ハンス・シュミット=イッセルシュテットの30枚組ボックス

ハンス・シュミット=イッセルシュテットの30枚組ボックス(VENIAS)を聴き終わりました。イッセルシュテットのブルックナーとかマーラーを初めて聴きました。それより驚きだったのがベートーヴェンの第9で、1951年12月の北ドイツ放送響との録音です。イッセルシュテットのベートーヴェンというと、なんといってもウィーンフィルとの最初のステレオでのベートーヴェンの交響曲全集が有名ですが、そちらの演奏はきわめて手堅いオーソドックスな演奏でした。しかしこの北ドイツ放送響との録音は、北ドイツ放送響自体(設立された当初は北西ドイツ放送響)がイッセルシュテット自身が一から作り上げた手兵です。そのためなのか、ウィーンフィルの第9と比べるとかなり自由に弾けた感じで演奏しており、「え、これがイッセルシュテット?」という感じがします。同じような話がバルビローリにもあって、ブラームスの交響曲第1番で、ウィーンフィルとの録音は大人しく、手兵のハレ交響楽団との演奏はかなり弾けています。またそのブラームスの交響曲第1番の演奏で、私が200種類以上聴いてベスト1と思っているのは、フルトヴェングラーがこの北ドイツ放送響を指揮した録音です。もしかすると、この演奏はフルトヴェングラーだけの手柄ではなく、北ドイツ放送響の応答性が非常に貢献しているのではないかと思うようになりました。その北ドイツ放送響をそこまで育てたのがイッセルシュテットであり、昔から好きな指揮者ですが、改めてその実力を見直しました。イッセルシュテットはカール・ベームと同じく日本で一番評価されているように思います。(実際にWikipediaの記述はドイツ語や英語のページより日本語のページの方が量が多いです。)

ロナルド・ニーム/アーウィン・アレンの「ポセイドン・アドベンチャー」

ロナルド・ニーム監督、アーウィン・アレン制作の「ポセイドン・アドベンチャー」をようやく観ました。1972年の映画なので私が11歳の時でその時から知っていますが、観るのは今回が初めてです。私の親はあまり映画が好きではなくて、子供の時映画に連れて行ってもらったのは一回だけでした。(その一回は「トラ・トラ・トラ!/フラバー」でした。亡父は子供の時、長崎の諫早にあった逓信省のパイロット養成学校にいたので、亡父にとって真珠湾攻撃は特別の思いがおそらくあり、これだけは観に行ったのだと思います。)アーウィン・アレンは役者の使い方が下手で、トカゲ恐竜とかモンスターとかメカに頼った画面作りの人というイメージがありますが、この作品に限っては別の監督に任せたせいか、人間ドラマの描写が素晴らしいです。時に太っていて10人のサバイルバル組の足を引っ張ってばかりいたベルが実に格好いいです。牧師のスコットがロープを持って水中をくぐってエンジン室に行こうとした時に、途中で倒れてきた鉄板にはさまれて動けなくなります。この時にベルが「私が行くわ!私はニューヨークの水泳大会で優勝しているのよ!(但し若い時)」と颯爽と潜り、スコットを救い出します。そしてスコットに「水の中では私はまだスマートな女性なのよ」と言いますが、その後心臓麻痺か何かで息絶えてしまいます。その助けられたスコットも、最後にスクリュー室に入ろうとした一行を高温の蒸気が邪魔したのを、神に対し「まだ犠牲者を求めるのか!もう一人が必要なら俺だ!」と叫んでバルブを閉めますが、力尽きて火の海へ落下していきます。最後にそのスコットを批判して文句ばかり言っていたロゴが、「あんたは警察官だろう!文句ばかり言っていないでスコットの最後の頼みを実行しろ!」とハッパをかけられて、最愛のリンダを失った悲しみを乗り越えて、一行の最後の脱出を援助します。という風にネタばらししてしまいましたが、古い映画だからまあ大目に見てください。

外国人労働者への支援

以前ここで移民問題についての書籍を何冊か紹介し、日本における外国人労働者のほとんど「奴隷制」ともいうべきひどい状態について書いたことがあります。あれから色々考え、またEigoxのレッスンでアメリカ人の先生にこの問題を紹介したりしました。その調査の過程で知ったある外国人労働者支援の労働組合の仕事を手伝うことにしました。具体的には英語関係で英訳・日本語訳のお手伝い、外国人労働者との面談の際の通訳、社労士としての労務問題のアドバイスなどです。

