宇宙家族ロビンソンの”The Magic Mirror”

宇宙家族ロビンソンの”The Magic Mirror”を観ました。ペニーは宇宙嵐に襲われた時に、エイリアンが残していった不思議な等身大の鏡を見つけます。ペニーのペットのお猿さんがその鏡の中に入って、銀の鐘を持ってきます。ペニーも誤って鏡の中に入り込んでしまいますが、そこには不思議な少年がいて、ここは時が止まった世界で、年を取らず楽しいことばかりだと、ペニーにここで暮らすことを勧めます。お年頃のペニーは、ウィルみたいな髪型にして遊び回りたいと言ってジュディを困らせたりしていましたが、鏡の中に入ってやはり人にとっては年を取ることが必要なのだということをようやく理解します。その内ドクター・スミスが鏡の世界に入ってきて、彼はこれが自分の夢だと思っていましたが、中で怪物に襲われてそれが夢で無いことが分かります。ドクター・スミスが銃で水に映った自分の映像を撃ったら、外へ出ることが出来ました。ペニーは自分も銃を取り、同じように外に出ようとしますが、少年にも同じことをやって外に出るように言います。ペニーは首尾良く脱出出来ました。しかし中の少年はそもそも映る影を持っておらず、中に閉じ込められたままです。その内ドクター・スミスがハンマーで鏡を割ってしまったので、ペニーがもう一度少年と会うことは永久に出来なくなってしまいました。ちょっと鏡の中のアリスとか、ミラーマンとか、R・シュトラウスの「影の無い女」とか、色んなものを思い出させました。SFというよりファンタジーの世界で、ペニーが中心の話はこういうのが多いようです。

東映の昭和31年の映画「怪力類人猿」(水戸黄門)

この写真は昭和31年4月の「文藝」臨時増刊号の裏表紙の東映の広告です。注目すべきは「怪力類人猿」!「マタンゴ」みたいなSFと思ったら大間違い、何と「水戸黄門」です!Movie Walkerでストーリーを見たら、結局「ゴリラ」なんですが、格さんが「空手チョップ」でゴリラを倒すとかもう無茶苦茶。明らかに「キングコング」のパクリと思います。キングコングのパクリで一部で有名なのは吉川英治の「恋山彦」で、映画の「キングコング」を観た吉川英治が感激して日本に舞台を置き換えたある意味での翻案です。しかし登場するのは巨大ゴリラではなく、平家の残党の若い武士で2mぐらいの身長があるという設定で、柳沢吉保の六義園の開所式に乱入し、吉保の側室の一人を脇にかかえて六義園の塔を登っていく、という無茶苦茶さではこちらも負けていません。

白井喬二の「国民文学論」

白井喬二の「国民文学論」を読了。「文藝」の昭和31年4月の臨時増刊の「中里介山 大菩薩峠読本」に収録されたもの。
白井喬二は、中里介山の「大菩薩峠」を大衆文藝の先駆者として高く評価しており、山梨県と長野県にある大菩薩峠の記念碑の設立のどちらにも白井喬二が関わっています。(白骨温泉の記念碑は今年の4月見てきたばかりです。)
白井は日本には国民文学と呼べるものが昔からあり、「南総里見八犬伝」と井原西鶴の作品を挙げています。このどちらについても白井は現代語訳を行っています。先日読んだ座談会で、小林秀雄が日本の純文学の西洋かぶれぶりを挙げていましたが、それに比べると中里介山も白井喬二も、日本における馬琴や西鶴らの伝統をきちんと受け継ぎ、それに負けないものを作っていこうとした気概を感じます。大衆小説家の中でもこの二人は別格だと思います。それに比べると、今は作家の中でそういう気概を持った人は皆無かと思います。ちょっと寂しいですね。また介山にしても白井にしても、そのどちらにも太い漱石の言うモラルバックボーンがあると思います。一度しかない人生でこういう作家二人の作品を読むことが出来たのは幸せだと思います。

宇宙家族ロビンソンの”The War of the Robots”

