「謎の円盤UFO」の”Destruction”

「謎の円盤UFO」の”Destruction”を観ました。この回も中学生の時の再放送で観てよく覚えているもの。フォスター大佐がプレイボーイの本領を発揮して、海軍の高官の秘書のサラ・ボーザンケイを誘惑して情報を手に入れようとします。「君のことなら何でも知っているさ」「どこにホクロがあって?」「紳士には言えない所さ」といった吹き替えのセリフまで覚えています。
ストーリーとしてもこれまで観た中ではベストと言ってよく、前半のサラ・ボーザンケイの不可思議な行動の解明と、後半のUFOが海軍の艦船を攻撃にきてあわや、という所でスカイワンがUFOを撃墜する緊迫感も良いです。
お話はある勤務中の海軍の艦船がUFOを目撃しますが、その艦船の船長はその正体が何かを確認することなく、すぐに対空ミサイルでUFOを撃墜します。その時に写真が撮られ次の日に大々的に新聞で報道されます。例によってもみ消し工作に動くSHADOですが、何故か海軍はあっさりその事実を撤回してしまいます。ストレーカーはそんな海軍の動きに疑問を感じ、フォスター大佐を海軍の高官の秘書であるサラ・ボーザンケイに接近させます。ボーザンケイは、ムーンベースの設計者であったエンジニアの娘で、父親はUFOに拉致され脅迫を受けて、海軍の艦船が行っていた行動に関する目的地のデータを、部屋に備え付けた望遠鏡から出るレーザー光線でUFO側に連絡します。(写真はそのレーザー光線を宇宙空間で受けて身もだえるインターセプターのパイロット)ストレイカーは海軍の高官にUFOのことを打ち明け、危険が迫っていることを話し、海軍が何をしようとしているのか問い詰めます。それによると、海軍である毒ガスを開発しましたが、それは強力すぎて使用することが出来ず、また分解させることも出来なかったため、そのガスを特殊な容器に詰めて、海溝部の深淵に廃棄処分しようとしていたのでした。もしそのガス容器がUFOの攻撃を受けてガスが漏れ出したら、地球の人類は全滅します。UFOの攻撃で艦船側のミサイルは故障して発射できなくなり、艦砲射撃も射程外に出られて万事休す、というシーンで海面からスカイワンが颯爽と登場し、UFOを撃墜します。なお、UFOがSHADOの防衛網をくぐり抜けたのは、レーダーを妨害する装置を新たに開発したから、ということになっています。

「謎の円盤UFO」の”The cat with ten lives”

「謎の円盤UFO」の”The cat with ten lives”を観ました。何というかまたイギリス人大好きのオカルトがらみで、インターセプターのパイロットのリーガンが休暇中に知人の家に出かけてそこでやるのが何と「コックリさん」。この「コックリさんセット」(アルファベットを書いたカードとグラス)は実はUFOのエイリアンのプレゼントで、このコックリさんをやっている間にリーガンはどういう仕組みか知りませんが、エイリアンに洗脳されます。そして帰りの途中で拾った猫に実はエイリアンが乗り移っていて(SHADOの精神科医により、エイリアンの正体は実は精神体みたいなもので、乗り移るボディを必要としているという仮説が出されます。)、洗脳したリーガンを操るという内容です。リーガンはインターセプターの他の2機をいじってパワーが出ないようにし、自分のインターセプターはムーンベース目がけてカミカゼ攻撃コースに。間一髪という所で、SHADO本部に入り込んだ猫を捕まえるために使ったのが…(以下ネタバレ防止のため省略)ということで、何か科学性に乏しい回でした。
冒頭で、3機のUFOが襲来しますが、実はこの3機はおとりで、インターセプター3機がそちらを攻撃する間に、もう1機がムーンベースを攻撃するという、今回初めてエイリアンが割りにまともと思える作戦をつかっていました。
写真はSHADOがトレーニングのために採用している変な格闘技で、柔道+空手+ボクシングみたいなもの。まあマーシャル・アーツかもしれませんが。(柔術であれば、空手的な要素もあるのでおかしくはないですが。)

