NHK杯戦囲碁 佐田篤史3段 対 金秀俊8段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が佐田篤史3段、白番が金秀俊8段の対戦です。佐田3段は22歳の新鋭でNHK杯戦は初出場です。布石は比較的オーソドックスでしたが、白が上辺から右上隅にかかり、上辺に開いたのに、いきなり黒が打ち込んでいったのが珍しい展開でした。黒は打ち込んだ石を2線に下がればどちらかに渡れましたが、そうせずに捨てて打ち回りを厚くしました。その後左下隅にかかった黒石を挟まれていたのをケイマに進出しその後左辺の白にかけて打ち、黒は中央を厚くしました。白は上辺で包囲している黒の穴を出るぞ、という手を打ったのですが、黒はここを継がず右上隅から利かして中央の黒は軽く見て打ちました。その後右下隅で黒は三々に入り、定石の転回で隅は白が取り、黒は白1子を抜くという別れになりました。その後の黒の手が面白く、中央を囲うような囲わないようなふわっとした手で「耳赤の一手」みたいな手でした。その後あまり戦いらしい戦いはなく、左辺で黒から仕掛ければ大きな劫になる可能性があったのですが、黒は劫を決行せず、白に守らせる手を打ちました。どちらかと言うと白が厚いかなぐらいのペースでヨセに入ったのですが、ここで白の金8段が下辺の受けで頑張った手を打ちました。金8段は形勢に自信が無かったのかもしれません。それに対し黒は強手で逆襲し、結局白が中央の黒4子を取り、黒が白数子を取るというワカレになったのですが、白の下辺の地が大きく減ってしまっており、このワカレは明らかに黒有利でした。これで完全に黒の優勢となり、結局この後数手打って白が投了しました。佐田3段はNHK杯戦初勝利です。

NHK杯戦囲碁 瀬戸大樹8段 対 六浦雄太7段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が瀬戸大樹8段、白番が六浦雄太7段の対戦です。六浦雄太7段は昨年10月に阿含・桐山杯で優勝し3段から7段にジャンプアップしてのNHK杯戦初出場です。序盤で白が右上隅の黒の星に対しいきなり三々に入るという流行の進行です。黒が一本這った後ケイマに外し白がぶつかって黒が継いで白がハネた時黒は手を抜いて右辺の真ん中に打ちました。すかさず白はその黒の下に付けていきました。黒が伸び白がハネ、黒が切りという進行になりました。元々黒の勢力圏だったので白はどちらかを捨てて軽く打つのが普通ですが、白は全部頑張っていきました。途中黒が堅実な手を優先した結果、白の言い分が通った感じで、ここは白が局面をリードしました。黒はその後も堅実な手を打ち続けたため、白が地を稼ぎ弱い石もないという完全に白ペースの展開になりました。黒はその後右辺から伸びる白と左辺の白の分断を狙いましたが、白に上手くかわされ何事も起きませんでした。このまま六浦7段のNHK杯戦初勝利かと思われましたが、ここからの瀬戸8段の挽回の仕方が見事で少しずつ少しずつ得を積み重ねていきました。これに対し六浦7段は優勢を意識して堅く打ち過ぎで、特に右辺下部の白がかなり利かされ、2目ぐらい損したのがどうかと思います。それでも白がまだ優勢でしたが、黒は左辺の白の構えに対し勝負手で置きを敢行しました。ここで白は反発して目一杯打ったため、ここは劫になりました。この劫は一回白が勝ったのですが、黒は左下隅から下辺に展開する白に仕掛けていき、そのからみで一度収束している劫を復活させました。この辺り黒のしつこさはさすがプロという感じで見事でした。結局再開した劫も白が勝ったのですが、そのために劫立てで損な手を打たされ、また黒が劫の代償で白2子を抜いて中央に黒地が付いた結果、形勢は本当に細かくなりました。終わってみれば黒の半目勝ちでまったく見事な逆転劇と言わざるを得ないものでした。おそらく六浦7段は慣れないTV棋戦で緊張からふるえてしまったのだと思います。

