トム・フーバーの「英国王のスピーチ」

トム・フーバーの「英国王のスピーチ」を観ました。これはずっと前に買っていましたが今まで観ていませんでした。会社で毎週やっている部下への英語の研修について、エリザベス女王2世とパディントン・ベアーの動画を取上げて欲しいというリクエストがあり、それだけだと3分で終わりなんで、ついでにこの映画のジョージ6世のスピーチも観てもらおうと思って、やっと観たものです。映画の中に幼い頃のエリザベス女王2世(リリベット)とマーガレット王女も登場します。映画自体は有名なので説明は不要でしょうが、小さい頃に左利きを右利きに直された結果として吃音になりというエピソードや(私も本当は左利きですが右利きで教育されています)、兄が勝手なことをやって弟が苦労する、という所でちょっと身につまされました。映画の中でローグという言語セラピストがジョージ6世が怒りの言葉だとどもらないのに対して、悪罵やフォーレターワード系をわざと言わせるというシーンがあり、そのせいでアメリカやイギリスで成人指定になったそうで、実に馬鹿馬鹿しいですね。この映画はむしろ子供に見せるべきものと思います。ちなみにどうでもいい余談ですが、ジョージ6世の兄は即位前のタイトルはプリンス・オブ・ウェールズで、この名前にちなんだ戦艦がご承知の通り、マレー沖で日本軍によって沈められています。王位自体も短かったですが、その名前にちなんだ戦艦も結局あまり活躍しないまますぐ沈没しました。

ジョー90の”See You Down There”

ジョー90の”See You Down There”を観ました。この時期のドラマによくある幻覚もの。悪辣だが合法のギリギリの範囲で株価を操作して会社を乗っ取っていくある会社の経営者に、その行動を止めさせるために、WINが乗り出すという話です。マクレーン教授がまずその会社に乗り込んで、給仕人に化け、その経営者にお茶を飲ませます。マクレーン教授はそのお茶にはドラッグが入っていて、解毒剤を飲まないと幻覚を見続けると言ってその経営者を脅します。その経営者はそれをブラフとして信じません。そこからWINとジョー90が、その経営者に対して幻覚を見ていると信じさせるための、色んな馬鹿げた仕掛けを作ってその経営者がこれまでのような行動を止めさせることが条件の契約書にサインさせようとします。ジョー90は今回は、声帯模写の名人の脳波を移して、その経営者の声で部下に無意味な命令を出したり、架空のテレビ番組を作ってその経営者の家のテレビに映したりします。まあ原子力潜水艦シービュー号でもシーズン4あたりはこうしたドラッグでラリったような話がいくつかありましたが、1960年代後半の一種の流行ですね。

トワイライト・ゾーンの”The Mighty Casey”

トワイライト・ゾーンの”The Mighty Casey”を観ました。トワイライト・ゾーンには珍しい野球ものです。ホーボーケン・ゼファロスというプロ野球チームは32年間優勝したことがなく、その年も首位から大幅に離されて下位に低迷していました。そのチームのトライアウトに、変な科学者がやって来て、ケイシーというピッチャーを連れていました。このケイシーをテストしてみたら、超剛速球、信じられない軌道の変化球、そして打者が待ちきれないで2回も空振りするスローボールと、スーパー投手でした。早速採用されたケイシーでしたが、実はその科学者が作ったロボットですが、球団はそれは内緒にして雇います。チームはケイシーの活躍でたちまち白星街道を突き進みます。しかしある日ケイシーはビーンボールを頭に受けて、入院することになります。そこで医者の診察により、ケイシーには心臓が無く、ロボットであることがバレます。医者がコミッショナーに連絡し、選手は人間でなけらばならず、心臓が無いものは人間ではないので、ケイシーは試合に出場出来ないと言います。それならと、科学者はケイシーに心臓があればOKなのか、と聞き、コミッショナーはYESと答えます。科学者は首尾良くケイシーに人工心臓を付けて、ケイシーがまたマウンドに立ちました。しかし彼の投げるボールは威力が無くなっていて、めった打ちでKOされます。実は心臓を付けたことによってケイシーには人間のような同情心が生れ、相手の選手に同情して速い球を投げなくなったのでした。ケイシーは首になって慈善活動を行うためにチームを離れます。科学者が別れ際に監督にケイシーの設計図を渡します。そこでおそらく監督が、ケイシー2号、3号(但し同情心抜き)を作ってもらうことを思い付き、それでチームがワールドカップで優勝、というのが匂わされて終ります。
なんかちょっと捻りが単純すぎてあまり感心しませんでした。人造人間キカイダーの良心回路による葛藤とかの方がよほど話としてはレベルが上のように思います。なお、ケイシーという名前は「ケイシー打席に立つ」という有名な野球詩から取ったもので、ホーボーケン・ゼファロスも当時観ていた人には、おそらくあのチームがモデルだな、と分ったものらしいです。

