ルーターを新しくしました

実に15年ぶりぐらいに、ルーターを新しくしました。ブロードバンドルーターについては最初に買ったのがバッファローのでこれは半年で壊れました。次が確かプラネックスだったかと思いますが、これも2年くらいで壊れました。どうせ壊れるなら安い奴でいいやと思ってCoregaのCG-BARFX3というのにしたら、これが実に丈夫で15年間まったく問題ありませんでした。とはいっても無線LAN機能がないので、別に無線LANアダプターを付けて使っていました。これに似たのを買い直そうとしても、もう有線だけのルーターってほとんどないですね。それでNEC Aterm WG1200HP2という無線ルーターに交換しました。これも新しい製品ですが、見た眼はかなり安っぽいです。
設定はポートフォワーディング含めて簡単に出来たんですが、何故か自分のWebサーバーにドメイン名でつなげるようになると、ローカルのIPアドレスではサーバーにつなげず、逆にローカルでつながる時はWebサーバーにドメイン名でつなげない、という現象が出て悩みましたが、FTP、メール、SSHのすべてでローカルのIPアドレスではなくドメイン名で呼ぶようにしたら解決しました。
逆にRainLoopはIMAP4でサーバーにつながらなくなったのですが、こちらは逆にサーバー名をローカルのIPアドレスに変えたらOKでした。変なの。まずはともあれルーター交換が成功して何よりです。
最後にルーター交換+セットアップに1時間半くらいかかり、その間アクセス出来ませんでした。その間に来られた方にはお詫び申し上げます。

RainLoopでアドレス帳を使えるようにする。

RainLoopは驚くべき事に初期状態ではアドレス帳がありませんでした。
意外とWeb上にも情報なかったんですが(使っている人少ないんでしょうか)、以下のようにして無事アドレス帳を使うことが出来るようになりました。

(1)mysqlでrainloopのアドレス帳用のデータベースを作る。
(mysqlを入れていない場合は、SQL Liteも設定できますが、アドレスデータがかなりの量あるなら、mysqlを使った方が無難です。)

# mysql -u root -p
Enter password:(パスワード入力)
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 3577
(以下表示略)
mysql> create database rainloop;
mysql> create user hogehoge identified by ‘パスワード’; (’パスワード’の所は実際に設定するPWを)
mysql> grant all privileges on rainloop.* to hogehoge;
mysql> quit

(2)rainloopの管理画面にログインし、左のタブで「連絡先」をクリック。
「連絡先」の所で、「連絡先を有効化」をチェック。
「ストレージ」の所で「タイプ」で「MySQL」を選択。
DSNの所で、”mysql:host=127.0.0.1;port=3306;dbname=rainloop”を設定。
ユーザー名、パスワードを入力。
「iテスト」ボタンを押して、ボタンが緑になればOK。

これでログアウトして、一般ユーザーで入り直せば、アドレス帳ボタンが新規作成ボタンの右に追加されている筈です。

RainLoop(Webメール)を自宅サーバーに入れる

自宅サーバーでのWebメールは、昔Squirrel Mailというのを使っていましたが、サーバーを更新して入れ直した時にいつからか文字化けが発生して使えなくなりました。それ以来Webメールは設定していませんでしたが、今回ググってみてRainLoopというWebメールを入れてみました。インストールは非常に簡単でした。しかし、管理画面には問題なくログインできましたが、そこでドメインを設定して、ユーザー名でログインしようとすると認証エラーでダメです。しかし、10回くらい繰り返してやっていたら、そのうちログイン出来るようになりました。しかし、次の問題は、メール受信はOKですが、送信がやはり認証エラーになりました。あれこれやって、結局ドメインのSMTPの設定で、”php mail() 関数を使用する” にしたら送信できるようになりました。

マックス・ヴェーバー「理解社会学のカテゴリー」(海老原明夫・中野敏男訳)

マックス・ヴェーバーの「理解社会学のカテゴリー」を学生時代以来、再読。海老原明夫・中野敏男訳の日本語訳です。訳者のお二人は、折原浩先生の「経済と社会」の精読の演習の中心的メンバーで、1984年から先生がこの演習を始めた時に、まずこの「理解社会学のカテゴリー」から精読を開始しました。従って私もその時にドイツ語の原文を解読する作業に参加していますが、しかしその内容をほとんど忘れてしまっています。今回折原浩先生の「経済と社会」再構成の作業を追いかけていく上で、この論考の内容をもう一度押さえておく必要性を感じて読み直したものです。従来この論考の日本語訳としては、林道義氏のものがありました。しかし、その日本語訳には明らかな誤訳も含まれており、今回読んだ海老原・中野訳には訳者注も解題も含まれていて、日本語訳のレベルとしてははるかに上です。しかし、とはいってもこの論考の内容は非常に理解するのが大変です。この論考では、「ゲマインシャフト行為」、「ゲゼルシャフト関係」と「ゲゼルシャフト行為」、そして「諒解(行為)、諒解(ゲマインシャフト関係)」といったカテゴリーが定義され、更にアンシュタルトと団体、という二つの社会学的な人間のグループが区別されて定義されます。「ゲマインシャフト、ゲゼルシャフト」というのは、ヴェーバーの前にテンニースの有名な論文があって、そこではゲマインシャフトが「共同社会」として、ある意味素朴な人間関係に基づく前近代的なものとして定義され、それに対してゲゼルシャフトが「利益社会」としてある意味冷たい利害関係に基づく人間関係として対立概念として定義されていました。注意しなければならないのは、ヴェーバーのゲマインシャフト、ゲゼルシャフトという言葉の使い方が、テンニースのような対立概念ではない、ということです。ヴェーバーの用語法では、まずゲマインシャフト(行為)があり、その特殊な形態としてゲゼルシャフト(行為)が定義されており、ゲマインシャフトはゲゼルシャフトを包摂する上位概念です。
こうしたヴェーバーの用語法は、非常にわかりにくく、この論考が書かれた後にヴェーバーはミュンヘン大学で学生にこのカテゴリーを講義しますが、結局テンニースの概念と混同されてほとんど理解されず、この結果ヴェーバーがカテゴリー論を見直し、後に「社会学の根本概念」という論考につながります。そこでは社会的行為、社会的関係という一般的な用語にある意味では後退し、「諒解」に関してはまったく出てこなくなります。
しかし、「経済と社会」の旧稿にはまだ「理解社会学のカテゴリー」のものが使われており、それを理解するためにはこの「理解社会学のカテゴリー」を踏まえる必要があります。
なお、ヴェーバーの有名な「現世の呪術からの解放」と言う言葉はこの「理解社会学のカテゴリー」で初めて登場します。