朝日新聞学芸部編「第20期囲碁名人戦全記録」

朝日新聞学芸部編「第20期囲碁名人戦全記録」を読了。1995年に、名人の小林光一に武宮正樹が挑戦したもの。武宮正樹は、同時代の趙治勲や小林光一には一歩及ばなかった印象があるのですが、しかし一方的に負け続けていた訳ではなく、例えば武宮は十段を三連覇していますが、その相手は趙治勲名誉名人が2回、小林光一名誉名人が1回で、その二人を相手に三連覇です。また1988年、1989年の世界囲碁選手権富士通杯では、1988年には趙治勲名誉名人、小林光一名誉名人の両方、1989年の第2回では小林光一名誉名人が参加していて、武宮は第1回で3回戦で小林光一名誉名人を破って優勝、第2回は趙治勲名誉名人が出場せず小林光一名誉名人は2回戦で敗退、この時も武宮が優勝しています。
ただ、7番勝負になると、武宮がこの二人に負けたケースが多いのですが、その中で光っているのがこの1995年の名人戦で、武宮はそれまで名人を7連覇していた小林光一名誉名人を4勝1敗という一方的なスコアで破って44歳で初めて名人位を獲得しました。この時の武宮の碁は、それまでの宇宙流の一本調子で中央を囲う打ち方が進化してより柔軟になり、必ずしも模様一本槍ではなくなりました。それがこの時の名人戦でよくその特長が発揮されました。またヨセがそれまで以上に正確になり、この名人選の第1局と第2局はどちらも武宮の半目勝ちです。武宮は以前小林の碁を「地下鉄流」、つまり石が下にばかり行く、と揶揄していたのですが、小林相手にあまり結果を出せずにいました。しかし、この時は雪辱しました。

毎日新聞社学芸部編の「第四十五期 本因坊戦七番勝負 決闘譜」

毎日新聞社学芸部編の「第四十五期 本因坊戦七番勝負 決闘譜」を読了。趙治勲名誉名人と小林光一名誉名人の本因坊戦での3年連続の激突の最初の年です。47期→46期→45期と読んできて、読む順番が逆みたいですが、実は出版はこの順番です。何でも毎日新聞社では本因坊戦を本にするのを10年間止めていて、この二人の三年連続の激突に、作家の白川正芳氏が本にならないのは問題だと動き、三一書房がまず47期の本を出し、それが好評だったので46期が出て、それも好評だったので45期が出た、というそういう流れだそうです。
この二人の激闘はいつも面白いですが、この期は特に面白く、大斜ガケや村正の妖刀といった大形定石が出て、それも途中から新型になります。第四局では、趙治勲名誉名人が大斜ガケ定石で、思い切って隅の石を全部捨てて、外側から締め付けるという大胆な打ち方をして成功したのですが、その直後に悪手が出て負けてしまいます。また第五局では、小林光一名誉名人がこの一手で決まり!と左下隅の白の石を取りにいったのが読み間違いで、白が正しい手で受けて勝ちになり、そこでおそらくこのシリーズの流れが決まりました。小林光一名誉名人は3勝1敗まで行ったのですが、その後3連敗して負けてしまいますが、3連敗のきっかけがこの第五局の隅に打った手でした。

毎日新聞社学芸部編の「第四十六期 本因坊戦七番勝負 決闘譜」

毎日新聞社学芸部編の「第四十六期 本因坊戦七番勝負 決闘譜」を読了。小林光一名誉名人と趙治勲名誉名人の本因坊戦での3年連続の激突の2年目です。この時は出だし小林光一名誉名人が2連勝し、その後趙治勲名誉名人が4連勝して防衛しました。二人の碁を比較すると、小林光一名誉名人はある意味自分の型を貫く人で、布石もほぼ決まっています。それがはまると無類の強さを全盛期には発揮しました。趙治勲名誉名人はそれに比較すると柔軟で、色んな打ち方を試しているように思います。この本因坊戦でも、石田芳夫二十四世本因坊に、第一局を「趣味の碁」と酷評されています。また、白番の布石で従来やらなかった二連星を多く試みています。小林光一名誉名人は全盛期はとても強かったですが、現在はかなり衰えたという感じです。それに比較すると趙治勲名誉名人は、全盛期の飛び抜けた強さは小林光一名誉名人に劣るように思いますが、その代わり高位の成績が長続きして、60歳になった今でも、まだ一流棋士の中で十分な活躍をしています。こうした趙治勲名誉名人の息の長さは、この本因坊戦で見られるような柔軟な考え方、色々な打ち方の試行が役に立っているのではないかと思います。

