「原子力潜水艦シービュー号」の”Time Bomb”

「原子力潜水艦シービュー号」の”Time Bomb”を観ました。第2シーズンの第2話ですが、この話で初めて新しいメカである「フライング・サブ」が登場します。第1シーズンのミニサブは単に小さな潜水艦でしかも防水シールドされておらず乗組員はウェットスーツを着けて乗り込まないといけないものでした。それに比べて「フライング・サブ」は気密性があるので、ノーマルスーツで乗り込めますし、何より潜水艦としてだけではなく海面から発進して空中を飛べるという優れものです。しかし海面から飛び上がるシーンはかなりヨタヨタしていますが…またシービュー号の全面のガラス(ハーキュレース)は第1シーズンでは2段になっていましたが、この回から1段に変わります。ちなみにフライング・サブがどうやってシービュー号に搭載されるようになったかの説明はまるでありません。
ちなみに第2シーズンからはシービュー号のクルーにも新顔が2人加わっており、こちらは第1話で既に登場していました。
で今回のお話なのですが、何というか二流の007としかいいようのないスパイ物です。007の「ドクター・ノオ」が公開されたのが1962年で、この第2シーズンは1965年で、スパイブームのまっただ中です。ミニサブ自体がボンドカーのような乗り物の影響を受けていると思われますし、また何故かかなり年配の筈のネルソン提督がスパイ役として、黒海の畔の都市にあるソ連の核兵器の製造基地に乗り込みます。笑っちゃうのが、ネルソン提督が出発する前に、色々な「秘密兵器」の説明を受けることで、007そのままです。しかもその説明をするのがタイム・トンネルで老博士スウェインを演じていた役者で、「原子力潜水艦シービュー号」では2度目の登場です。ネルソン提督はジェームズ・ボンドばりに味方のエージェント(女性)と濡れ場まで演じます。でそのエージェントがダブル・エージェントであり、実は最初からソ連の罠で、ネルソン提督はアメリカで水鉄砲に似せた特殊が銃で体内に特殊なセシウムを注射されており、核反応炉にネルソン提督が近づくと核爆発を起こし、それがアメリカの攻撃だという口実にしようとする陰謀です。それでネルソン提督を止めるために、クレーン艦長もカメラマンに化けてスパイ活動を行います。
何だか先が思いやられる第2シーズンです。

「原子力潜水艦シービュー号」の”Jonah and the whale”

「原子力潜水艦シービュー号」の”Jonah and the whale”を観ました。この話から第2シーズンとなり、カラーになります。ソ連の海底研究所が大クジラに襲われ破壊されます。それを設計したロシア人女性博士が、シービュー号から潜水球(ダイビングベル)を降ろして破壊の跡を調査しようとします。(何故アメリカとソ連が仲良く協力しているのかの理由は不明です。)しかし最初の調査で潜水球がまたもクジラに襲われ乗っていた人は死にます。それで次はロシア人女性科学者とネルソン提督が潜水球で調査に向かいますが、こちらもクジラに襲われ、クジラに潜水球が飲み込まれてしまいます。後はシービュー号のクレーン艦長以下が如何にこの潜水球を救助するかというだけの話です。タイトルは旧約聖書の「ヨナ記」に基づいています。この旧約聖書ではヨナは大きな魚に飲み込まれ、その腹の中で3日を過ごします。ともかくクジラの体内の特撮がちゃちでビニールとかを使っているのが丸わかりでアーウィン・アレンらしい安っぽさです。