NHK杯戦囲碁 志田達哉7段 対 鈴木伸二7段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が志田達哉7段、白番が鈴木伸二7段の対戦です。志田7段は前回の準優勝者で2回戦からの登場です。
布石は比較的オーソドックスでしたが、白が右下隅にかかって黒がコスんで受け、白が右上隅の大ゲイマジマリの星の位置に付けていったのがAI風の最近の流行りです。結果的に黒は右上隅と上辺でほぼ確定地を取り、白が右辺で模様を築きました。左辺での折衝が一段落した後、黒は右下隅でコスんでいる石がはっきり活きておらず、白のかかった石にコスミツケて活きていれば普通でした。しかし志田7段は右辺上方の白の断点を覗いていき、この白への攻めを見ました。この後がこの碁のハイライトで白が右辺に展開した黒に対しハサミツケという強手を打ちました。これに対し黒は延びて反発し、白は割り込んで黒を切断し、急に激しい碁になりました。黒は切断された上方の石の形を整えた後、右辺上方の白の一段に対しケイマにかけるという強手のお返しをし、ギリギリの攻防になりました。黒がこの白の一団を取ってしまえば碁は終わり、また白が活きれば上辺の黒の地を大幅に削減しての活きとなり、形勢は白に傾きます。双方が正しく打てば白は取られていました。しかし志田7段は右上隅の黒のダメヅマリをうっかりし、途中の手を間違えました。結果的に劫残りで、黒から効を仕掛けることは出来ますが、劫に負けると右上隅の黒が逆に全滅してしまうということで、実質白のほぼ活きになりました。形勢ははっきり白のリードとなり、ヨセのうまい志田7段は各所で追い上げましたが、鈴木7段は無理せず確実な手を打ってゴールを目指し、終わってみれば白の2目半勝ちでした。

「謎の円盤UFO」の”The sound of silence”

「謎の円盤UFO」の”The sound of silence”を観ました。タイトルと後ヒッピーが出てくるのが時代を感じさせます。UFOがまた一機SHADOの防衛網をかいくぐって地球に到達しますが、UFOの機体は地球の大気に触れると3日くらいで分解してしまうということで、このUFOはある湖の底に隠れます。でエイリアンはせっせと内臓採取のための人間を捕まえます。どうでもいいですが、これだけの犠牲を払って地球にやってきて、採取するのが人間一人じゃまるで採算(?)が合ってないような気がします。後は湖岸に配置したモービルとUFOの撃ち合いと、UFOが使っている人体冷凍保存モジュールが出てくるのがちょっと珍しいですが、全体的にはどうってことない回でした。

「謎の円盤UFO」の”Sub-smash”

「謎の円盤UFO」の”Sub-smash”を観ました。これまで観た中ではもっとも緊迫感あふれる回です。秘かに地球に侵入していたUFOが海中にレーザー機雷を残し、それによって船舶が一隻破壊されます。その調査に乗り出したSHADOはストレイカーとフォスター大佐の二人が自らスカイダイバーに乗り込み調査に当たります。(こういうやたらと現場に出たがる司令官も困りものですが。)スカイダイバーは海中でそのレーザー機雷に遭遇し攻撃を受け、船体の一部が破壊されます。何とかスカイ1を発射して空中に出たレーザー機雷は破壊しましたが、スカイダイバーは航行できなくなります。そして海底に沈下して動けなくなり、また本来の脱出ハッチは岩によって塞がれます。ストレイカーは他の2つのルートを使って隊員を脱出させようとします。一つのルートからの脱出はうまく行きましたが、もう一つのルートからの脱出はハッチが開かず失敗します。残された隊員の内、機雷からの攻撃の時に、ソナーを担当していて大音量によって耳をやられて傷ついていたアジア系の隊員は、パニックを起こして暴れ、結局段差で落下して死んでしまいます。フォースター大佐はうまく脱出しましたが、結局ストレイカーと女性隊員が残されます。酸素が無くなり、二人は死の直前になります。ここでストレイカーが手記を書いているのですが、これは明らかに日本の第六潜水艇事件(1910年に広島沖でガソリンエンジンによる潜行実験中に事故が起きて、乗組員14人全員が殉職した事件。艦長の佐久間勉が事故の状況と最後の様子、そして乗組員の遺族についての依頼を書いた手記を残して、当時の日本人の涙を誘いました。)から取ったものだと思います。
ストレイカーの話はこの後も続くので、結局アジア系の隊員以外は全員助かるという話でした。