原子力潜水艦シービュー号の”The Terrible Toys”

原子力潜水艦シービュー号の”The Terrible Toys”を観ました。正直な所、第3シーズンの荒唐無稽路線はかなりイマイチです。でこの話もかなりの荒唐無稽さです。UFOは第1シーズンにも一度登場しましたが、2回目の登場。シービュー号をフォースフィールドで捉えて船内に引き込もうとします。ネルソン提督はフライングサブでおとりになってシービュー号を逃がそうとしますが、フライングサブが逆に船内に取り込まれてしまいます。そこに登場した人間型エイリアンの言うことには、シービュー号の核燃料を分けて欲しいというので、これは第1シーズンのUFOと言うことが同じです。違うのは、本当は原子力エンジンではなく、チタンを燃料とするエンジンを使っていて、外壁がチタンで出来ているシービュー号を燃料として使いたい、というのが本当の目的でした。エイリアンはそのために難破した男を使って6体のオモチャをシービュー号の艦内に送り込みます。シービュー号とネルソン提督は、UFOの外壁に高熱を発する装置を取付け、UFOを追い払うことに成功します。しかしオモチャはまだシービュー号の艦内に残ってシービュー号の破壊を狙っています。結局、難破した男が犠牲になって、その間にネルソン提督達は何とかオモチャを破壊しておしまい、という話です。

DovoのHalf Hollow

8本目の西洋剃刀、2本目のDovoですが、今回のはHalf (1/2) Hollowです。既にHalf Hollowについては、GBSというメーカーのを持っているんですが、価格20ドルくらいの安物で切れ味がイマイチなんで、Dovoので買い直したものです。一応後Thiers-issardと、Giesen & Forsthoffというメーカーのを取り寄せ中で、それを含めて全部で10本になり、西洋剃刀道楽はそこで打ち止めにするつもりです。
それでDovoのHalf Hollowの剃り味ですが、うーん、すっかりFull Hollowに慣れたせいか、Near Wedgeまではいかないですが、剃り味がやや鈍重に感じます。それでちょっとギリギリまで攻めて剃ることが出来なくて、今日はまた電気剃刀のお世話になりました。なんかうまく刃が皮膚の上を滑ってくれないというか、結構引っ掛かるんです。刃の材質はスウェーデン鋼とあります。ゾーリンゲンのメーカーでもスウェーデン鋼を使うとは意外です。硬度は書いていません。
海外の西洋剃刀に関するサイトを見ると、初心者の入門用はこのHalf Hollowが良いと言っている人がいます。しかしそれは、Full Hollow派かWedge派かどちらにころぶか分からないから、取り敢えず中間のを試してみたら、と言っているようにしか聞こえません。私のお勧めは、最初にFull HollowとWedgeに近いのと両方買ってどちらも試してみるべきだと思います。まあ簡単に入手出来るものはほとんどがFull Hollowであり、Wedgeに近いものはeBayなどのオークションでヴィンテージ品を買うか、大メーカー製(といってもDovoもThiers-Issardもかなり小さな会社ではないかと思いますが)ではなく、職人の手作りみたいなのを買うしか選択肢がありません。DovoもThiers-IssardもWebでカタログを見ると、Wedgeタイプがあるように書いてありますが、実際の販売サイトでは今の所両者のWedgeタイプを見つけられていません。例外的にこのHalf Hollowは比較的色々な所で売っています。

原子力潜水艦シービュー号の”Night of Terror”

