NASにバックアップ用のUSB接続HDDを追加

NASのバックアップ用に2TBのUSB接続HDDを1台追加。毎日AM2:30に差分バックアップが自動実行されます。NAS自体がRAID1で2台のHDDですから、これで3台のHDDに同じデータが保存されることになり、まず完璧です。さらにNASの前面のUSB1に挿しているのは64GBのUSBメモリーで、これにブログの毎日の差分をコピーして、AmazonのS3と同期を取ります。まあ会社でも同じことをやろうとしているので、それの実験でもあります。

NASの設置

ルーターを新しくして家庭内ネットワーク速度も上がったので、NASを設置。2TBX2のRAID1です。NASって何なのかと思ったら、Linuxサーバーでsambaを動かしているだけなのですね。なので管理者PWと、一般ユーザー+PWの登録が必要です。主目的はハイレゾのファイルをこのNASに移してミュージックサーバー化すること。その他Webサーバーデータと写真データのバックアップ。
RemoteLinkというアプリを使って、外出先からもこのNASのファイルにアクセス可能です。

学術の世界でのFOSS(フリー/オープンソースソフトウェア)的な動き

今私がやろうとしている、フリーソフトウェア/オープンソース的なヴェーバーの日本語訳プロジェクトですが、調べてみたら世界ではもう10年以上も前から行われていることがわかりました。https://mag.osdn.jp/07/08/07/0012247
もっとも、ITの話に一般的に弱い日本の社会科学系の学者さん達がどこまでそういう世界の動きを把握しているかは不明ですが。