スイッチに関する間違った記述

ぺるけさん、という方がいて、真空管アンプの世界では有名です。「情熱の真空管アンプ」「真空管アンプの素」といった本を書かれていて、またWeb上にも色々と貴重な情報を上げておられ、私も勉強させていただいています。

ただ、そのぺるけさんがスイッチについて書かれたページには間違った記述が散見されますので、以下に記載します。

引用開始
微小電圧・電流でも高い接触安定を確保したい場合は、接点に金メッキを使ったものを使いますが非常に高価かつ滅多に売っていません。国産の信頼できるメーカーのものであれば、銀系メッキの通常タイプでもオーディオ信号回路で十分に実用になります。高い信頼性を確保したい場合は、押し当て接点のトグルスイッチよりも摺動接点のロータリースイッチの方が接触安定が良いです。
引用終了

訂正1
金メッキ接点のスイッチが非常に高価でかつ滅多に売っていないということは全くの事実誤認です。NKKスイッチズで販売している微小電力専用のスイッチは全て金メッキ接点ですし、パネル用のスイッチにも金メッキ接点はごく普通にあります。
価格も高くても銀接点に比べて100円未満のアップだと思います。(スイッチの種類によって違いますが、小型トグルのMシリーズでの例だと、銀接点のM-2022{2極ON-ON}が税込み372円、金メッキ接点のM-2022Gが449円です。{NKKのダイレクトショッピングでの価格})入手性もNKKのダイレクトショッピングだけでなく、ミスミ、モノタロウ、RSコンポーネンツ、Digi-key等で販売されていて容易に入手可能です。Amazonでもマーケットプレイスなどで売っていると思います、

訂正2
押し当て接点のトグルスイッチよりも摺動接点のロータリースイッチの方が接触安定が良いという事実はありません。
むしろロータリースイッチの方が複数の接点の接触力を均一に保ったり、回転させても均一の接触力を保たなければならないなど難しく、また摺動接点というのは人間の操作速度と接点の接触・分離の速度が同じであるため、その操作の間にアークが飛ぶ時間が長くなり、電気的な寿命はトグルに比べて一般に短くなります。さらにはロータリーは接点や絶縁物の摩耗粉が出やすいという問題もあります。例えばNKKのトグルスイッチであるMシリーズ(125VAC 6A定格)の電気的寿命は25,000回ですが、ロータリーのMR-A(125VAC 0.25A )は10,000回です。もう廃止になりましたが6A定格ロータリーのHS-13Xは7,500回です。
そもそもトグルの接点もロータリーの接点もバネの力で接点の接触力を保っており、そこに信頼性の大きな差はありません。
ロータリーやスライドなどでの摺動式接点は、自己クリーニング性といってこすり合わせられることにより接点表面の酸化や硫化部分を取り除くという長所がある一方で上記のアークの問題があり、トータルではトグルより一般的に信頼性は低くなります。またトグルのようなシーソー式接点でも、接触時に接点がスライドする機構を入れたりして、自己クリーニング性を持たせているものもあります。

訂正3
銀接点のスイッチを微小回路かつあまり操作されない所に使用すれば、どこのメーカーであれ、そのうち接点が酸化や硫化(空気中の硫黄分=亜硫酸ガスなど)することにより、接触抵抗が増加し、1年以上経つとトラブルになる可能性大です。この場合は金メッキ接点が必要です。サンバレーという真空管アンプの会社のフォノイコライザーのMM/MCの切り換えスイッチ(銀接点のロータリー)が2年ぐらいで故障した話は別のページに書きました。