ジョー90の”VIVA CORDOVA”

ジョー90の”VIVA CORDOVA”を観ました。これを入れて後3話ですが、いよいよ詰まらなくなっています。スペインで大統領選が行われ、10年以上独裁者的に大統領を勤めた男に代わり、コルドバが新しい大統領に選ばれます。しかし元大統領は彼を何とか抹殺しようと殺し屋を使います。コルドバの奥さんはコルドバにボディガードを付けるように言いますが、彼は自分は人民に選ばれた大統領でそんな者は必要無いと言い張ります。奥さんはWINに電話し、ジョー90が奥さんの従兄弟と称して秘かに大統領を警護することになります。今回のジョー90はWINのトップ級のエージェントの脳波を移されています。大統領の乗った車がトラックに囲まれそうになるのを突破したり、釣りをする大統領を水中から襲おうとするダイバーをジョー90が倒す、というまったく捻りの無いお話でした。

トワイライト・ゾーンの”The After Hours”

トワイライト・ゾーンの”The After Hours”を観ました。マーシャ・ホワイトという若い女性がデパートで捜し物をしています。エレベーターを待っていると、何故か隣のエレベーターのドアが開き、彼女だけを乗せて上に行きます。エレベーターマンは彼女の捜し物が金の指ぬきだと聞き、それは9Fの特別売り場にあると言って、彼女を9Fに連れて行きます。しかしエレベーターの外の表示は8Fの上はRで9Fはありません。マーシャが9Fで降りるとそこはがらんとした屋根裏部屋のような空間で、何も商品はありません。そのうち一人の売り子が声をかけていて、マーシャが探していた金の指ぬきを差し出し、マーシャはそれしか商品がないのを奇妙に思いながら、25ドルを払ってそれを受け取ります。またエレベーターで下に向かいますが、マーシャは指ぬきに傷が沢山あることに気付き、エレベーターマンに苦情を言います。彼は苦情受け付けは3Fですと、マーシャを3Fで降ろします。マーシャの話は信じてもらえず押し問答になりますが、その時マーシャは9Fの売り子を見つけましたが、それがマネキンだと分ってマーシャは気を失います。しばらくしてマーシャは眼を覚ましますが、誰もいない部屋に閉じ込められてしまいます。その内、部屋の中のマネキンが突然マーシャの名前を呼び始め、彼女は悲鳴を上げます。彼女はエレベーターに乗って再び9Fに向かいますが、そこには多くの男女が彼女を待ち受けていて、マーシャに元に戻るようように言います。そうです、マーシャも実はマネキンで、交代交代で1年に一ヵ月だけ本物の人間に化けて暮すのを、マーシャが元のマネキンに戻るのを忘れて自分が人間だと思うようになっていた、というお話でした。
なんか子供の頃、夜中になるとデパートの中をマネキンが歩き回っているといった夢を見たような記憶がありますが、もしかするとこの話をどこかで観ていたか、あるいはこの話に影響された漫画やアニメを観たのかもしれません。
ちなみにマーシャを演じた女優はアン・フランシスという有名な女優であの「禁断の惑星」にも出ていた人です。