アベノマスク二度目の入手

アベノマスク2回目。カメラ関係の機材他を置くために別に借りている1ルームのポストに入っていました。配布方式からは当然ですが、ちょっと意表を付かれましたし、逆に大学の寮とかだと何十人もいてもポストが一個しかなく2枚しか届かない例もあると聞いており、間に合わせ的なのは否定しようがないです。袋に入ったまま保管しようかとも思いましたが、南京虫の卵が入っている可能性もあると報じられていて気持ち悪いので、前回と同じく開梱して次亜塩素酸ナトリウムで消毒しました。ここでまた欠点を発見。ガーゼが多層すぎて次亜塩素酸ナトリウムをすすぐのが非常に大変です。(口に直接当てるものだけに塩素が残留すると危険です。)また、前回指摘した通り、洗っても乾かすのは非常に時間がかかります。おそらく洗って何度も使っている人はほとんどいないのでしょう。政府はアベノマスクが感染拡大防止に効果があったなどと100%の虚言を弄していますが、今回の一連の政策についてはきちんと監査をやって二度とこんな馬鹿なことが行われないようにして欲しいです。まったく日本の指導者はインパール作戦から少しも進歩していません。

宇宙家族ロビンソンの”The Promised Planet”

宇宙家族ロビンソンの”The Promised Planet”を観ました。「謎の円盤UFO」でもありましたが、60年代後半風のサイケ調のいかれたストーリーです。ジュピター2号がついにアルファ・セントーリに到着します。しかしジュピター2号が宇宙を彷徨っている間にそこには既に地球から派遣された部隊が到着していて基地を作っていました。しかし到着して迎えに出てきた司令官のバーソロミューはどう見ても20代の若者です。基地の人間は何故かペニーとウィルだけを家族から引き離し、「再調整プロセス」にかけます。その「再調整」の内容が、60年代調のいかれた音楽に合わせて踊ったり、大人を敵対視したりとか、要するに当時の若者風俗そのものに合わせることでした。実は地球人と思われたのはエイリアンで、彼らは何らかの原因で成長することが出来ず子供のままで、何とか大人になるために、ペニーとウィルを使おうとします。笑ってしまうのがドクター・スミスが長髪になり、ロックに合わせてゴーゴーを踊ったりすることで、ジョナサン・スミスも芸域が広いというか、何でもこなします。

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の第32回目を公開

ヴェーバーの「中世合名会社史」の日本語訳の第32回目を公開しました。これで既訳分が全体の2/3を超えました。完了予定日も現在の計算では2020年10月29日まで戻しています。一時は2021年になっていました。
この箇所は「プロテスタンティズムの倫理を資本主義の精神」を読む上では押さえておきたい所です。理由は教会法の利子禁止原理と資本主義の発達との関連についてのゾムバルトへの反論の中で言及されている海事利息制度、コムメンダ、ソキエタス・マリス、dare ad proficuum de mariの全てがここで出そろうからです。
個人的にはまたRentenkauf(地代徴収権購入)がここで出て来るのが興味深いです。
さらにヴェーバーはコムメンダやソキエタス・マリスは教会法の利子禁止をかいくぐるという目的で発達したのではないと 言いますが、実は最近の学説ではコムメンダはイスラム圏のムダーラバ契約が中東から北イタリアに伝わったのでは、という説が有力で、そのムダーラバ契約はまさしくイスラム教での利子禁止の教えの元で商売を行うために考え出されたもので、それがキリスト教圏でも利子禁止をかいくぐる手段として使われたのはある意味当然と言え、この点はヴェーバーの説は見直す必要があると思います。

PENTAX HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW

もう後1年で定年なので高いレンズは買うのを止めようと思っていましたが、HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AWには結局手を出してしまいました。実質的な発売日が私の誕生日という偶然と、長年愛用してきたSMC PENTAX A★85mm/F1.4が長年の経年変化でグリスが固くなっていて使いにくくなっているというのが自分への言い訳。
それで新旧を比較してみると、びっくりするくらいサイズが違います。フィルター径で比べると新が82mm、旧が67mmですので、差は明らかです。実はこの2つの間にもう一つSMCペンタックスFA★85mmF1.4ED[IF]というのが1992年に発売されていて、それはフィルター径67mmなので、オートフォーカスにしたからサイズが増大したということではなく、新は完全に新設計なんだということが言えるかと思います。旧は久し振りに取り出してみたら、グリスが固くなっているのは、気温のせいか問題なくなっていましたので、こちらもまた使ってみようと思います。

新旧のボケの比較は以下。ちょっと心配していましたが、上が旧で下が新です。新もなかなかのボケ味です。

NHK杯戦囲碁 大西竜平5段 対 蘇耀国9段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が大西竜平5段、白番が蘇耀国9段の対戦です。この碁は何と言っても大西5段の石の捨て方、大局観の素晴らしさが光りました。まずは左上隅で一度劫争いになった白を切っている5子をあっさり捨てました。白が劫争いの中で左上隅から脱出するのに何手もかけており、白が取りきる間に黒は上辺と左辺を連打しており、これで十分という判断でした。さらには右下隅で、ここは黒が先着して黒石の方が多かった所ですが、ここもあっさり捨て、代償に右辺でポン抜きを打ちました。この場合、右下隅を白が完全に取りきれているなら白も打てましたが、黒からダメ元の劫にする手が残っていたため、これで黒がリードしました。ヨセで中央でのっぴきならない劫が発生しましたが、劫材は黒が多かったため、左上隅の劫材に白は受けずに劫を解消しました。しかし、元々取られていた5子が白を取りながら復活し、なお周辺に対して先手で利かす手も残り、これで黒の勝ちがほぼ確定しました。作って黒の4目半勝ちでした。