久地円筒分水から二ヶ領用水の桜/2019年3月30日

今年(2019年)も久地円筒分水から二ヶ領用水にかけての桜を撮影してきました。花曇りの丁度良い天気でしたが、円筒分水の桜は7分咲きという所でしょうか。後数日ぐらいで満開になると思います。今年はPENTAXお勧めの撮影モード「雅」ではなく「ナチュラル」で撮って、現像でちょっと彩度を上げました。年々歳々花相似たり、ですが今年は菜の花がちょっと目立って桜といいコントラストを成していました。

How could English education be improved in Japan?

The following essay is what I wrote as an assignment of English writng cource at an English school AEON:

Topic: How could English education be improved in Japan?
Style: Formal

If we start from harsh reality, Japan’s English proficiency ranking among 88 countries is 49th in 2018 according to a research of Education First company. The rank is low, even lower than some Asian countries such as Singapore, the Philippines, Malaysia, Hong Kong, South Korea, and so on.
FSI, Foreign Service Institute in the US, released data of “FSI’s Experience with Language Learning”, explaining necessary hours to learn 65 foreign languages for standard Americans who are monolingual of English. While nine European languages including Dutch, French, Italian and others are classified as category I requiring 600 – 750 hours to learn, Japanese, Chinese, Korean and Arabic are classified as category IV requiring 2200 hours and are said to be “super-hard” languages. It is vice versa that people in these four countries require very long hours to master English. Among these four countries, Chinese and English are the same in word order. For example, “I love you.” in Chinese is “wo ai nee. (我愛你)”, which is subject + verb + object for both languages. It is easier for Chinese people to understand some parts of English than Japanese. Many English teachers in Japan say that an average Japanese person needs around 3,000 hours to master English. How many hours then does a normal student in Japan learn English in a junior high school and in a high school? We usually start to learn English from junior high school at the age of 12. In three years at junior high school, there are aggregated around 350 hours of English lessons. In high schools, they are 440 hours. Even if we add some more hours at universities, the total sum of learning is still under 1,000 hours. Since there are plethora of disciplines to be taught at both junior high and high schools, we cannot simply increase the hours of English lessons. Parents should be aware of this reality and they should give more hours to learn English at home to their children.
One more worrying concern for the English education in Japan is the level of English teachers in junior high schools and high schools. The average TOEIC score of junior high school English teachers is 560 and that of high school English teachers is 620. These scores are incredibly low, especially the junior high school teachers’ score is even lower than average score of TOEIC. This means they are less proficient in English than average business people. They are not at all eligible for teaching English. They should “learn” English for the time being. The government should deal with this problem and institute a much higher level of English mandatory for English teachers applicants. If they cannot improve the situation quickly, we should hire more native speakers for schools.

先崎学9段(将棋)の「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間」

先崎学9段(将棋)の「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間」を読了しました。藤井聡太7段の大活躍で将棋ブームがにわかに起き、藤井7段だけじゃなくてひふみんなんかもTVにひっぱりだこ、という状況で、何故かマスコミには良く出ていたこの人が出てこないな、と思っていたら、何とうつ病で1年近く療養していたのでした。もう私もうつの時のことはあまり思い出したくないのですが、それでももう一度振り替える意味があるかな、と思って読みました。まずは先崎9段のうつ、は最近多い非定型のうつ、ではなく典型的な昔からあるうつだということです。この定型のうつは、初老というか男性更年期障害の時期に起きやすいということで、私の場合もまさにそうでした。後共通点として大きいのは、「うつの時はとにかく歩け」と精神科医である先崎9段のお兄さんが言っていることです。私のうつは激越性と言って、不安感よりも焦燥感が強く出るもので、ともかく症状がひどい時はじっと座って適当にのんびりと時間を過ごす、ということがまったく出来なくなります。そういう時のほぼ唯一の気を多少でも紛らわす手段が歩き回ることでした。よく家から溝の口までの往復5kmくらいを歩いたりしました。また、休職から会社に復帰して数ヶ月経った時が逆に症状のピークで、その時は15分も机にじっと座っていることが出来なくて、席を外して会社のビルの屋上(テニスコートがあります)をぐるぐると歩き回って何とか1日を過ごしていました。
後、先崎9段の話で身につまされたのは、プロ棋士である先崎9段が病気の時は7手詰めすらすらすらと解くことが出来なくなり、5手詰めというほとんど初心者のレベルにまで戻らないといけなかったということです。うつで認知症みたいになる、というのはあまり聞いたことがありませんが、ともかく普段簡単に出来たことが出来なくなる、というのはその通りです。
結局、先崎9段は、プロ棋士のアイデンティティーで将棋に集中することで自分を取り戻していきます。私の場合はそれは外国語の勉強(特に英語)でした。
うつ、に関する本は沢山読みましたが、患者自身が克明に症状を記録したものというのは意外に少ないので、そういう意味では貴重かもしれません。

