NHK杯戦囲碁 坂井秀至8段 対 井山裕太6冠王

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が坂井秀至8段、白番が井山裕太6冠王です。布石はタスキの配石で白が右上隅の黒の星にいきなり三々に入ったのが流行の打ち方でそれに対し黒が手を抜いて左上隅を両ガカリしたのはもっと最新の打ち方です。白が上辺の黒に付けて黒がはねて白が延びた時、普通は黒でツケノビ定石と同じで隅に伸び込むかあるいは一間に飛び付けるかですが坂井8段は右上隅の黒石を意識して右側から押すという手を打ちました。白は黒が延びなかった所を押さえて黒が継いだ後、左上隅で下がって隅を守れば普通なのですが、井山6冠王は左辺の黒にかけるという新手を放ちました。この結果未知の進行になり、双方序盤で持ち時間の10分を使い果たすという展開になりました。その後の進行では白は弱石を2つ持ち、苦しいかと思われましたが、ここで白は左上隅の黒に働きかけていき、劫になりました。白は中央に絶好の劫立てがあり、黒は劫に勝って左上隅を確保し上辺とも連絡しましたが、白も黒の種石2子+αを制して中央が厚くなりました。先手となった黒は右下隅にかかっていき、右辺に展開しましたが、最終的に黒が右下隅の三々に入っていき、右下隅と右辺の振り替わりになりました。この辺りやや白が厚いかなという感じで進んでいましたが左下隅で二段劫が発生しました。黒は右上隅の白の生死を劫立てにしようとしましたが、白は受けずに右下隅を包囲している黒を切断し劫を大きくしました。ここで黒が冷静に右上隅を取っていればかなり細かい形勢で、勝敗は不明でした。しかし坂井8段は足らないとみていたのか下辺で切り離された黒を助ける劫立てを打ちましたが、結局劫に負け、代償として右上隅を取りました。最後に黒は中央の白地が付きそうな所に単純に右辺から出て行くヨセを打つだけでなく、中央で手にしようと頑張りました。しかし回りの白にどこも弱い所がなく、一眼しか出来ず、ここで黒の投了となりました。坂井8段としては惜しい一戦でしたが、井山6冠王の読みの正確さが光った一局でした。

クレメンス・クラウスの97枚組セット

クレメンス・クラウスの全97枚のセットを全部聴き終えました。中に数枚音飛びがするCDがありましたが、送り返すのが面倒で返品交換は求めていません。
クレメンス・クラウスについては、ウィンナ・ワルツのニューイヤーコンサートを始めた人で、私も最初はそちらから入りました。しかし感銘を受けたのはブラームスの交響曲第1番の演奏で、歌心あふれる素晴らしいブラームスでした。それでこのセットを買い求めました。
クラウスはウィーンの国立歌劇場のバレリーナの私生児です。父親が誰かは分かっていませんが、ご覧の通りの端正な顔立ちであるため、父親が当時の皇帝であるという噂もあります。皇帝でなかったにしても、かなり高貴な身分の人であっただろうと思います。
全体を通して、クレメンス・クラウスが偉大な指揮者であることが十二分に確認出来ました。中でも一番感銘を受けたのがヨハン・シュトラウスの「こうもり」です。CDなんで当然映像はありませんが、何というか大晦日の演奏の定番であるこのオペレッタがこれほどワクワクした響きを持っていることに驚かされました。クラウスの指揮だけでなく、ユリウス・パツァーク、ヒルデ・ギューデン、アントン・デルモータといった素晴らしい歌手が集まっていることにも感銘を受けます。後は伝説の名演と言われるバイロイト音楽祭のライブである「指輪」と「パルジファル」も素晴らしいです。その他リヒャルト・シュトラウスについては、クラウスはある意味協力者と言っていい位R・シュトラウスの音楽を取り上げていますし、最後のオペラ「カプリッチョ」に至ってはクラウスが台本を書いています。このセットにもかなりの数のR・シュトラウスの音楽が入っており貴重な記録だと思います。
惜しいのは、イタリアオペラもヴェルディやプッチーニなど多数収録されているのですが、すべてがドイツ語歌唱だということです。現在でもドイツの主として地方ではドイツ語上演が普通で私もフィッシャー・ディースカウの「リゴレット」のCDを持っていたりしますが、やはりちょっと違和感は否めないです。
Wikipediaの「クレメンス・クラウス」の項には「ウィーン、ベルリン、ミュンヘンとドイツ圏の三大歌劇場の総監督をすべて歴任し、ウィーン・フィル最後の常任でもあった指揮者ながら、日本ではこれに見合った位置づけがほとんど行われていない。」とありますが、同感です。これだけの名指揮者としては評価が低すぎると思います。

Online dating

先日の”arranged marriage”に続いて、英会話教室AEONの英作文課題として、”Online dating”について書きました。両方が関連あるトピックです。今回教師による修正箇所は6箇所でした。下記は修正済みのものです。