原子力潜水艦シービュー号の”Night of Terror”を観ました。ネルソン提督がダイビングベル(潜水球)で地質学者のプレイグと共に海底資源の調査をしていた所に津波が襲い、ダイビングベルのワイヤーが切れて、どこかの島に打ち上げられます。そこはジャングルで、かなり嫌な予感がしたのですが、またも出ました!トカゲ恐竜。といっても今回は「大トカゲ」と言ってますが…それに加えて島の空気が人の幻覚を呼び起こすということで、プレイグはそこに昔のスペインの海賊が隠した宝を発見し、狂喜してそれを持ち帰ろうとしますが…といった話。前回が集団催眠で今回が幻覚ガス。これでシーズン3は4話目ですが、ダメダメダメ…決してシーズン2までが素晴らしかったとは言いませんが、何故にこのようにダメになるのか。もはや単なる笑い話ネタにしかなりません。

e-taxによる確定申告の注意事項

昨年マイナンバーカードを作り、またカードリーダーも買って、税務署にe-tax開始の申請も行っています。それで昨日確定申告を初めてe-taxでやりました。(確定申告自体は12回目くらい。)実はe-taxをやりたい人はマイナンバーカードもカードリーダーも今年1月から不要になっています。国税庁の確定申告作成コーナーに行くと、画像のように2つの方式を選ぶようになっています。私はマイナンバーカードを持っていますので、左のでやりましたが、これがひどい。まず今時対応ブラウザがIE11だけです。しかもIE11そのままでは動作せず、さらにプラグインみたいなのをインストールする必要があります。右のIDとパスワードだったらChromeにも対応しています。大体こんなのを認めるんだったら、マイナンバーカードを作る必要もなく、カードリーダー(大体2000円~2500円くらい)も不要で、馬鹿にしてるとしかいいようがありません。
しかも私は、e-taxアプリというのをダウンロードして、それで書類を作り始めたんですが、これがまたとてもひどいです。昨年までの確定申告は確定申告作成コーナーで作って印刷して税務署に持って行っていました。このアプリではその去年のデータを読み込ませることがまず出来ません!おそらくWebの方でやれば出来るんだと思います。他にも、このアプリは合計程度は自動計算してくれますが、何故か引き算はやってくれなかったり、また基礎控除みたいに全員同じ金額のものも数字が自動的に入らず全部自分で入れる必要があります。私は結局Web版も併用してそちらで出てきた数字をアプリの方に転記しました。本当に馬鹿みたいな作業です。また何故か一つのセルに上下2つの入力窓があって、一体何が違うのかもさっぱり分かりません。マイナンバーカードの方も、暗証番号が2種類あって、1つは4桁数字のPINコード、もう1つは市役所などでマイナンバーカードをもらう時に登録した普通のパスワードです。これの使い分けが良く分からず、やたらとパスワード入力を求められ、どちらのパスワードなのかを一々確認する必要があります。
また、提出する書類も必要な書類だけを最初から提示してくれるのではなく、40種類くらいの色々な書類がずらずらリストで出てきて、それを一々自分でチェックして必要書類を作成しないといけません。

これから、e-taxをしようとする方は、

(1)マイナンバーカードもカードリーダーも無駄な投資になりますので買わないように。
(2)e-taxをするなら、アプリではなく、Webの作成コーナーで作業してください。

私からの老婆心的アドバイスです。

ティアーリサー(Thiers-issard)の西洋剃刀をもう1本注文

現在持っている西洋剃刀の中では、ティアーリサー(Thiers Issard)のが一番切れ味が良く、良く剃れます。これの理由ですが、ティアーリサーの剃刀はC135という炭素含有率1.35%の鋼を使っていて、それの硬度が、ロックウェル硬度で63~64ぐらいみたいです。ビッカース硬度に換算すると772~800です。この硬さは岩崎浩介の「刃物の見方」に出ている往年の銘剃刀の硬度と大体一致します。Dovoのは硬度が不明ですが、多分ティアーリサーよりは硬度が落ちるように思います。

それで一昨日、ティアーリサーで剃って、ついに電気剃刀の併用をまったく無しでつるつるに剃ることが出来ました。

ちなみにeBayでティアーリサーのをもう1本注文中。(ティアーリサーは買うのが難しく、アメリカのAmazonにはありますが、日本には配送してくれない店がほとんどです。なのでeBayが一番確実に入手出来ます。)