NHK杯戦囲碁 高尾紳路9段 対 小林覚9段

本日の(正確には昨日の)NHK杯戦の囲碁は黒番が高尾紳路9段、白番が小林覚9段の実力者同士の対局です。布石は右上隅でナダレもどきになり、左上隅でも白が黒にカケを打ったので、黒は両方で3線を這った形になり、白が中央に向かって厚くなりました。白が左辺を大きく模様にしたのに黒は低く打ち込み、ここで劫になりました。しかし黒は左辺を活きに行こうとはせず、軽く捨てて、その替わり下辺の白を切り離しこれへの攻めを見ました。白は右下隅でも左辺から一本かかったきりになっており、黒は下辺を攻めるとみせてこちらも狙っていました。白はそれを察知しまず右辺から動き下辺とは連絡したふりをしているという感じでした。黒はその2つを切りにいきましたが、白は右下隅にすべって眼形を確保しにいきました。黒はすぐその石を切り離しに行きました。白は右下隅で実利を得ましたが、中央と下辺と弱い石が2つ出来ました。中央を捨てるかと思いきや、中央の白を動き出し、右辺の黒にプレッシャーを与えました。この結果右辺に石が来たので、右上隅に切りが成立するようになり、実利で得をしました。その後白が上辺に打ち込み結局右上隅の黒を取りましたが、黒も代償で中央の白を取り、この辺り互角でしたが、やや白がリードかという形勢でした。その後左上隅で大きな劫になり、黒が勝って若干得をしましたが、まだ白が少し厚い形勢でした。黒は挽回しようと左辺で更に劫を仕掛けましたが、この劫は白が勝ち、黒は2目ほど損をしました。結局白の4目半勝ちとなりました。プロらしい、お互いに捨て石を駆使した面白い対局でした。

Cell phones and social etiquette

The following essay is what I wrote as an assignment of an English school AEON.

Topi: Cell phones and social etiquette
Style: Formal
Among many alleged manners for cell phones or smartphones, the most vocal one in these days might be “do not use your cellphone/smartphone while you are walking on the street”. It is absolutely true that looking at the screen of a cellphone/smartphone during your walk is quite dangerous not only for you, but also for others whom you may jostle. Some of smartphone applications, however, require users to watch the screen while they are walking. The most typical one is Google Map. Many people (including myself) use the app to find destinations when they are lost in unfamiliar areas. Some may argue that we should use the “vocal guidance” function so that we do not need to look at the screen. For many others, however, it is inevitable to look at the screen even with some vocal guidance since the app is named “map”. And a map is to look at while we are walking. In the past, when we had no cellphone/smartphone, nobody said that we should not look at a paper map while we were walking. The difference between the old information system and the new one is, just the number of people who use it. People did not always have maps in the past, but now most of them have smartphones and they use them almost all the time while they are awake.
From this example, we can argue that we should think more how to solve the addiction to smartphone than to expect good manners for smartphones. For many young people, the first thing to see in the morning after they woke up and the last thing to see before they fell asleep are the same thing, their smartphones. When I travelled in China in last September, what shook me most was the fact that many young engineers with whom I had a lunch one day started to check their smartphones as soon as they finished eating. At this point of change in personal behavior, we should intensively study potentially negative impacts to human health for both body and mind.
As a conclusion, smartphone addiction is quite a serious problem and to consider good smartphone etiquettes is quite useless without thinking of possible solutions for this addiction.

究極の果物剥きを求めて

究極の(?)果物剥きを求めて。元々毎日包丁を使っているのは、リンゴ、梨、柿といった果物剥きのためでした。一番左のヘンケルの比較的安価な三徳包丁を使っていましたが、研ぎ技術がアップして切れ味が良くなると、もっと他の包丁を試してみたくなりました。左から2番目がより大形の三徳包丁ですが、これは明らかに失敗で、刃厚がありすぎて食いつきが悪く、ある一定の力以上になるとすっと切れるので、危ないです。実際指を切りました。次が日本の伝統である、小形の薄刃の皮むき包丁(両刃)です。これは刃の全体を使えるので、確かに柿などの皮を剥くのには最適ですが、如何せん刃の長さが短かすぎてリンゴを割ったりするのには不向きです。次にそれより長いペティナイフです。よくあるペナペナしたのではなく、硬めのものです。これも悪くないんですが、刃の幅が狭いと、意外と剥きにくい感じです。それで結局三徳包丁に戻って来て、元々使っていたヘンケルの17cmよりちょっと短い15cmのに落ち着きました。和食での包丁の使い方の基本は桂剥きだそうですが、西洋包丁を使っていても皮剥きは基本中の基本のように思います。