TOEIC 第237回結果


1月13日に受けたTOEIC L&Rの結果が出ました。
自己ベスト更新の970点で、リスニングは初めての満点でした!10月に受けた時のリスニングが455点で今回495点ということで、リスニングがいかに水物か良く分かります。(2017年6月にリスニングで480点取った後、英語のTVドラマのDVD・ブルーレイを60分1本として130本以上英語の字幕だけで観てきています。なのでリスニングが480点から455点に下がるというのは明らかに変なのです。)ともかくリスニングでの前回455点のリベンジという目的はパーフェクトに達成されました。リーディングが前回の490点から15点下がったのは、リスニングに集中してちょっと疲れが出たんじゃないかと思います。やはりこの歳(50台後半)で2時間の集中力を維持するのはかなり大変です。

受験時の感想はこちら

年月     L  R  Total
1995年02月  470 420 895
2014年07月  430 440 870
2015年06月  460 455 915
2016年06月  450 465 915
2017年06月  480 485 965
2018年10月  455 490 945
2019年01月  495 475 970

スター・トレックのオリジナルシリーズの”Shore Leave”

60年代のSFドラマというと、アーウィン・アレンだけではなく、これは絶対に外せない、ということで、スター・トレックのオリジナルシリーズのブルーレイを購入。
それで最初に観たのが”Shore Leave”(船員に与えられる「上陸許可」の意味)で、何故これかというと、セオドア・スタージョンが脚本書いた話が、オリジナルシリーズの中に2本あって、1本はトレッキーには有名な、いつも冷静なバルカン星人が結婚期にはおかしくなって、カーク船長とミスター・スポックが決闘する、という話です。もう1本がこの”Shore Leave”で、確か日本語吹き替えでの題名は「おかしなおかしな遊園惑星」だったと思います。まあストーリーは省略しますが、スタージョンらしいちょっと不思議な、でも悪者が出てこないほのぼのドラマになっていると思います。日本の初期のSFアニメ、エイトマンとかスーパージェッターとかは当時の若いSF作家が多数脚本に参加していたのは有名ですが(豊田有恒、辻真先、筒井康隆、光瀬龍といった辺り)、アメリカではアーウィン・アレンのドラマもこのスター・トレックも本物のSF作家の登場は少ないです。特にスター・トレックはジーン・ロッデンベリー自体が元々脚本家なんで多くの話の脚本を自分で書いています。そんな中で例外がスタージョンが書いた2本と、後1本フレデリック・ブラウンが書いたものがあります。