スタートレックのファーストシーズンの”The Naked Time”

スタートレックのファーストシーズンの”The Naked Time”を観ました。エンタープライズ号がある氷に包まれた惑星の観測基地で6人のスタッフが死亡した事件を調査するため、その惑星の軌道を回っていました。その基地ではスタッフは自分達で暖房を切ってしまって、まるで頭がおかしくなったような死に方でした。調査に降り立ったスポックともう一人はエンタープライズ号に戻りますが、もう一人が犠牲者の血に触ってしまい、ある病原菌に感染した状態でエンタープライズ号に入ります。その男は急に感情的になって、ナイフを振り回し始め、止めようとしたスールーともう一人ともみあっている内に、自分の体にナイフを突き立てて結局死んでしまいます。その時に、スールーともう一人も感染し、スールーは操縦席を離れて上半身裸になり、剣を振り回します。スールーって日本語吹き替えではカトーになっていますが、日本刀ではなくフェンシングの剣ということは、どうも東南アジアのどこかの出身という設定ではないかと思います。また、この回で面白いのはいつも冷静で感情をコントロールしているスポックも感染して、泣き出してしまうことです。結局最後はカークも感染し、2番目に感染した男がエンジンルームを占拠してエンジンを止めてしまい、エンタープライズ号は惑星の重力で大気圏に突入しあわや燃え尽きる所でしたが、カークが反物質を使ってワープエンジンを急発進させ、何とか軌道から離れることが出来ました。病原菌は血液中に入るとアルコールのような作用を人間に及ぼすという説明で、ドクター・マッコイが治療薬を開発します。それはいいんですが、反物質による急速発進で勢いのつき過ぎたエンタープライズ号は時間を逆行して3日前に戻ってしまうというエピソードが入ります。これは後の回で過去に行くエピソードがあるので、その伏線かと思います。しかしこれまでの回やたらサイコがらみのエピソードが多いです。

NHK杯戦囲碁 許家元8段 対 安達利昌7段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が許家元8段、白番が安達利昌7段の対戦です。対局は白が走って各所で地を稼ぎ、黒は厚いけど、白が手堅く打つ所は打って、黒の厚みが働かない感じでした。転機は大ヨセに入った所でした。黒が左下隅からの白に寄り付こうと3手かけたのに白は手を抜いて大きなヨセを打ちました。黒はそこで中央で取られてた1子の引っ張り出しを決行し、その結果左下隅からの白と右辺の白の連絡が断ち切られました。白はその時、下辺の黒地に侵入しようとする手で中央を厚くしようとしました。黒はそれを受けずに非常手段で中央を打ち、白2子を取り込みました。黒は地合では勝てずどこかの白を取るしかなくなりました。右辺の白はそれだけだったらしのげていたと思いますが、問題は右下隅で白が黒を攻め取りにしている所があり、黒はそれの復活と右辺の白の眼を取るのとの両にらみの1線への飛び込みを打ちました。白が右辺を受け、黒は右下隅を動き出し、結果として黒の花見コウになりました。この劫は白が勝ちましたが、代償として黒は右辺の白の上半分を取りました。その後更に右辺の残った白の半分も劫になり、白の劫材が続かずこの白が取られ、白の投了となりました。黒の許家元8段がワン チャンスの逆転をもぎ取りました。

ピアノに再チャレンジ

最近、カシオトーンで古関メロディーを片手弾きして楽しんでいますが、この際、本格的な両手弾きでなくても、左手はコードくらいは出来るんじゃないかと思って、Amazonで一番易しそうな教本を買いました。高校生の時、モーツァルトのピアノソナタ15番ハ長調
https://www.youtube.com/watch?v=TbiGQCpC9W8
を何とか弾けないかやってみたことがありますが、右と左それぞれ単体では何とか弾けるのですが、両方合わせるとダメで挫折していました。年取って昔より根気が出来たのでまたチャレンジしてみます。

「中世合名・合資会社成立史」のKindle版

Amazonにて9月11日より販売を開始したヴェーバーの「中世合名・合資会社成立史」ですが、Amazonの検索で「マックス・ヴェーバー」を入力すると、現状で結構高い順位で出て来て、9月30日にはこの写真のように何と3番目に表示されました。まあ別途PDF版をmaxweber.jpで無償で提供しているので、お金を稼ぐつもりは無く、価格も設定出来る最低にしていますが、それでも嬉しいです。

「巨人の惑星」の”The Lost One”

「巨人の惑星」の”The Lost One”を観ました。この回では、先にこの惑星に漂着していた若者のグループが、キャプテン達一行を巨人の手先で自分達を捕まえに来たと思い込み、争いになります。そして争っている内に誤って若者の一人が巨人が仕掛けた罠に捕らわれます。フィッチューは喉が渇いてそこらに生えていた果実を食べて失神します。それで結局フィッチューも巨人に捕まりますが、そのフィッチューが食べた果実をジュースにして巨人が飲んでいたコーヒーに混ぜて巨人を失神させる、というのが今回の見物です。まあ、スタートレックに比べると大幅に落ちますが、何回か観ている内に慣れてきてそれなりに楽しめるようにはなって来ました。しかし、この惑星には一体地球人が何人漂着しているんでしょう。巨人達もあまり頭が良くなくて、地球人を捕まえるのにもっと効率的な方法がありそうに思います。