NHK杯戦囲碁 坂井秀至8段 対 柳時熏9段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が坂井秀至8段、白番が柳時熏9段の共にタイトル経験者同士の対戦です。布石は黒が上辺をミニ中国流もどき(真ん中の石が一路右)に構えたのに白は右辺に展開しました。黒は上辺を広げようと右辺の白にカケを打ち、白は下を這って受けました。数手後白は上辺黒にボウシし、黒は右辺の白に対し一間の詰めを打ち、右辺の白の構えの中に置いて白の眼を取ることを狙いました。白はこれに対して守る手を打つのは利かされで辛いとみて手を抜き、上辺の黒に付けて行って切り違えました。黒が平凡に受けずに反発した結果ここは劫になり、劫立てで黒が中央で白2子を取り、白は上辺を破りました。右辺の白はこの結果になる前に白が一手入れて強化していたため、この分かれは白に分があったと思います。先手を取った白は下辺を目一杯拡げました。それに対し黒ははさんで行きましたが、白はすぐ右下隅の三々に入りました。その後黒は右辺の白を攻めようとしましたが、白は右下隅の黒に対し巧妙な覗きを打って攻めを緩和しました。その後黒は右辺で両方から当たりがある所を先に打ち、白の眼を取りました。それに対し白は中央に逃げました。黒は白を追いかけつつ左辺に打ち込みます。黒は左辺で二間ビラキしますが、白はそれに対し下の黒にボウシしました。黒は左下隅方面に逃げようとしましたが、結局中央を切りました。黒は切った石を逃げましたが、左辺がかなり危なくなりました。黒はここで包囲している白に切りを入れるという勝負手を放ちました。さらに黒は中央の白に覗きを打ち、結果として右辺からの白が切断され、ここをしのがなければならなくなりました。白はそこで下辺の黒に切りを入れ、この黒とのからみで下辺を活き、同時に包囲している黒を取って右辺の石もしのごうとしました。この試みはほとんど成功して黒は投了寸前でしたが、下辺で活きようとした手を間違え、黒が白を切っている石から下がりを打ったのが右下隅に連絡してしまい、白の眼が無くなりました。白は仕方なく下辺の黒との攻め合いに持ち込もうとしました。結果として下辺を活きる手順はあったのですが、それをやると左辺が非常に味が悪くなるため、白は下辺を捨てて打ちました。この結果黒は下辺の地をかなりの白石の持ち込み付きで制し、なおかつ左下隅も侵略したため、投了寸前から互角へと完全に息を吹き返しました。それでも左辺が完全な白地ならまだ白が若干優勢ではないかという感じでした。しかし黒は左辺上部に置いていき、白が受け方を間違えたため、ここで黒が活きることに成功し、なおかつ残りの取られている黒も攻め取りにさせるという大きな戦果を挙げました。これでさすがの白の好局もふいになり、白の投了となりました。

NHK杯戦囲碁 王銘エン9段 対 趙治勲名誉名人

本日のNHK杯戦の囲碁は、年度が変わって第66回の一回戦です。黒番が王銘エン9段、白番が趙治勲名誉名人、そして解説が井山裕太7冠王と第一回戦から豪華な顔ぶれです。
布石は両方が2連星という、最近では割と珍しいかと思います。AIの影響で星に対してはいきなり三々に入るのが普通になり、それを嫌って星を避ける棋士も多くなっています。黒が左上隅に上辺からかかった時、白は一間に低くはさみました。ここではさんだ白にケイマでかけていったのが王9段らしい打ち方です。白は上辺を2間に開き、黒は左辺から隅の白をはさみました。ここで白はケイマの黒にツケコシを打ちました。ここの折衝の結果、左上隅には大きな劫が残りました。それをにらみつつ黒は左下隅に肩付きをしましたが、白も我慢してじっと這って受けました。さらにその後黒は左下隅につけて行き、白がはねて受けた後黒はふくらみました。ここで白は下から当てたい所ですが、そうすると黒は上から当て返してこれを劫材にして左上隅の劫を決行する可能性があります。結局白は左上隅で劫を抜き、黒は当たりを決めて継がせた後左辺を手厚く伸び、白はさらに左上隅で黒1子を抜いて劫を解消しました。黒は左上隅で出られて困る所を押さえたので、白に先手が回りました。白は下辺の黒に打ち込んでいきました。これに対して黒は肩を付きました。白は一本中央に出た後、下辺を左に這って、その後右にケイマし、一応ほぼ活きるスペースを確保しました。その後黒は右辺の白に肩付きを打ち、中央を厚くしました。その後黒が右下隅から下辺にケイマして下辺の白の活きを促しましたが、白は手を抜いて、天元のケイマ右上にふわっとした手を打って黒模様の削減を狙いました。黒は手を抜いた下辺白の眼を取って中央に追い出しました。しかし白は黒の断点を狙いつつうまく中央に眼を作り、この辺りは白ペースでした。ただ中央下部に黒の厚みが出来たので、黒は上辺の白1子に付けていきました。白は普通は受ける所ですが、手を抜き、中央の1子から左に飛びました。黒は上辺を制し、白は更に中央を打ちました。しかしそれでも黒は中央の白を狙い、取られかけていた1子を引っ張り出しました。白は中央から右辺につながろうとはせず、却って左上隅の黒の断点を覗きました。黒は継がずに当てを打って反発しました。ここの戦いはのっぴきならないものになり、もっとも強くいけば攻め合いになる所でしたが、白は自重して左上隅と中央の石の渡りを打ちました。黒はしかし、その間に左下隅に利かした石に対し白が手を抜いており、そこを出ることにより白4子を取るという戦果を挙げました。分断された左上隅の白は白から打てば活きでしたが、白は手を抜いて上辺を打ちました。その後、白は中央の黒の分断を狙って劫を仕掛けました。この劫争いで、黒は損コウですが何手か劫材があったのですが、それを使わず右辺の白への劫材を打ちました。白は劫を解消して黒の大石を取りました。黒は右辺の白の穴を出ましたが、結局1線に打って右上隅とつながらなければならず、白から色々利くので右辺の白は活きており、黒の戦果としては大石を取られた損に見合わず、ここで黒の投了と成りました。

