自家製マスク改良第3弾

自家製マスク改良の第3弾、空気清浄機用フィルターが届いたので早速使いました。普通の不織布と同じサイズに切って重ねてステップラーで止めるだけです。これで普通の拭き取りクロス用の不織布が2層、空気清浄機用フィルターの別のタイプの不織布が1層、ウレタンが1層で合計4層です。付けてみても息苦しさとかは特に無く、気密性も良好です。もちろんこれでもウィルスを防ぐ効果については不明ですが、少なくとも市販のサージカルマスクには負けていないように思います。空気清浄機用フィルターは今回買った6枚で18回分。後12枚買って全部で54回分になります。

自家製マスク改良

自家製ウレタン製マスク強化マスクをちょっと改良。下に垂らしている不織布の中央をステップラーで止めました。これでより気密性が増したように思います。この垂らしている部分は、たとえば咳をした時に飛び散る唾等をキャッチしてくれると思います。このマスクは在宅ワークの時にちょっとコンビニに行くのに普通のマスクを1枚使うのはもったいないので作ったものですが、なかなかいいです。今でも3層(不織布2層+ウレタン1層)ですが、これに空気清浄機用フィルターを足したら、かなりのレベルではないかと思います。アベノマスクより10倍以上マシ。

ウレタン製マスクのフィルター用素材

ウレタン製マスクに合わせて使う素材として、空気清浄機用フィルターが使えるんじゃないかと思って取り寄せ中。6枚で711円ですが、1枚でマスク3枚分なので、711÷6÷3=39.5円。これなら通常期のマスクと価格は変りません。まあ現物を見たら単なる不織布かもしれませんが。大体、Amazonに「マスク用フィルター」と称するものがいくつか売られていますが、活性炭とか入っていて意味なさそうと思いますし、また発送元がすべて中国で届くまでおそらくかなりの時間がかかりそうです。この空気清浄機用フィルターは日系メーカーが売っているもので保守部品としておそらく日本に在庫を持っているだろうと。

アルコール系の消毒用品

ここ1週間くらいの状況ですが、アルコール系の消毒用品は徐々に出回り始めているように感じます。一説によるとエチルアルコールの製造能力は、要は醸造して蒸留すればいいのですから、設備さえあれば誰でも作れ不足しておらず、不足しているのは容器(ポンプ容器)の方だということです。
とはいえ、世界規模での消毒剤争奪戦の状況ですから、コンビニやドラッグストアで消毒剤を売っている時はなるべく買うことにしています。また「○○シート」の類いで、成分を見ればエタノールが入っているものはかなりの確率で見つかり、そういうのも十分代用品になると思います。完全に新型コロナウイルスを殺菌出来なくても、数を大幅に減らせば効果があると言える訳ですから。

登戸郵便局 コロナ感染2人目

14日に新型コロナウイルス感染者が出て営業停止になっていた登戸郵便局ですが、17日に営業再開した所、次の感染者がやはり配送員で確認されて、また営業停止になっています。しかもどうも私の所に良く来ていた配達員のようです。(オペレーターが口をすべらせて、17日に私の所に再配達に来たその配送員の感染が分ったと言いました。)取り敢えず不在連絡票を消毒しましたが、もはや感染リスクが目の前まで来ています。

登戸郵便局コロナ2