宇宙家族ロビンソンの”The War of the Robots”を観ました。本題に入る前に、この宇宙家族ロビンソンに登場するロボットをデザインした人って、ロバート・キノシタという日系人なんですね。戦争中はアリゾナの日系人収容所に入れられていたみたいです。それでウィルが釣りの帰りに「ロボトイド」(命令によって動くのではなく、自分の意志で動けるロボット)を見つけます。それは長い間放置されていてあちこちが錆び付いていましたが、ウィルはロボットが強い警告を発したにも関わらずそのロボトイドをジュピター2号に持ち帰って修理します。ロボトイドは動き出すと、自発的に動き回ってロビンソン一家を支援し、全ての点でこれまでのロボットよりも優れた働きをします。ロボットは何故か「嫉妬」の感情を見せますが、結局ロビンソン一家とドクター・スミスが新しいロボットの方をチヤホヤし、ロボットは自ら出ていきます。ロボットはそこで自殺を試みますが、保護回路が働いて出来ません。ロビンソン一家の中でウィルだけがロボトイドについて不審を抱き、警戒します。それは正しくロボトイドはある動物みたいな顔をしたエイリアンの手先でした。ロボトイドはジュピター2号にあるすべての武器を隠してしまい、自分に従うようにロビンソン一家に命令します。そしてボスであるエイリアンをその星へ導こうとします。かろうじて逃げ出したウィルがロボットを見つけ、作戦を立てます。ロボットはロボトイドの味方になるといって接近し、そこで煙幕を張ってロボトイドのレーザービームの的にならないようにし、ロボトイドの後ろに回って電撃でロボトイドを無力化します。このロボトイドも、ロバート・キノシタが「禁断の惑星」という映画のためにデザインしたものです。この回は今まで観た中では一番の傑作の回だと思います。

NHK杯戦囲碁 鶴山淳志8段 対 井山裕太四冠王


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が鶴山淳志8段(収録時は7段)、白番が井山裕太四冠王の対戦でした。布石は左下隅でちょっと珍しい形にになり、白が4子を捨て外勢を築き黒が実利を取りました。左上隅で黒が上辺からかかって白が上辺からはさみ、黒は三々に入りました。この結果白は左辺に大模様が出来ました。これに対し黒は右辺の模様で対抗しました。それまでは比較的ゆっくりした碁だったのが動いたのは、白が右辺に打ち込み、黒が上から付けてハネに伸びた時、通常は白は伸び込むのですが、そうしないで単に断点を上方に掛け継いだのがある意味戦略的な打ち方でした。黒は白が伸びなかった所を押さえて好形になり、白は押しました。黒が白のカケツギを当てて来た時に、劫にはじいたのが井山裕太四冠王の作戦でした。劫材については、左下隅で取られている白4子を助けるというのでかなりあります。黒はそれでも劫にねばり、結局白が左上隅の黒を取り、黒が劫に勝って右辺一帯を地にするという分かれになりました。この時点では形勢不明でした。この後、白が下辺を攻められた時に右下隅に付けました。それによって白は下辺に地をもって治まった感じになりました。しかしこの後、白が右上隅をはねていって、その後ハサミツケを決行しました。黒はここは下がって頑張りたかったですが、あっさり継いで白を渡らせました。その後、下辺の白の中央の石の下に付けていってこれが黒の狙いでした。その手に受ける前に、白が右下隅から右辺へ伸び込んだのですが、黒は受けずに下辺を動き、結局下辺は黒の地になり、その代償として白は右辺の黒地を減らしました。その後、右下隅からの白が下辺が黒地になった関係で薄くなったので、井山裕太四冠王は一手かけて補強しました。しかし黒はそれでも一団の白の中央に置いていき、眼を奪いに行きました。置いた石は中手ではなく、外の黒に連絡しましたが、その結果中央に外回りに白石が来て、黒の右辺の地を削減し、逆に左辺の白模様が盛り上がり、中央に白地が見込めるようになりました。この一連の黒の打ち方が問題で、普通に寄せていた方が細かい勝負になったと思われます。その後左辺に打ち込んでいった黒が一応活きたようになりましたが、終盤で中央と切り離されてかつ眼を奪われてしまい左上隅の黒とも連絡出来なくなりました。その代償で中央の白地を荒らすことが出来る形になりましたが、この収支は白の得の方が大きく、ここで黒の投了となりました。