NHK杯戦囲碁 井山裕太7冠王 対 志田達哉7段

本日のNHK杯戦の囲碁はいよいよ決勝戦、黒番が井山裕太7冠王、白番が志田達哉7段の対戦です。何とこの二人は初対戦とのことで、今の井山7冠王に当たるには、タイトル戦の挑戦者になるしかないということでしょう。またこれまでのNHK杯戦、志田7段はすべて白番で勝ちというこれまた珍しい記録です。布石は志田7段が得意の向かい小目で、ほとんど準決勝と同じような進行になりました。最近AIの影響で三々打ちとか流行っていますが、志田7段はそういうのにまったく影響されず我が道を行って勝ち進んでいます。左下隅の定石で黒が隅に付けていったのに白は手を抜いて右下隅のカカリを急ぎました。黒は白が手を抜いたので出切りを敢行し隅の白2子を取りましたが後手になりました。白は下辺から右下隅を詰め、黒がコスんで白が押して競い合いが始まりました。黒が下辺からの白にハネを打った時、白は伸びないで右辺を打ちました。これに対し黒が当てて叩くのが気持ちいいかと思いましたが井山7冠王はさらに厳しく急所に置いていきました。この後の折衝で結局黒は下辺でポン抜いている白4子を取り込みましたが、その代わり右下隅の黒を封鎖され、隅に一手入れなければならなかったのはちょっと辛かったかもしれません。右上隅は黒地が大きくなりそうなタイミングで白が三々に入り、黒は左側から押さえて白が右辺に食い込むのを許しています。下辺の折衝で先手を取った白は上辺に開き、次に右上隅を封鎖している黒への攻めを見ました。黒は攻められてはたまらないので上辺を開きました。ここで白がその開いた石にコスミツケて利かしにいきましたが、黒はすかさず反発して結局ノゾキを2つ打ち、両方を白に継がせて、ここは黒が上手く打ち回した感じです。黒は続けて左辺に打ち込み、いろいろありましたが、黒は上辺の白地をかなりへこませ、黒が打ちやすい形勢ではなかったかと思います。非勢を感じていた白は下辺で取られている白4子に向かって右下隅から連絡を匂わせる手を打ちました。ここでも黒は反発して。取られていた白4子が復活する代わりに、右下隅の白を切り離すという振り替わりを目指しました。この結果は白が得した感じで、黒は右下隅を取る手を打たずに、左辺の白への攻めを見せ、一部の白を切り離すことに成功し、ここでまた黒のリードとなりました。また右上隅の白には劫が残っており、全体に厚くなった黒は劫を決行しました。白は劫材が続かず、右上隅は活きる手を打たなければなりませんでした。これで盤面10目くらいの黒リードで、このまますんなり黒の勝ちかと思われましたが、真ん中につくかと思った黒地が志田7段の巧妙な手でほとんどなくなり、差はほとんどなくなりました。しかし最後半劫が2つ残りましたが黒はその両方を白に譲って、結局黒の半目勝ちでした。志田7段の健闘が光りました。井山7冠王NHK杯戦2連覇です。2人ともTV囲碁アジア選手権で頑張って欲しいものです。