毎日新聞社学芸部編の「第四十七期本因坊戦七番勝負 決闘譜」

毎日新聞社学芸部編の「第四十七期本因坊戦七番勝負 決闘譜」を読了。趙治勲名誉名人と、小林光一名誉名人が1992年に本因坊戦で激突したものです。小林光一名誉名人は、正確には名誉棋聖 名誉名人 名誉碁聖の名誉三冠を持っています。棋聖は8期、名人も8期も取っています。しかし、三大タイトルのもう一つである本因坊だけは一度も取っていません。挑戦していない訳ではなく、4回挑戦者になっています。その相手がなんと全て趙治勲名誉名人でした。
最初が第37期(1982年)で、この時は4-2で趙治勲名誉名人が防衛しています。
次は8年後の第45期(1990年)で、この時には小林光一名誉名人が全盛期に入り、名人・棋聖・碁聖の三冠王として本因坊一冠だけの趙治勲名誉名人に挑戦しています。この時趙治勲名誉名人は、1勝3敗から3連勝して防衛するという離れ業を演じています。
次が46期で、2年連続で同一カードです。この時は趙治勲名誉名人は最初2連敗し、そこから4連勝するという、またしても逆転劇を演じて防衛しています。
その次が47期で、何と3年連続の同一カードです。この時はなんと、趙治勲名誉名人が3連敗して、誰もが小林光一名誉名人の大三冠(棋聖・名人・本因坊を同時に取ること)達成だと思ったのですが、そこから趙名誉名人が4連勝し、またしても奇跡の逆転劇を演じます。
このため、小林光一名誉名人はついに大三冠もグランドスラム(七大タイトルをすべて1回以上取ること)も達成できませんでした。これに対し、趙治勲名誉名人は大三冠を2回達成していますし、グランドスラムもやっています。ついでながら、二人の対戦成績は小林名誉名人から見て63勝66敗でほぼ互角です。この本因坊戦で戦っている頃は、むしろ小林名誉名人の方がリードしていました。
趙治勲名誉名人はこれまで3連敗4連勝を3回もやっています。その不屈の闘志に感動するしかないです。

NHK杯戦囲碁 山下敬吾9段 対 一力遼7段

本日のNHK杯戦の囲碁は準々決勝第3局で、黒番は山下敬吾9段、白番は一力遼7段の対戦です。山下9段は早碁棋戦で1回優勝していますが、NHK杯戦では今ひとつという感じで決勝まで行ったことはないように思います。対して一力7段は初出場で準優勝しています。対局は黒の山下9段が上辺の狭い方にかかりましたが、白がケイマの間を割きに来た時、白を遮らず、中央を厚く打ちました。そういった厚い打ち方の延長で左辺をケイマにかけて打ちましたが、白もここは黙って這うところではなく、出切って中央での戦いになりました。この戦いは互角でしたが、黒は2目のところを白に沿って3目に伸びました。ここで白が伸びていれば普通でしたが、白は跳ねを決行しました。これが思いの外厳しく、黒は外して受けました。しかし白は黒の石を攻めたて、黒に眼はなく、ほとんど取られになりました。黒の唯一の狙いは中央の白の出切りでしたが、白はこの狙いを無くすため上辺の黒に覗きを打ちました。黒はこの覗きを継いでいると左辺が死んでしまうため、継がずに下辺を打ちました。白は上辺の黒を切断しましたが、切断された時点でこの黒に活きはなく、攻め合いも白の2手勝ちでした。その後しばらく黒はあがきましたが、結局黒の投了となりました。一力7段は準決勝進出で、結城聡9段と張栩9段の勝者との対戦になります。