NHK杯戦囲碁 清成哲也9段 対 富士田明彦7段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が清成哲也9段、白番が富士田明彦7段という、ベテラン対若手の対戦です。序盤で右下隅で黒が右辺からかかった石を挟まれたのに、黒は挟み返しました。そしてかかった石のサバキで、隅の白に付けていって跳ねてという常套手段ですが、白の切りに当然継ぐのかと思ったら何といきなり劫に受けました。普通序盤に劫立ては無いのですが、この場合左上隅に付けていくのが有効な劫立てで白が受けたので、黒は劫を取り返して右上隅の白の劫立てに受けずに劫を解消しました。これは黒が一本取って、AIの判定も黒優勢になりました。白の劫立ての右上隅で攻防が始まりましたが、黒が右辺で跳ねて、右辺の黒に連絡したのに対し、白は上辺でハネました。その後黒が頑張ってので、白は取られていた石を担ぎ出し、結果として黒は絞られて団子になり、白は断点は残るもののかなり中央方面が厚くなりました。これで形勢はまた互角に戻りました。それから黒は左上隅を動き出しました。ここで白は黒に2箇所断点がある所を外を切りました。この場合切った方を取れ、で白1子は取れましたが、隅の黒2子は取られました。なおかつ白1子を取った黒がまだ活きておらず、かつ回りの白が厚いので、黒は上手く活きなければいけませんでした。しかし黒は手を抜いて白に封鎖させてから活きにいき、それほど屈辱的ではない延びで活きることが出来たため、このあたりは互角の形勢が続きました。形勢が動いたのは、左下隅で白が隅にケイマにすべって根拠を得に行ったのに、黒が2線に付けて行った所でした。お互いが切り合った形で、黒は左辺を活きる必要があり、結局左下隅の黒が眼が無く追い立てられる形になりました。白はこの黒を攻めつつ中央を厚くして行きました。それに対して黒も上手く右辺から中央に進出しましたが、取られかけていた下辺の白石が復活することになり、左下隅からの石がまた狙われる形になりました。このままこの石の活きを図りつつ、かつ中央の白地を削減するというのは困難で、結局ここで黒の投了となりました。

「大魔神逆襲」

「大魔神逆襲」を観ました。これが三部作の最後で1966年の11月の公開です。今回は雪山の魔神で、冒頭では決して良いだけの神ではなく、人間に災害をもたらす荒ぶる魔神として描写されます。またこれまで2作は女性の涙で大魔神が呼ばれましたが、今回は悪い武士に捕まって労働をさせられている木こり達を探しに行く子供達4人(途中で一人溺れて3人になります)が、大魔神を呼び出すことになります。更には新機軸としては、大魔神の化身として鷹が登場します。子供たちが親たちを探しに魔の山に入って行く過程がちょっと長すぎて中間がだれます。また前2回のように悪者が直接魔神像に対して何か不敬なことをやるというのがなく、最後に悪者が大魔神にやられるシーンが今一つカタルシスに欠けるような気がします。今回人間側が大魔神を攻撃する武器として大砲が登場しますが、これも大魔神は蹴散らします。この第三作は興行的にはあまり良くなかったため、これが大魔神シリーズの最後になってしまいます。しかしこの三部作の成功は、何といっても大魔神の造形と特撮で、よくもここまで恐ろしい魔神を作れたものだと思います。

「大魔神怒る」

「大魔神怒る」を観ました。大魔神シリーズの2作目で、1966年のお盆に公開されたようです。夏の公開のせいか、今回の大魔神は湖の中の小島に鎮座しています。それでいつものパターンで悪逆な武士達が領民を苦しめ、大魔神の石像を爆破し、石像の破片は湖に沈みます。そしてあるお姫さま(藤村志保)の祈りと涙によって大魔神が登場する訳ですが、そのシーンでは湖の水が真っ二つに割れて、とこれは明らかにセシル・B・デミルの「十戒」の映画でモーセが海を割ってユダヤの人々を逃がすシーンのパクリです。パクリと言えるのはもう一つあって、最後に沈んだ大魔神の小島の鐘が湖の底から鳴り響くのですが、これはハウプトマンの「沈鐘」からのようです。後私にとってうれしかったのは、度々平と昇太の母親役で橘公子が出ていたことです。この時45歳くらいでしょうか。(橘公子は戦前の「富士に立つ影」や戦後すぐの「狐の呉れた赤ん坊」などで知られる美人女優です。)
それから今回は人間側の大魔神への攻撃もスケールアップして火薬で大魔神を爆破しようとしますが、大魔神はびくともしないのはお約束通り。しかし、この映画でも特撮の見事さは光っていて、大魔神と普通の人間がからむシーンで違和感がまったくありません。実際には大魔神は着ぐるみで中には人が入っているので、実サイズは等身大です。いわゆるブルーバック合成で画面を作っています。

スター・トレックの第2シーズンの”Patterns of Force”

スター・トレックの第2シーズンの”Patterns of Force”を観ました。1960年代のアメリカのSFものTVドラマには必ずといっていいほど登場するナチスドイツもの。エンタープライズ号は、エコスとジーオンという2つの星系の監視に派遣されていた、元カークのアカデミーでの先生だったジョン・ギルからの連絡が途絶えたのを調査するため、エコスに向かいます。エンタープライズ号からの呼びかけに対しギルからの返事は無く、カークとスポックは転送装置でエコスに降り立ちます。そこは何とナチスドイツそのものの社会で、2人はジーオンのスパイだとして捕まります。そしてジョン・ギルがエコスで「総統」と呼ばれて崇拝されているのを知ります。カーク達はジーオンの地下工作員と協力してなんとかギルに会って訳を聞こうとします。そして総統のジーオン攻略作戦のための最終スピーチが行われる会場に忍び込みます。カークはギルが薬物によって昏睡状態で強制的に喋らされていることを察知し、マッコイをナチの軍医の格好で転送するよう命じます。マッコイが打った気付け薬でギルはなんとか質問に答えられるようになり、ナチス式を導入した理由は、エコスの無法社会に対してはナチス式がもっとも短期間に有効な結果を残せるから選択したと答えます。しかし途中でメラコンという男がギルを裏切って自分でジーオン征服を進めようとし、ギルを昏睡状態にして操っていたということです。カークはギルに再度気付け薬を打ち、ジーオンへの侵略作戦を中止する演説をさせ、そしてメラコンこそ裏切り者であることを暴かせます。逆上したメラコンがギルのいる部屋に向かって銃を撃ち、ギルは倒れます。ギルはカークに向かって「歴史家が歴史に学べなかった」という言葉を残して息絶えます。なおこの回は1995年まではドイツでは放送されなかったそうです。日本でもタイムトンネルで真珠湾攻撃と硫黄島での戦いの2話は放送されませんでした。