スター・トレックの第2シーズンの”By Any Other Name”

スター・トレックの第2シーズンの”By Any Other Name”を観ました。エンタープライズ号はある惑星からの救助信号を受信してその星の上に4人が降り立ちます。すぐに男女2人を見つけますが、男は「降伏してエンタープライズ号を引き渡せ」と言います。抵抗しようとしたカーク達はパラライザーで動けなくされます。この2人はアンドロメダ星雲からやってきており、その星雲の放射能レベルが上がって住めなくなり、新しい住処を求めて銀河系にやってきたのが、銀河系の端にあるエネルギーのバリアで彼らの宇宙船が損傷し、一度アンドロメダに戻るため、エンタープライズ号を使おうとしたものでした。すぐに他のメンバーがエンタープライズ号に転送され、エンタープライズ号を制圧します。彼らはまたエンタープライズ号で星雲間飛行が出来るように改造までします。スコットとスポックは、反物質を使ってエンタープライズ号を自爆させることを提案しますが、カークはそれを実行しませんでした。結局エンタープライズ号は上手くエネルギーのバリアを突破し、アンドロメダ星雲に向かいます。カーク、スポック、マッコイ、スコットの4人以外は、食料が不足するとして中和され小さな岩石にされてしまいます。しかしカーク達はアンドロメダのエイリアンがエンタープライズ号を使うためには人間の形を取るしかないことを理解し、彼らが慣れていない人間的な感情を誘発して彼らの油断を引き出そうとします。カークは女性のケリンダに近づき、彼女にキスの仕方を教えます。それを見た一行のリーダーのロジャンはカークに激しい嫉妬を覚えるようになります。一方スコットはあるエイリアンに強い酒を勧め、酔い潰して見事パラライザーを奪いますが、自分も結局つぶれてしまいます。またマッコイはあるエイリアンに興奮剤を注射し、ロジャンと喧嘩するように仕向けます。カークがケリンダと愛しあっているのを見たロジャンは、パラライザーを使わずに肉体の力でカークと戦います。ロジャンを押さえ付けたカークは、このまま人間の体で旅を続ければアンドロメダに着く頃はすっかり人間と同じになり、つまり元の星の人にとってはエイリアンとして扱われると説得し、銀河系の中で最初にエイリアン達がいた星を住処とすることを提案し、エイリアンも結局それに従います。知性で敵わない相手を感情で混乱させるというのは、これまでもコンピューター相手とかで出てきていて、ワンパターンといえばワンパターンです。

ハルモニア・ムンディのLP29枚落札

ヤフオクで今度はハルモニア・ムンディのLPを落札。前回のERATOと同じ出品業者で、これもYAMAHAの文字入りの袋に入っていたので、またYAMAHAの渋谷道玄坂店の放出品と思います。業者の申告は23枚でしたが、箱物が4組くらいあって実際は29枚でした。その内20枚がフランス、9枚がドイツです。ハルモニア・ムンディで録音がいいのはフランスの方なので嬉しいです。しかも大好きなコンチェルト・ヴォカーレ(ルネ・ヤーコプス、ジュディス・ネルソンら)のが6枚入っていて大当たり!でした。ただ今回は最後まで落札価格が釣り上がって、結局送料入れて1枚あたり2,300円と新譜のLP並みの価格になってしまいましたが、仏ハルモニア・ムンディのLPをこれだけまとめて手に入れられる機会はなかなかないので満足です。今、試しに聞いていますが、プチプチノイズも無く、盤質も極上です。録音もアナログの最高峰といっていいレベルです。

マルセル・ランドフスキーの「オペラの怪人」

先日、91枚まとめて買った仏ERATOのLPの中に、なかなかの掘り出し物、希少品が混じっていました。マルセル・ランドフスキーの「オペラの怪人」!ランドフスキーは1915年生まれのフランスの現代音楽家で、一応無調音楽ですが、俗っぽいストラヴィンスキーという感じで分かりやすい音楽を書いた人のようです。文化相となったり世俗的に成功したためもあって、ブーレーズ一派からはかなり批判された人みたいです。また普通「オペラの怪人」の音楽といえば、ロイド・ウェッバーですが、ランドフスキーが曲を付けているとは知りませんでした。ランドフスキーとERATOは関係良好で、ERATOには同氏の録音が9枚ぐらいあるみたいです。(ちなみにWikipediaの表記はランドスキですがこの表記はおかしいと思います。Malinowskiがマリノフスキーまたはマリノウスキーと表記されることから考えても。)

Harmonia MundiのLP23枚を落札

先日のERATOの輸入盤に続き、今度はHarmonia Mundiの輸入盤LP23枚を落札しました。今回も袋にYAMAHAのロゴとマークが見えるので、やはりヤマハの渋谷道玄坂店にあったものだと思います。今回はかなり高く付いてしまいましたが、それでもこういったLPがまとまった手に入る機会はあまりないので、貴重です。

「巨人の惑星」の”Graveyard Of Fools”

「巨人の惑星」の”Graveyard Of Fools”を観ました。今までの中で一番デタラメでストーリーが無茶苦茶なお話でした。キャプテン達が二人組の巨人に捕まって、リモコン操縦の模型飛行機に乗り込まされて「馬鹿者どもの墓場」という場所に送られます。途中、キャプテン達がリモコン操作を出来なくして自分達で操縦し出したので、二人の巨人はパワーアクチュエイターという一種の物質転送機みたいなもので、キャプテン達を墓場に飛ばします。何で巨人達がそんな高度な技術を持っているかというと、異星人が置いていった、というだけの説明。もはや何でもありです。結局模型飛行機が運んだのはそのパワーアクチュエイターを修理する部品で、それをチューブの中に取り付けるのにキャプテン達が必要だったということです。しかしキャプテン達は捕まっている間にそのパワーアクチュエイターの動かし方を見つけ、再度模型飛行機に乗り込んで、元の出発場所にいるマークの力も借り、墓場を脱出します。パワーアクチュエイターはしかし加熱して最後は大爆発というオチですが、一体この話は何が言いたかったのかさっぱり分かりません。そういう意味でこれまでで最低です。それからまたもトカゲ恐竜登場、といっても「巨人の惑星」では単なる普通のトカゲがキャプテン達から見て巨大だというだけですが。またマークが捕まえられたフォースフィールドは以前出てきたものの転用ですし、パワーアクチュエイターもどうやら原子力潜水艦シービュー号の原子力エンジンの転用ではないかと思います。