NASのマウントの再起動時の自動実行

昨日、NASをLinuxサーバーのファイルシステムにマウントすることに成功しましたが、再起動すると設定が解除され再度手動でコマンドを打ってマウントし直さなければなりません。これを自動でやるには、/etc/fstab の最後に以下を追加します。
(以下、192.168.0.173はNASのIPアドレス)

//192.168.0.173/disk1 /mnt/nas cifs credentials=/etc/cifscredentials
//192.168.0.173/usb1 /mnt/nas-usb1 cifs credentials=/etc/cifscredentials

/etc/cifscredentialsというファイルを作成し、以下を記述します。
username=xxxxxxx
password=yyyyyyyy

でこのファイルのオーナーはrootとし、属性を600にします。
fstabに直接userとpasswordを記述してもOKなのですが、fstabは全てのユーザーから見えてしまうため、セキュリティー上問題があり、このように別ファイルにします。

で、fstabの変更が終わったら、
#mount -a
を実行。(私はこれをやらないではまりました。)

このブログのデータの自動バックアップ

ブログのバックアップですが、完全自動に出来ないか考えていました。(今は一回Windows 10 PCでFTPでサーバーにつないでファイルを落としてそれをNASに保存していました。)考えてみたら、サーバーもNASもLinuxなんだから、サーバー側からNASをマウントできる筈だと色々やってみたら、サーバー側にもsamba-clientを入れることで、無事にマウント出来ました。これで後はcronでファイルをコピーするバッチファイルを作れば完全自動バックアップ体制が出来ます。
取り敢えず、アップロードしたファイルとmysqlのデータベースを1日1回自動でNASにつないだUSBメモリーにコピーするシェルスクリプトを書きました。後はNASの機能でUSBメモリーからNAS本体に1日1回コピーされますし、AmazonのS3とも同期します。

NASにバックアップ用のUSB接続HDDを追加

NASのバックアップ用に2TBのUSB接続HDDを1台追加。毎日AM2:30に差分バックアップが自動実行されます。NAS自体がRAID1で2台のHDDですから、これで3台のHDDに同じデータが保存されることになり、まず完璧です。さらにNASの前面のUSB1に挿しているのは64GBのUSBメモリーで、これにブログの毎日の差分をコピーして、AmazonのS3と同期を取ります。まあ会社でも同じことをやろうとしているので、それの実験でもあります。