原子力潜水艦シービュー号の”The Mummy”

原子力潜水艦シービュー号の”The Mummy”を観ました。人魚と半魚人の次は、「恐怖のミイラ男」。それも何故潜水艦の中にミイラ男が出るかと言えば、70年前にあるアメリカの考古学者が中東の国から持ち帰った、その国の国宝であるミイラの棺桶を、その国が今やアメリカに対して戦争を起こす気配があるので、その国宝をシービュー号がこっそり返しに行く、ともうこじつけまくりの設定。ミイラ男は自分自身が艦内の中を歩き回ってシービュー号の乗組員を襲うだけでなく、クレーン艦長を操ってシービュー号への破壊工作を行わせます。いつも思うんですが、シービュー号は「回路室」に侵入されてそこの回路を破壊されると、ほとんどの場合、管制ルームなどが盛大に火を吹きます。電気的な絶縁の安全設計のレベルが非常に低いと言わざるを得ません。ちなみにミイラ男はネルソン提督が原子力エンジンから出る高電圧をワイヤに通して感電させて倒します。しかしミイラ男の目的がイマイチ不明で、シービュー号を破壊したら自分も再度死んでしまうと思うのですが、その辺りが良く分かりません。また自分自身が動けるのに、何故クレーン艦長をわざわざ操らないといけないのかも良く分かりません。ちなみに前回の人魚と半魚人の回と、今回は脚本を書いている人が同じです。狼男の回もそうみたいです。ともかく他の映画にも出てくる怪物を登場させるしか能のない脚本家のように思えます。

原子力潜水艦シービュー号の”The Mermaid”

原子力潜水艦シービュー号の”The Mermaid”を観ました。荒唐無稽な話が多いシーズン3でも極めつけの荒唐無稽な話で、タイトル通り「人魚」が登場します。しかもクレーン艦長に捕獲されたその人魚を取り戻しに、一度登場した「半魚人」も再登場します。しかも更に話をおかしくしているのが、国際的な核軍縮会議が開かれようとする直前に、アメリカに敵対する某国が、アメリカ西海岸をターゲットとした新しい核兵器を海底にセットしたというサブストーリーです。(というかそっちの方が重大ですが。)その新しい核兵器はこれまでと同じレーダーや金属探知機では探知不可能な新しいタイプです。そこでクレーン艦長が行ったのは、何と捕まえた人魚にその新しい核兵器を探させるということでした。ネルソン提督はクレーン艦長がどうやって人魚と意思疎通したのか疑いますが、議論している二人の前に、シービュー号を先導する人魚が現れます。半魚人は人魚を取り戻しに(ということは半魚人と人魚はカップルなんでしょう)シービュー号に潜入し大暴れしますが、人魚が既に解放されていることが分かると、また海に戻ります。しかし、人魚が発見した新しい核兵器を無効化するためにシービュー号のスキューバ部隊がその兵器に向かったのを半魚人が邪魔します。副官のチップはレーザーで半魚人を殺します。(ということは人魚をまた裏切っているですが、その辺りに関する説明はなし。)ネルソン提督はどうやって知ったのかその新しい核兵器の構造についての情報を得ており、その指示でクレーン艦長が爆弾を無効化してメデタシ、というお話です。しかし、前回半魚人が登場した海とは場所が違う筈ですが、その辺りはご都合主義です。