佐々木力の「東京大学学問論-学道の劣化」

佐々木力の「東京大学学問論-学道の劣化」を読了。この本を読んだきっかけは、先日の折原浩先生の「東大闘争総括」の書評会で、偶然私の左隣に座ったのが佐々木氏だったことです。それだけだったら佐々木氏の名前も記憶することはなかったと思いますが、氏自身が質問に立たれたのと、その氏に対し、おそらくこの本にも出てくる「労働者の力」(第四インター日本支部のなれの果て)の人と思われる人が更に発言し、まず折原浩先生に対し「父兄」という言葉を使ったことを非難しました。折原先生は当時の学生の親から「息子(娘)を大学闘争に巻き込まないで欲しい」と言われたことを語っただけで、当時一般的だった「父兄」という言い方をしただけだと思いますが、そんなことにとがめ立てするPC派が日本にもいるんだ、とちょっと驚きました。さらに続けてその人は佐々木氏の過去の「セクハラ」事件について改めて糾弾し、日本人以外で女性という二重のハラスメントだ、みたいなことを言っていました。(ちなみにこの「労働者の力」が女性問題にこだわるのは、かつて三里塚闘争の時に、ここのメンバーが4人が女性活動家に対して強姦・強姦未遂を起こした、という過去があるからです。やれやれ。)
それで、その「セクハラ事件」の真相について、佐々木氏の言い分はどうなのかを確認したくて本書を読みました。ちなみに後書きは折原浩先生が書かれています。
結論から言えば、被害を主張している台湾からの学生のある意味思い込みによる一方的告発という感じがします。ただ、佐々木氏の方にも誤解を招くような行動が多く、それは善意から成されているのでしょうが、瓜田に履を納れず、的な慎重さに欠けていることは否めません。例えば、この女子学生が深夜に男性から電話がかかってきただけで大騒ぎするようなある意味病的な潔癖症であるのに対し、この女性が病気になった時に、食事を作ってあげるために家にまで押しかけている(佐々木氏自身はお金を出しただけと言っていますが)のは明らかにやりすぎです。しかし、私としてはE・M・フォースターの「インドへの道」を思い出しました。(「インドへの道」はイギリス人独身女性のアデラが婚約者を訪ねてインドへ行き、そこでヒンズー教のセクシャルな石像を多数見てちょっとおかしくなり、インド人男性医師のアジスの誘いでマラバー洞窟に出かけた時、その中で一種のヒステリーを起こして叫びながら出てきてしまいます。その結果アジズがアデラを洞窟の中で襲ったのだということになってしまい、アジスが冤罪で裁かれるという話です。)
そういうことで、被害者(と称している人)から話しを直接聞ける訳でもないので、セクハラの吟味については保留にしますが、問題はその後の東大側の対応の異常さです。おそらく普段から自分の業績について率直に語り、かつトロッキストという佐々木氏に対するある種のそねみみたいなものが存在したのは事実でしょうが、しかしその程度のことでここまでやるか、という思いを禁じ得ません。折原浩先生が東大闘争時の東大側の対応を鋭く批判しましたが、結局体質はその後も変わっていないように思います。(特に法学部)要するに未だにムラ社会そのもので、そこでは村八分的な陰湿なイジメが今でも横行しているということです。
後は悲しい思いをしたのは、東京大学の駒場のレベルの激しい低下です。大学院大学化と大学の法人化はダブルパンチで、駒場だけでなく東大のレベルの低下を促進したようです。もしかすると私が教養学科で学んだ頃(1983年10月~1986年3月)は、教養学科のピークの頃だったのかと正直な所思いました。確かに、折原浩先生だけでなく、廣松渉先生、杉山好先生、中根千枝先生(その当時は非常勤)、野村純一(民俗学)、石井不二雄先生(ドイツ文学、ドイツリート)などなど、錚々たる方々から自由に好きなことを学べた環境というのは本当に素晴らしかったな、と思います。

半揚稔雄著の「惑星探査機の軌道計算入門 宇宙飛翔力学への誘い」

アポロ11号50周年ということもあって、半揚稔雄著の「惑星探査機の軌道計算入門 宇宙飛翔力学への誘い」という本を買ってみました。じっくり読むつもりはありませんが、つまみ読みしてみます。映画「ドリーム」(Hidden Figure)で、人工衛星の地球周回軌道が楕円で、それが大気圏に再突入する時は放物線軌道になることは前に紹介しました。もう一つの円錐曲線として、双曲線がありますが、双曲線は宇宙船が地球から他の惑星に向けて飛び立つ時に双曲線の軌道になるとのことです。面白いですね。