすため、稲垣監督が敢えてリメイクしたものです。キャストは松五郎が三船敏郎、吉岡未亡人が高峰秀子と当時としては最高のものと思います。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞しています。1943年版と比べてどこがカットされたかが良くわかります。日本の軍部がカットを命じたのは、要するに松五郎が吉岡未亡人に思いを寄せているとわかる所すべてです。車引き風情が軍人の未亡人に思いを寄せるなんぞはけしからん、という訳です。GHQがカットしたのも理不尽で、敏雄が学芸会で「青葉の笛」を唄う所や、提灯行列で学生が軍歌を歌う箇所などです。カットされた箇所を除いて比較して、1943年版と1958年版はどちらも素晴らしい甲乙付けがたいものだと思います。この作品、原作である「富島松五郎伝」も読んでみようと思って、取り寄せ済みです。

吉川英治の「恋山彦」

吉川英治の「恋山彦」を読了。吉川英治が「宮本武蔵」を書く直前の昭和9年から10年にかけて、講談社の雑誌「キング」に連載したもの。昭和8年に日本で公開された「キング・コング」を観た吉川英治が、かなりの影響を受けてこの作品を書いています。後半の主人公である伊那小源太(信州の山奥に隠れ住んでいた平家の後胤)の荒唐無稽な暴れぶりが、まさにキング・コングそのものです。キング・コングは美女のアンを片手にもって、エンパイア・ステート・ビルを登っていきますが、小源太は、柳沢吉保の六義園の開所式に忍び込んで、大暴れし、吉安の妾のおさねを捕まえて片手に抱え、六義園の嘨雲閣(しょううんかく)を登っていきます。キング・コングは人間よりはるかに大きいので(あるサイトによると身長7mくらいではないかということです)、その大暴れぶりは別に問題ないのですが、小源太は大きいといってもたかだか身長は八尺(180cmくらい)ということなので、かなり設定に無理があります。(なんせ小源太一人で、武家屋敷を丸ごと崩壊させたりします。)とはいえ、お話としては、波乱万丈でなかなか楽しめる作品です。最後に小源太が恋人のお品を平家部落に連れて帰る所で終わりますが、その平家部落は既に焼き討ちにあった筈じゃないの、という所がちょっと引っかかりますが。

蘇耀国の「定石のマル秘ノート 打たれなくなった形と新常識」

蘇耀国の「定石のマル秘ノート 打たれなくなった形と新常識」を読了。ここの所続けて読んでいる定石の本3冊目です。前の本のレビューで日本の定石の本は全盤面が載っていない、と書きましたが、この本は2014年刊の最新版だけあって、ちゃんと全盤面がすべてのページで出ています。この本でかつて盛んに打たれたのが、最近まったく打たれなくなった定石が頻出します。まず最近は足早な碁を良しとする風潮があって、一つの隅でごちゃごちゃ戦うのを避けるような傾向があるように思います。また、昭和の時代にはかなり流行っていた、小ゲイマガカリに二間や三間にはさんで、二間トビするようなある意味曖昧な打ち方も最近はあまり好まれないようです。先日紹介した、韓国国家代表チームの本よりも変化が少なめな分、わかりやすいです。

NHK杯戦囲碁 一力遼7段 対 高尾紳路名人

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が一力遼7段、白番が高尾紳路名人の対局です。この二人はどちらも最近タイトル戦で井山裕太棋聖に挑戦し、高尾9段は4勝3敗で見事名人を奪取、井山棋聖を6冠に後退させました。一方、一力7段は19歳での7大タイトルの天元戦初挑戦でしたが、1勝3敗で惜しくもタイトル獲得はなりませんでした。この二人の対戦成績は3勝3敗で既に五分です。前々回のNHK杯戦でもこの二人はぶつかり、その時は一力7段が勝っています。さて、対局は最近珍しい各所で定石が進行したじっくりした布石です。高尾名人が上辺の黒模様に深く打ち込み、ここから競り合いが始まりました。一力7段は右辺の白模様に打ち込み、これをからめて上辺の黒を攻めようとしました。白は右辺から中央にケイマに打ちましたが、すぐに黒に右辺を肩付きされ、今打ったケイマの白石を切り離されてしまいました。これで黒が打ちやすくなった感じです。その後白は左辺を詰め、さらに左辺の黒の二線に置きました。黒は上から押さえ、白は地を稼ぎましたが、黒は中央が厚くなりました。その後黒が下辺をいっぱいに詰め、白はケイマで中央に出ていこうとしましたが、後に黒から分断を狙われ、結局白1子を黒に取り込まれて地を損しました。さらに左下隅の白全体を狙われたのですが、これは何とかしのぎました。しかし黒は中央の白を出切ることに成功し、白の大石を二つに分断しました。この結果、中央につきそうだった白地が消え、白は連絡するだけの手を打たされました。これが決定打で、黒の優勢になりました。ヨセでは黒はかなり固く打ち、中央で黒地が5目くらいつきそうだった所が逆に白地2目になってしまうなど、ミスもありましたが、それまでのリードが大きく、結局白の2目半勝ちでした。

三上於菟吉の「雪之丞変化」(下)

三上於菟吉の「雪之丞変化」(下)を読了。一言、面白かったです。結末は最初から分かっている訳で、読者としては、その過程で作者によっていかにはらはらどきどきさせてもらえるかですが、この作品はその点実に良くできていると思います。ファーストガンダムも言ってみれば、シャアの敵討ちの物語ですが、敵討ちというものは、古の曽我兄弟以来、人の心を捉えるものがあるようです。雪之丞が付け狙う敵の土部三斎の娘で、将軍の側室であった浪路が、雪之丞の計略もあって、雪之丞を心から恋するようになるのですが、その浪路が父親が敵を討たれる前に、悲劇の死を遂げてしまいますが、浪路の純心を受けて心が揺れる雪之丞を描いて、読者を惹き付けます。この辺りのストーリー廻しが素晴らしいですね。