白井喬二の「紫天狗」

白井喬二の「紫天狗」を読了。大日本雄弁会講談社の「講談倶楽部」の昭和25年の秋の大増刊(8月発行)です。ヤフオクで落札したものです。「日本の古本屋」よりも最近はヤフオクの方が白井喬二の新しい作品が見つかる確率が高いです。お話は沙門明智という怪しげで好色な聖者と称する男が、奇跡を行う振りをして人々をだまして金儲けや女漁りをするのを、篠原兵馬という若い武士(紫天狗)が懲らしめるという話です。しかし結末で沙門がやっつけられるのがあまりにもあっさりしすぎで、これは失敗作と思います。とある後家さんと兵馬の師匠である中山陣兵衛の娘の胡夜(こよ)という二人の美女が登場してどちらも沙門に苦しめられますが、さして劇的な展開もなく終わってしまいます。

中里介山の「大菩薩峠」第14巻

中里介山の「大菩薩峠」第14巻を読了。この巻でも前巻に続き動きがあり、お雪が飛騨高山の新任の代官に見初められ、拐かされてその屋敷に連れ込みます。龍之助がその後を追って代官屋敷に忍び込み、出てきた代官の首をはねて、その首を橋の上に放置します。それだけでなく、その代官の淫蕩な妾であったお蘭を連れて出奔します。まったくお雪の妊娠疑惑はどうなったのかまったく語られませんが、お雪はその後尋ね当てて来た弁信と一緒に旅に出てしまいます。一方で駒井能登守はようやく蒸気船を完成させることが出来、お松やお君の忘れ形見の登、清澄の茂太郎やマドロスを乗せて、船を出帆させます。
という具合に話は進展しましたが、さてこの後どのようにまとまるのか、あるいはまとまらないのか、おそらくまとまらないのでしょうが、ともかくそのダラダラした展開を焦らずに楽しむことが読み続けるコツのようです。これで全体の7割を読了したことになります。

TOEIC L&R 試験の参考書

TOEICを今回までで5回受けましたけど、その勉強で参考書を15種類くらい買っています。その中で3つ紹介しておきます。

1.TOEICテスト公式問題集
まあこれは基本中の基本ですね。特に昨年から問題形式が変わったので、新しい問題形式に慣れておかないと本番で大変です。この公式問題集で取れたスコアと本番のスコアはあまり一致しませんが、解くのにかかる時間はほぼ本番と一緒です。結構値段が張りますが、必買でしょう。

2.植田 一三 TOEIC(R)TEST 990点満点英文法・語彙 (アスカカルチャー)
リーディングの部の文法問題を克服するのに一番役に立った参考書です。というかこの問題集の文法問題は、TOEICの本番テストよりはるかに難しいです。TOEICで850点未満の人は手を出さない方が無難です。でも英語学習の最終目標がTOEICではない人にはお勧めです。私はこの問題集を3回繰り返してやりました。その結果、TOEICのリーディング前半の文法問題はほとんど間違わなくなりました。

3.神崎 正哉 990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか
これは試験本番の時の問題の解き方のノウハウです。リスニングの試験の時は一つの問題を解き終わったら、写真選択でなければ次の問題の文をあらかじめ読んでおくことなど、実戦的ノウハウがいっぱい詰まっています。

NHK杯戦囲碁 本木克弥8段 対 呉柏毅 3段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が本木克弥8段、白番が呉柏毅3段の対戦です。本木8段は今年本因坊戦の挑戦者になりました。結果は井山6冠王に歯が立ちませんでしたが、トップ棋士の仲間入りをしました。対する呉柏毅3段は1回戦の戦いを見た感じではとても切れ味の鋭い手を打つ棋士という印象です。布石は穏やかに進行してお互いに自分の領域を確保して、戦いはなかなか始まりませんでした。白は左辺、左上隅、上辺の黒模様を消しに行き、この白への攻めがどの位利くかがポイントになりました。ここが一段落した後、呉3段は下辺の白から右辺の黒に付けて行き、下辺の白模様を盛り上げようとしました。一連の折衝の後、白は右辺の黒に対してtツケ一本だけを利かしましたが、結果的にはこれはあまり良くなかったようです。その後黒は白が下辺から付けてはねている石を切りました。この場合、白からのフクラミが右辺に通常は利いていて、切った黒は取られてしまうのですが、黒は白のフクラミに受けずにウッテガエシで白2子を取り込み中央が厚くなりました。しかし白も右下隅を大きく地にしたので、ここではいいワカレでした。その後白は左上隅と上辺の黒にツケを2つ打ち、両方を切り違えて手がかりを求めました。結果的に白は黒2子を取り込んで上辺を破り、かつ弱かった白石をはっきり活きましたので、ここでは白がポイントを上げました。その後黒は下辺の白を消しに行ったのですが、白が反発してその石の右側に付け、黒がはねた時白が切って戦いになりました。ここで黒が左辺から両ノゾキのようなマガリを打ったのが絶妙のタイミングで、白はどちらも受けずに下辺の黒をポン抜きました。黒は覗いた石から下に出て切りを入れ、隅の黒石を動いて攻め取りにさせました。この結果、黒から左辺で1線の石まで締め付けが利き、左辺の黒地が確定し、黒が優勢になりました。下辺から中央で白はポン抜きましたが、黒も右下隅で2子抱えていて厚いため、このポン抜きが働くことはありませんでした。ヨセでは白は下辺の白地を十数目増やしましたが黒もその代わり中央の地をまとめ、盤面で10目以上の黒のリードでした。白は投了し、黒の中押し勝ちとなりました。

白井喬二の「外伝西遊記」(3)(完読)

白井喬二の「外伝西遊記」の全34回の連載を全部読むことが出来ました。オリジナルとは違う始まり方をしますが、最初に登場するのは孫悟空ではなくて石族の吾呂です。この吾呂というキャラクターを登場させたのが、果たしてプラスになっているかと言えばかなり微妙です。はっきり言って語り部としてしか機能していません。三蔵法師の三人の弟子があまりにもキャラが立っているのに比べると、吾呂はまるで目立ちませんし、特技も姿を消すことが出来るくらいです。もっとも悟空と同じく、蟠桃を盗んで食べてしまったので、不死という設定ですが。そういう訳で、始まりはオリジナルと違いますが、途中天竺への旅を始めてからは、ほとんどオリジナルと似た進行になります。しかし、オリジナルでは悟空が最も苦戦した金角・銀角大王との戦いは、こちらでは悟空があっさり瓢箪の秘密を見抜いて、簡単に悟空の勝ちになります。また、三蔵法師と八戒がある国の水を飲んだら妊娠してしまったという話が出てきて、これは白井一流のほら話かと思ったら、これはオリジナルにもある話でした。小さい頃読んだ子供向け西遊記では省かれていただけでした。ただ、以前も書きましたが、各妖怪との戦いで悟空が使う仙術は結構白井のオリジナルが多いように思います。ちょっと忍術己来也を思い出します。また、びっくりするのは、天竺に入る直前で「地竺」の話が出てきたことです。白井は1940年に「東遊記」という西遊記のパロディを出しており、それは天竺ではなく地竺に行く話でした。それをまた持ち出しています。しかしこの作品での地竺は妖怪が作り出した「反天竺」という設定になっています。
この作品を読んでオリジナルの「西遊記」について、子供向けの翻案しか読んでいないことに気がついて、Amazonで、岩波文庫の10巻物はさすがに重いので、平凡社から出ている2巻物をポチりました。これもダイジェストですが、日本で作られたダイジェストではなく、元々明代に出されたダイジェストを元にした日本語訳です。