Topic: Online dating
Style: Formal

(Please refer to my previous essay about “arranged marriage”, since two topics are quite closely linked each other.)
As we have seen in my previous essay about “arranged marriage”, there has been a quite drastic shift in the form of marriage from traditional arranged marriage to love marriage in just 70 years. The problem that we should carefully watch is whether people in Japan could smoothly adjust to this rapid change. From my personal experiences, there are many not pure “boy/girl-meets-girl/boy” type love-marriages in the high dominance of love marriage as 87.7% in years from 2010 to 2014. It is difficult to know exactly how much is the pure type, because most married couples might be reluctant to tell the truth of their first encounter if it was not a genuine type of love affair.
As collateral evidences, some statistics by IBJ, an organization of collected dating services in Japan, are introduced here. The number of the service companies under IBJ is 1,771, and collectively they have more than 59,000 customers. IBJ estimates the number of potential customers (namely the unmarried) as 6 million and the market size as 200 billion JPY ($1.8 billion). The service they offer is practically an Omiai itself. The difference between old and new Omiai is just who takes care of combining unmarried couple: the relatives or some acquaintances (in the past) or a service company (now).
In Japan, we call marriage related activities “Konkatsu”, being derived from the word “Shukatsu” (activities trying to get a job). It means that it is quite difficult for many young people to find a good counterpart and they need some special activities. In the past, Gokon, a matchmaking party, was popular as an example of such activities. It seems, however, online dating services operated by the companies under IBJ have replaced Gokon. There were some negative images for such services in Japan, since there was a service called Terekura (telephone club) that was often abused for prostitution by amateurs in the late 1980’s. It can be observed, however, that popularization of smartphones and SNS services might have improved the negative image of online dating services at a rapid pace.

「謎の円盤UFO」の”Reflections in the water”

「謎の円盤UFO」の”Reflections in the water”を観ました。終わりが近づくにつれ、脚本のレベルが上がって来ているように思います。今回はエイリアンはいつものちまちました攻撃ではなく、とうとう50機という大編隊で地球を襲おうとします。更にはその準備として凝っているのが、火山島の中にUFOを潜ませておく基地を作り、さらにはその近くの海底にドームを作り、その中に何とSHADO本部とまったく一緒の設備を作り、そこで働くスタッフもストレイカー司令官を含め全員そっくりさんを揃えています。で、その目的はムーンベースとインターセプター、そしてスカイダイバーに対して、UFOが襲来しても攻撃するなという嘘の指令を出すことでした。しかしよく考えると本物のSHADO本部の方が機能しないようにしている訳ではないんですから、発信場所からすぐばれそうなものですが…今回またもストレイカーは司令官にあるまじき行為で、フォスター大佐と一緒に海底ドームの調査に乗り出し、あわや、ということになります。
最後は、インターセプターとムーンベースに備え付けのミサイル迎撃車、スカイワンの総動員で、50機のUFOを皆殺しにするというある意味カタルシスのある結末でした。インターセプターは3機しかなくて、UFO3機しか墜とせない筈ですが、何故かこの回では途中でミサイルを補給しています。

「謎の円盤UFO」の”The psychobombs”

「謎の円盤UFO」の”The psychobombs”を観ました。エイリアン側が行った数々の作戦の中で、今まで観た中ではもっとも効果的でSHADOに大きなダメージを与えました。更には後一歩でSHADO本部もストレイカーを始め多くのスタッフもろとも爆破される寸前でした。SHADOの防衛網をかいくぐってイギリスに着陸したUFOが催眠電波みたいなもので3人の男女を操ります。この3人はUFOに操られている状態では、人間としては考えられないようなパワーを出します。そのパワーでまず武器も無しにSHADOのレーダー基地に潜入し、高圧電線をショートさせて基地を爆破します。この攻撃に関してはストレイカーに降伏勧告状が届いており予告されたものでした。予告の次のターゲットはスカイダイバーの3号機で、厳重な警戒にも関わらずエイリアンに操られた男がスカイダイバーに乗り込み、やはり電源をショートさせてスカイダイバーを爆破します。最後のターゲットがストレイカー司令官とSHADO本部であり、エイリアンに操られた女性がやはりSHADO本部の主電源をショートさせようとします。しかし危機一髪でスカイワンが操っていたUFOを撃破して助かる、という話しです。
写真は基地から発進するスカイダイバーです。(この後爆破されてしまいますが。)
ちなみに、「謎の円盤UFO」の撮影は最初に使っていたスタジオが使えなくなって、数ヶ月中断して別のスタジオでの撮影になります。その中断の影響で一部の役者が継続して出られなくなり、例えばフリーマン大佐は後半の話には登場せず、替わってレイク大佐(女性)が登場しています。ムーンベースのエリス中尉も後半は登場していません。